menu & search

JON HASSELL Remixes

現代のシーンを代表するBandshell、patten、No UFO’s、Some Truthsの強力な4組が解体再構築を手掛けている。Bass Clefの別名儀Some Truthsのリミックスがやはり狂おしくかっちょいい。(sample2)

ブライアン・イーノとのアンビエントシリーズ他の協同作業で知られる今だ現役バリバリの異才トランペット奏者ジョン・ハッセル。シュトックハウゼンのもとで学び、1960年代にはラ・モンテ・ヤングやテリー・ライリーとも作業を共にして、その後1970年代にはインド古典音楽の発声法を自分のトランペットでの演奏に取り入れることを試み、世界音楽を電子音楽の手法によって原始と未来を合体させる「第四世界」というテーマで模索はじめ、エスニック・アンビエント電子音楽の礎を作り上げたと言っても過言ではないジョン・ハッセルの音源を、現在の新進気鋭のレフトフィールド・エレクトロニクス・ベース・テクノ・シーンを代表する4組のアーチスト達が解体再構築を試みている。リミキサーにはBen UFO / Pearson Sound / Pangaea主宰のや、傘下のからリリースしているBandshell、よりアルバムを発表し話題沸騰中のpatten(sample3)、からリリースを重ねるポスト・モダンの使者No UFO’s(sample1)、そしてからリリースし現在人気爆発中のBass Clefによる別名儀Some Truths!(sample2)という4組という豪華リミックスEPとなっている。


盤質(Condition) : VG+/SLEEVE:VG+

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×