menu & search

BEVERLY GLENN-COPELAND Copeland Keyboard Fantasies

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

信頼の再発レーベル〈INVISIBLE CITY EDITIONS〉から、80年代のデジタル・ニューエイジ、オリジナルはカセットテープのみのレア音源発掘!

ブルース・コバーン作品にも幾度と参加している、コレクターの間で知られる二つのアルバムを残しているカナダの女性シンガー、マルチ・ミュージシャン、BEVERLY GLENN-COPELANDの86年、シンセサイザーをベースにした自主リリースのベリーレアなカセット音源を〈INVISIBLE CITY EDITIONS〉が再発。DX-7とTR-707を使用したデジタル・ニューエイジ、イマジナリーなサウンド! (サイトウ)

▼ Tracklisting

1.Ever Newsample
2.Winter Astralsample
3.Let Us Dancesample
4.Slow Dancesample
5.Old Melodysample
6.Sunset Villagesample

Truly blissout LP on I.C. Tip!
Beverly Glenn-Copeland is already known amongst collectors and music heads for two sought after albums of folky jazz in the key of Joni. It was this album, originally self-released on cassette in 1986 that caught the label's attention. The album, entirely recorded on DX-7 and TR-707, lies somewhere between digital new-age and (accidentally) early Detroit techno experiments. The inimitable style of BGC here is both peaceful and meditative while simultaneously rhythmic and bass heavy. The album was recorded in the northern Canadian town of Huntsville where BGC was living at the time and is a beautiful fusion of personal vision, technology and place. Issued here for the first time on vinyl, with a full restoration and re-master.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×