menu & search

YOSHI WADA Off The Wall

  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

大推薦!バグパイプ・サイケデリック・ドローン傑作!

NYCの60年代アヴァンギャルド/現代音楽の最深部、ラ・モンテ・ヤングの永久音楽劇場やフルクサスにも参加したYOSHI WADAのEM + OMERGA POINT共同企画による再発第3弾!85年のバグパイプのドローン。ドローン?サイケデリック・ミュジック・ファンマストの脅威のアルバム!テクノやサイケデリックを通過した耳なら、絶対はまるはずの素晴しいドローン/ミニマル・ミュージック。傑作。 (サイトウ)


About This Album;

『ますます加速するヨシワダ探検。今回は最初のLP『ラメント・フォー・ザ・ライズ・アンド・フォール・・・』から3年後にリリースされた、これも今ではレアな『オフ・ザ・ウォール』の復刻である。手がけたのはヨーロッパ・フリージャズの中心的レーベルであるドイツのFree Music Production (FMP)。「なんでFMP?」と思った人も多いようだが、前回の「ジ・アポインテッド・クラウド」の3年前に演奏されていることを考えれば、彼のスタイルは実験的なドローン演奏から、すでに集団的な即興演奏にシフトしていた時期だったのである。

 それにしてもこの派手でにぎやかな演奏!『ラメント・フォー・・・』のB面で聴かれる濃密なバグパイプのドローンは、短い反復を延々とタレ流す狂躁的没入演奏に変貌し、40分ぶっ通しで続く。ティンパニが土俗的な楔を打ち込む。この、あくまで「演奏」に重心があるこの録音の後、もともと持っていた空間への興味からインスタレーションへ発展、そしてあの「ジ・アポインテッド・・・」で完成を迎える。整然と配置された「バグパイプ状楽器」のジャケ写真は、まさにその過程を示したものだ。その到達点に向かうパワーが全開でとどろく、これまた超絶ドラッギー傑作なのである。

 エム・レコードが私財を投げ打って手がけたこの「ヨシワダ計画」。実は本当の最終兵器を放つ前に、この作品が急きょ出されることになった。ワダ氏がノリ気なのである。単なる名盤復刻にとどまらない、作家の創作の隠された源泉に分け入る孤高の作業と、それに応じる作家の新たな意欲。ありそうで滅多にない理想的なコラボレーションである。(井部 治/オメガポイント)』 
  

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×