menu & search

J.A.K.A.M. Counterpoint EP.3

  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

3.11発売!

Counterpoint EPシリーズ第3弾。A-SIDEは東京月桃三味線と沖縄のラッパーRITTOとセネガルのラッパー4Leuzをフィーチャリングした「New Day」。B-SIDEは、3.11直後にムーチー自身が各地で上映を行った1986年宮田 雪制作のドキュメンタリー映画「ホピの予言」から、核への警鐘を鳴らしたネイティヴアメリカンの男たちのメッセージをサンプリング。J.A.K.A.M.らしいメッセジー性の強い作品。 (サイトウ)

J.A.K.A.M.の『COUNTERPOINT EP』シリーズ第三弾が届けられた。東京月桃三味線による特徴的な三味線のメロディーと多国籍打楽器アンサンブルのグルーヴが絡み合う構成は2曲とも共通だが、「New Day」は沖縄のRittoとセネガルの4Leuzというバックボーンの異なる2人のラッパーをフィーチャー。また、及川景子のアラブ・ヴァイオリンも強い印象を残す「Warriors」では映画「ホピの予言」におけるデニス・バンクスとトーマス・バニヤッカの言葉がインサートされている。音、言葉、そしてアートワーク。あえて詳細な解説は避けるが、ここに込められたメッセージは思考だけでなく、身体全体にとても重要なインスピレーションと刺激を与えてくれることだろう。複雑怪奇でクソったれで、なおかつ素晴らしく美しいこの世界を生き抜くための2曲。大石始(ライター)

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×