menu & search

LUENING/USSACHEVSKY/BERGSMA A Poem In Cycles And Bells & Other Music For Tape Recorder

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

貴重な電子音楽最初期のマスターピース発掘復刻の注目新興レーベルAURORA RISINGからのリイシュー第三弾は、Otto Luening、Vladimir Ussachevsky、William BergsmaというUSコロンビア大学のコンピューター電子音楽センターを設立した先駆者にして巨匠3人による1957年の貴重なロマン溢れる気品の最初期電子音楽テープミュージックの記録でありマスターピースの全世界初のアナログリイシューが成された。(電子音楽通信2016.11.2)

まずは、オーケストラとテープレコーダーの為の作品で、Otto Lueningの指揮のもと、Royal Danish Radio Orchestraの演奏、V. Ussachevskyによるテープ操作による桃源郷な逸品、A1「A Poem In Cycles And Bells」(sample1)、U.Ussachevskyによるキラキラとした品格のテープ音楽が冴えわたるA2「Piece For Tape Recorder」(sample2)、Otto Luening とU.Ussachevskyのコンビによる瞑想的で夢見心地のA3「Suite From “King Lear”」(sample3)、そして、B面いっぱいにドラマチックに繰り広げられるWilliam Bergsmaによるストリングス・オーケストラの為の電子音楽作品「The Fortunate Islands」の全4曲を収録。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

A1. Otto Luening & Vladimir Ussachevsky - A Poem In Cycles And Bells For Tape Recorder And Orchestrasample
A2. Vladimir Ussachevsky - Piece For Tape Recordersample
A3. Otto Luening & Vladimir Ussachevsky - Suite From King Lear For Tape Recordersample
B1. William Bergsma - The Fortunate Islands For String Orchestrasample

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×