menu & search

HU VIBRATIONAL The Epic Botanical Beat Suite: Boonghee Music 4

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

  • META (US)
  • META 19Keita Ogawa
  • LP
  • 3024 yen (税込)
名門〈SOUL JAZZ〉から、当時はCARLOS NINOとHAMID DRAKEというレジェンダリー・プレイヤーからなる編成で2枚の傑作アルバムをのこしたトリオ・HU VIBRATIONALが約10年振りとなるアルバムをリリース!偉人・YUSEF LATEEFの晩年期を支え、BUILD AN ARKの中心的パーカッショニストであるADAM RUDORPHが総指揮を振るったサイケデリック・パーカッション・アンサンブル・セッション!

もう何年も前の来日公演でのハンド・ドラムから生まれる美しいハーモニックアンサンブルを聴かせてくれたHU VIBRATIONAL、現在はOMAR SOSAやDON CHERRY、JON HASSELなどの伝説的ミュージシャンらとセッションしてきたADAM RUDORPHを核にした不定形パーカッション・ジャズ・アンサンブルとして位置付けられるユニット・HU VIBRATIONAL。今作は多くのミュージシャンが参加しており、御大・BILL LASWELをはじめ、ノルウェイのギタープレイヤー・EIVIND AARSET、バンスーリ奏者のSTEVE GORN、SNARKY PUPPYにも参加する邦人ドラマー・KEITA OGAWA、あのCYRO BAPTISTAのバンドに所属するTIM KEIPER、ジャムバンド・ファンには懐かしいCLUB D'ELFのBRAHIM FRIBGANEなどなど、腕利きのミュージシャンらがずらり。妖しくドラッギーなS.E.に包み込まれながら、鬼気迫る即興パーカッション・ジャムを繰り広げ、実験的なハウスやベースミュージックを踏まえた耳で聴いてもすっかりひきこまれる冒頭から、マイルスの”Bitches Brew”〜”Live-Evil”期にも通じる呪術的サイケデリック絵巻〜NYアヴァンの今が味わえる1枚です。ヤバい。 (DNT)

▼ Tracklisting

A1Aketesample
A2Charassample
A3Somasample
B1Hikulisample
B2Kwa-Shisample
B3Agobisample
B4Ya-Jeysample

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×