menu & search


Factory #14 feat. Tolouse Low Trax

Circus Osaka
Tolouse Low Trax (Antinote / Salon Des Amateurs)

Ginga (Veta / from Tokyo)

Sound Support by Yori


Early Bird: 1500 (1/20?2/21)
Adv: 2000 (2/22?3/22)
Door: 2500

Factory Web:

Tolouse Low Trax
Tolouse Low TraxことDetlef Weinrichの倫理観は、Idle Press、Infiné、Karaoke Kalk、Kunstkopf、Neubau、Themes For Great Cities、AntitoteやCómemeといったレーベルからの多様なリリースに反映されている。このドイツ人プロデューサーは決してシーンのニューカマーではない。デュッセルドルフのポストロックバンドKreidlerのメンバーとして、また、デュッセルドルフに名を轟かすスポット''Salon des Amateurs”の仕掛け人として長きに渡りシーンに身をおいてきた。Tolouse Low Traxとしての彼の作品は、オブスキュアなアルペジオによる”アフロ?バロックエレガンス”の探求であり、まるでゆっくりと催眠術をかけられたかのように、容易に陶酔状態に引き込まれる。気づいた時にはもう、深みにはまってしまった後だ。Detlefは言う。

“The primitiveness in my music is linked to something simple, and that doesn’t have to be obligatory minimal. For me it is enough to dance rough around the core. Music you don’t shape till the end contains of a moment of beauty. A veil of secrecy. I work very simply. I rather reduce my possibilities in compass. Limitations offer lots of liberties.” Tolouse Low Trax aka Detlef Weinrich’s ethic branches off in his multiple releases on labels as Idle Press, Infiné, Karaoke Kalk, Kunstkopf, Neubau, Themes For Great Cities, Antitote or Cómeme. The German producer isn’t a newcomer of the scene for sure: still an active member of Kreidler, he is the man behind Dusseldorf’s infamous Salon des Amateurs. His productions as Tolouse Low Trax explore Afro-Baroque elegance through obscure arpeggios, slow release hypnosis turns genres’ into blurry scenarios in which you easily lose yourself and when you want to go back, it’s too late.
“Well recommended for the freaks”



  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。