menu & search

JILT VAN MOORST Oops EP

OCTOBERのCARAVANより詳細不明のディープ・テクノ。BERGHAINテクノ好きにも是非。2010年リリース

噂によるとBERGHAINでBEN KLOCKのプレイを体験したインドネシア人グループが、テクノがガムランの響きに似ているとインスピレーションを受けて作ったという1枚、というのはアレでアムスのDJプロデューサーJILT VAN MOORSTの作品のもよう。まさにガムランの響きを想わせるウワ音がトリッキーに鳴り響く、フロアでのインパクトも確実なA面は飛び道具としても重宝しそうなユニークヒプノティックトラック。妙なグルーヴがクセになります。B面はグッと深く深く潜るディープ・テクノ。水音のようなウワモノも効果的にいい具合にハメてくれます。EFDEMINもプレイしてたようです。


▼ Tracklisting

A.Oopssample
B.Rivuletsample


盤質(Condition) : VG+

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×