menu & search

ALAN COURTIS & AARON MOORE Bring Us Some Honest Food

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

ロンドンの<DANCING WAYANG>が贈る、2人の奇才による即興の実験録音、さらに方向感覚を失うようなテープ編集という工程から生まれたコンセプチュアルなレコーディングセッション「Bring Us Some Honest Food」。

音響〜アヴァンギャルド、LO-FI〜サイケデリックなど形容不可能な音楽性と素性の見えない存在感、そして膨大なCD-Rやカセット作品の製作を軸に'90年代中期から作品活動してきた、アルゼンチン伝説のバンド・RAYNOLSのバンドマスター・ALAN COURTISと、<DEKORDER>などで活躍中のDANIEL PADDENらを擁したトライバル・ノイズ・クァルテット・VOLCANO THE BEARの元メンバーで現在ニューヨーク在住のブリティッシュドラマー・AARON MOOREの2人による奇妙なセッション音風景。まずロンドンで録音された2人のフリーフォームな音の塊、ノイズやダウンチューニングのアコギ、ヴィブラフォンやプリペアド・ピアノetc.をそれぞれが持ち帰り、独自にブレンドをかさねていった芸術性の高いサウンド・ハプニング作品となっています。詳しくは、LAFMSの代表・TOM RECCHIONによるライナーノーツをどうぞ! (DNT)

▼ Tracklisting

A1Portions Of Honesty04:28sample
A2The Honest Waitress06:58sample
A3Honest Pork Pie07:40sample
B1Dishonest Dessert19:30sample

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×