menu & search
  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

日本のジャズ・シーンを常にリードする今だ現役バリバリの挑戦的名ピアニスト佐藤允彦と、ヨーロッパにおける60年代ヴァンギャルド・ジャズ・シーン黎明期からの先鋭的ピアニスト、ウォルフガング・ダウナーによる素晴らしき出会いから誕生した、現代音楽までもを視野に入れた1971年のメモリアルなピアノ・デュオ名作「Pianology(ピアノロジー)」が奇跡のアナログ復刻。

1971年春、東京での録音。ふたりがそれぞれの妻に捧げたというバラードA3「FOR CHINATSU AND REGINA」(sample2)が静謐さの中にフェンダーローズとグランドピアノの美しさが凛と沁みてくる。現代音楽の実験音楽的手法も大胆に取り入れられたB2「尽十方界」(sample5)ではウォルフガング・ダウナーのフェンダーピアノと仕掛けが施されてピアノの音色の出ないプリペアード・ピアノが左、佐藤允彦のグランドピアノが右の位置に配置され、怪音を発するテープレコーダーや、鳥笛、ティンパニーに、様々な小道具を駆使しての東洋仏教的なアヴァンギャルド名セッションの記録がドキュメントされている。当時のライナーノーツごと復刻されているのも愛情伝わる名リイシュー。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

Side A:
1. EVERYTHING(8:01)sample
2. THEY GOT RHYTHM, TOO(5:12)sample
3. FOR CHINATSU AND REGINA(7:12)sample
Side B:
1. THOUSAND SUMMERS(8:09)sample
2. JIN-JUPPO-KAI 尽十方界(12:23)sample

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×