menu & search

33-10-3402 Mecanica III

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

先日リリースされた「Mecanica IV」もなんとも独自の世界観のレフトフィールド・コズミック・ハウスとして素晴らしい才能を披露していたセルビアの鬼才Nenad Markovic a.k.a. 33-10-3402ですが、続いてリリースされたこいつも危険すぎます。大推薦。

旧ユーゴスラビア南東ヨーロッパ、セルビアの鬼才Nenad Markovicによる先日リリースされた33-10-3402名義による「Mecanica IV」に続く新作がバレアリック/コズミック以降のシーンを引率するLovefingerのESP Instituteの”Mecanica”シリーズ最新作「Mecanica III」としてリリースされた。やはり唯一無二の独自の幾何学的な世界観と蠢きの気持ち悪い気持ちいいミッドテンポのレフトフィールド・ダークインダストリアル&アンビエントなコズミック・ディープハウスが3トラックにわたり繰り広げられている。フクシマ、フクシマと電子ヴォイスが連呼されるB1「 Plutonium Certainly」はまさにタイトルそのまま福島第一原子力発電所へのトラック。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

A1. Slow Portsample
B1. Plutonium Certainlysample
B2. Elikasample

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×