menu & search

VISIBLE CLOAKS Reassemblage

RECOMMENDED

新入荷

光と波がただそこにあり、戯れ、泳ぎ、会話し、理解を深め、そして明日に消えていく、、、 澄みきったアンビエントの世界『Visible Cloaks』

 ”ニューエイジ”の再興で新しい電子音楽とアンビエント観がうまれ、近年ではGigi MasinやAriel Kalmaをはじめとする巨匠たちの再評価が巻き起こり、ダンス層も取り込んで新旧世代が活発化していくなか、ニューヨークの名門RVNGが送り出すのは、Spencer DoranとRyan Carlileによるポートランドの2人組Visible Cloaks。2014年のデビュー作ではコンピューターとシンセサイザーがオーガニックに草原を駆け回り、おもちゃのような愛くるしい空気をもっていて、熱心な愛好家のあいだで話題となった。今作は更にその延長にあり、より瑞々しいアンビエントの泉をつくっている。

 ゲストの顔ぶれも注目のポイントで、Dominoから発表した1stアルバムが各所で絶賛爆発中、Co Laのサウンドプロダクションをつくる裏方プロデューサーの面もあるMotion Graphixや、Golden Retriever (Thrill Jockey) としての活動がめざましいシンセシストMatt Carlson、シングル『On Retinae』がMusic From Memoryから再発され、ニューエイジ、バレアリック、アンビエントな耳から世界的な再評価がおこったdip in the pool (!) が参加。

 メンバーのSpencerは日本のレーベルEaselから何枚ものCDをリリースしていて、それだけでなく、世界中の音楽とともに大の日本音楽の愛好家である。過去には『1980年〜1986年の日本の音楽』というテーマのミックスを発表しており、敬愛する細野晴臣や小野誠彦、清水靖晃らをアンビエントの心でとらえたそのミックスは、あまりにも穏やかな時間と大きな再生数を生んだ。本作ではそのプロデューサーたちと同じ時代から活動する至宝、dip in the poolとコラボレーションを行っている。
アートワークは注目があつまる新進気鋭のBrenna Murphyが担当。鉄筋状にひろがる虹のようなヴィジュアルが、Visible Cloaksの静けさをいっそう特別なものにした。この作品は繋がるところに繋がっていて、あるべきときに現れた。珠玉のアンビエント盤である。

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×