menu & search

JD TWITCH Autonomous Africa Vol 1

J D TWITCHが新しく立ち上げたレーベル《AUTONOMOUS AFRICA》の第1弾!!EYEちゃんもお気に入り。2012年作。

OPTIMOの片割れであり、BETTY BOTOX名義でのラストリリースも話題に昇ったグラスゴーのJD TWITCH界隈でも、オリエンタルでオルタナティヴなダンスミュージックの熱が高まってきている模様。ロンドンのワールドヴィンテージミュージックのDJ集団ソフリートによる、ここ数年のJD自身のセットには欠かせないというSofrito Specials Feat. L Barrabasの"Tabou for the People"に4つ打ちを加えた、強力エディット!や、Twitchのクンビアシリーズ(No.8が日本のLet's get Lostから出てヒットしたアレ)のラストNo.10では、あのジョーストラマーもプレイし愛したという、アンドレ・ランディロのトラディショナル・クンビアにブーミーなベースを張り巡らせ、トビ音などダヴィーな配置を施したトラックものが並んだ、A面の2曲がやはり目玉!それに加えB1にはガーナのギタリストATAKORA MANUが80年代に残した、なごみ系シンセがいい湯加減のコズミック・ハイライフ"Bebo Ne Komo"を、素晴らしいアルバムを発表したばかりのグラスゴーの新星、AUNTIE FLOによるリワークは感動モノ!(sample3)。さらにムタバルカのダブポエットが効きめアリなパーカッシヴ・ボーナスビーツも収録の、豪華4本立ての内容!

▼ Tracklisting

A1 Sofrito vs Tabou No2 - Tabou For The People (A JD Twitch Edit) sample 
A2 JD Twitch - Cumbia 10 sample 
B1 Atakoru Manu - Bebo Ne Komo (Auntie Flo Rework) sample 
B2 JD Twitch - Flowers And Bees And Birds And Trees (Bonus Beats) sample 


盤質(Condition) : VG+/SLEEVE:VG+

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×