menu & search

RABIRABI Heaven On the Ground mixed by YA△MA

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

縄文トランスという威名を持つラビラビの2007~2011年の作品からセレクトしたSPECIAL MIX!!!mixed by YA△MA、ジャケットはKLEPTOMANIAC

ラビラビの以前のアルバムは再リリースしない事に決めているそうで、なんとか欲しい!という声に答えて今作が出来上がりました。よくあるようなベスト盤ではなく、MIX CDという形でリリースするというバンドでは新しい試み。MIXは私YA△MAが担当、マスタリングにKABAMIX。ジャケットはKLEPTOMANIACが手がけています。前作'Wonderful World'はALTZ,IPPIが参加していたりと、バンドとクラブアーティストとの面白い融合で、どんどんと新しいステージへと広がりを見せているラビラビなのです。 (ヤマ)

今や '縄文トランス' と呼ばれるDance Heaven Soundと おびただしい旅の時間から選ばれたField Recordingの音景 バンドの初期衝動と完全即興演奏の詰まった5タイトルは増盤 , 再発売の予定は一切ないにも関わらず 膨らみ続ける過去の作品を聴きたいを言う声に 'DJ Mix' という独創楽団ならではのスタイルで応えた1枚 Mixは大阪のGod Mother DJ YA△MA 相互のRespectと融合によって紡ぎ出される作品は5年分の新しいアルバム。

夢で聴いたアンデスの子守うたか、 遠くのセイロンの象の音楽でもなかった。やっぱり緯度はこのあたり、 ラビラビのSOUNDが△にこだまし放電されてる
- Shhhhh / SUNHOUSE

縄文時代、この列島ではすでに祭祀が行われていたという。ただ、そこでどのような儀式が行われていたのか、かなりの部分がまだ明らかにはされていない。 だから、僕はよく考えるのだ――そこには歌やリズムは存在していたのだろうか?もし存在していたのだとすれば、それはどんなものだったのだろうか?きっとそれらは多種多様で、ダイナミックで、ユニヴァーサルなものだったはずだ。  この『Heaven On The Ground』を聴いていて、ひょっとしたら縄文時代の人々はこんな音で踊っていたんじゃないか?という気がしてきた。「日本」という記号の裂け目から吹き出した古代のヴァイブレーション。渡来系弥生人の血を引いているであろう僕でも、この縄文グルーヴのヤバさは十分すぎるぐらい分かります(笑)。
- 大石始 / writer / editor

曲の中の自然音に混じって聴こえる飛行機の音。 「また米軍機か」と思って一時停止したら飛行機音も消えた。 あれ?これ曲だったんだな。勘違いしたよ。 あ、これは、やんばるの音だ。オオシマゼミの鳴き声だ。 あ、佐久間さんの声だ! はあ、アギジャビヨゥ! このアルバム、いろいろ混ざって、1曲だねえ! このアルバム、発酵してるね!!!!!!!!!!!!!
- 石原 岳 / PIRARUCU / 高江音楽祭 主宰

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×