menu & search

PAULINE OLIVEROS Four Electronic Pieces 1958-1966

  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

Four Electronic Pieces 1958-1966

たおやかな女性ならではの作風が気持ちよいポーリン・オリヴェロスのごく初期の貴重な電子音楽作品。(電子音楽通信8)

ココ最近ディープ・リスニング・バンドでのアコーディオンでもおなじみ、ジョン・ケージ直系の唯一無二の女性電子音楽家ポーリン・オリヴェロスのいくつかの電子音楽作品のPOGUSレーベルよりの2作品を紹介してきましたが、これはベルギーの老舗アヴァンギャルドレーベルSUBROSAからの発売で、彼女の最初のはじめてのテープ音楽作品(1959年)や電子音楽へアプローチした作品(1965年スバラシイ!sample1)や、ごく初期の1966年までの貴重な瑞々しい電子音楽作品4曲をコンパイルしたもの。sample2は4曲目のブックラーをはじめて使用したノイズ的エレクトロアコーステックなのFRESH逸品。彼女のセンスはここからすでにはじまっていたのでありますね。リズムはあなたの自由にお楽しみください。 (コンピューマ)

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×