menu & search

NIGHTMARES ON WAX Ground Floor

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

NIghtmares On Wax4年ぶりの新作!!!ハウスのルーツをインスピレーションにした原点回帰作。BonoboやTheo Parrish、Gilles Petersonも注目するガーナ出身ロンドン在住のSSW、Andrew Ashongが参加!4トラック12インチEP!!!DLコード付き。トラックリストからもどうぞ。

<以下、George Evelyn自らのコメントです> このEPは自分がキャリアをスタートさせた頃の初期衝動、つまりオーセンティックなクラブ・サウンドへの原点回帰的な意味合いを込めて制作したんだ。 自分自身が昔プレイしていたハウスのルーツがインスピレーションになっているよ。 「World Inside」(A1)(sample1)は、Andrew Ashongとのコラボレーション。LAに向かう途中の飛行機の中で作ったんだ。そして俺のイビサのレジデンシーWax Da JamのオープニングでAndrew Ashongがプレイした。その後1週間、Andrew Ashongは俺のスタジオに泊まりこの曲の制作に取り掛かった。彼がギターを担当し、二人で曲を完成させたんだ。 「Scratch That!」(A2)(sample2)は、俺がダンス・ミュージックの虜になっていたころ、イングランドで月に一度行われていたソウル/ファンクのオールデイ・イベントへの頌歌として作ったんだ。フットワーク的な一曲だね。 「Reclaim The Balcony」(B1)(sample3)は、5年前に制作して未完成だった曲。ドラマーのWolfgang Haffnerと共作したんだ。Amnesiaのバルコニーで、Villalobosがトライバル・トラックをプレイしていて、それをWolfyと眺めていた夜への叙情詩だよ。 「Dirty Triumphant」(B2)はAcid Mondaysと共作した。メンバーのNeggheadはかつて俺が運営していたレーベルの一員で、Wax Da JamのレジデントDJなんだ。だからもしユニットのパートナーのAlex Wolfendenと何かダーティーなサウンドを作れたら面白いと思い出来た曲なんだよ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

A1. World Inside ft Andrew Ashongsample
A2. Scratch that!sample
B1. Reclaim the Balconysample
B2. Dirty Triumphantsample

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×