menu & search

古家杏子 晴海埠頭 / 東京

  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

ECD氏もフェイヴァレットにあげる80s和製歌謡ロックの隠れた名盤が再発!驚きのドープ・アヴァン・レゲエB-SIDE「東京」はCHEE SIMIZUによるリエディットが施されています。

ドライな木村万作のドラムとタイトなバック、リバーヴサウンドのメロー歌謡「晴海埠頭」。港の哀愁、詩の世界がなんともいえません。レゲエ調ともいえるコールドウェイヴ/オブスキュア・電子フュージョン・サウンド「東京」は、坂田明ら共にWha-ha-haをやっていた頃の千野秀一が編曲を手掛けた曲で、今回CHEEさんのエディットが施されています。すごい。 (サイトウ)

「BetterDays音源の中でもニューディスカバリーとして海外中古市場を含めてレア化の一途を辿る古家杏子82年のアルバム「冷たい雨」。そのオープニングを飾るスモーキーでメローな1曲「晴海埠頭」が初の7インチ化。木村万作のオフマイク1本で録られた乾いたドラムスと古家のクールなボーカルが荒涼とした情景を植え付ける屈指の名曲です。
B面はディスクガイド「obscure sound」著者であり「Japanism」シリーズの仕掛け人Chee Shimizuによる「東京」のSingle Editを収録。シリーズの7インチとしては即完売となった「Colored Music」に続く待望の作品となります。」

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×