menu & search

GREYHOUSE New Beats The House

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

クラフトワークの「It's more fun to compute」やART OF NOISEの「Opus 4」等を使用した、シンセサイザー・ミュージック・ファンにはたまらない、89年のベルジャン・ニュービート・マスターピース「New Beats The House」。DARK ENTRIESからの再発。

レトロ・シンセサイザーの魅力、サンプルのチョップのユニークさ、89年R&Sからもリリースされたベルジャン・アシッド・クラシックGREY HOUSEの「New Beats The House」、チージーながらも魅力溢れる一曲が〈DARK ENTRIES〉から再発です。それぞれのミックスのヴァージョン、良さがあってお時間あれば全部チェックしてみて下さい。個人的には、レトロ、展開も絶妙すぎるsample2にやられる。まだデビュー前のSPEED Jの名前もスクラッチでクレジットされてます。デトロイトJARED WILSONのリミックス(sample3)は、プライマル・スクリームの「Come Together」の冒頭で使用されたことでもお馴染みの72年にL.A.で行われた黒人解放運動を象徴する歴史的コンサート「ワッツタックス」での公民権活動家ジェシー・ジャクソン牧師の演説を使用しています。サマー・オブ・ラブな繋がりなんでしょうか。しかしシンセサイザー・ミュージック本気の人たちからJARED WILSON信頼厚い。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

A1. New Beats The House sample
A2. New Beats The House (Remix) sample
B1. New Beats The House (Jared Wilson Remix) sample
B2 Move You're Assit (Acid Version) sample

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×