menu & search

MAAJO Kuru Kuru

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

フィンランドのエレクトロピカル・アンサンブル・MAAJOの通算2枚目となるフルアルバム「KURU KURU」が、彼らの結成以来からの本拠地<QUEEN NANNY>からリリース!

キングサニーアデ黄金期、80年初頭の楽曲”MAA-JO”からバンドを名付け、同時にJIMI TENORやJESSEといった昔からフィンランドのシーンにおいてアフロミュージックの要素を表現してきた先達へのリスペクトを語るHERMAN PRIME a.k.a. JON THURESON率いる5人組・MAAJOのニューアルバム!毎年通っているユロヤルヴィ=クルへのコテージ旅行にて生まれたアイデアを元に、大自然との調和を試みサンプラーやドラムマシンから脱却し真冬の11月のレコーディング、前シングルにもフィーチャーされた、'99年からフィンランドで活躍するセネガルのISMAILA SANÉをはじめ、ザンビアのWAINA KOLOMWEやベナンのAKIM COLORといったバックボーンを持ったミュージシャンらをゲストに迎えた待望のフルアルバム!北欧の地まで届くイマジネーション、旧き良きアフロポップの躍動感とメロディーのシンプルさがハートに響いてくる、柔軟なミュージシャンシップとモダンでエレクトリックなアプローチから生まれた現行のアフロ・コズミック〜バレアリックな作品、全11トラックを収録の見開きゲートフォルドジャケット仕様の2枚組ヴァイナル! (DNT)

▼ Tracklisting

A1. Soma sample
A2. Esukey feat Ismaila Sané sample
A3. A Song For Spring sample
B1. Meje Ibo sample
B2. Nkoranza sample
B3. Aamuapoltan sample
C1. Ito Urok feat. Ismaila Sané sample
C2. Jacana sample
C3. Gbêmen Nayon feat. Akim Color sample
D1. Yara Mantra sample
D2. Lost Road feat. Waina sample

The Finnish electropical ensemble Maajo is releasing their second full-length album "Kuru Kuru" on Queen Nanny records on March 2020. Three years after their sought-after debut, Maajo's African and Balearic influences now include more of the mysticism of Northern nature. The record resonates with a desire to connect across borders, and aspire to marvel at life on planet Earth. Live percussion, traditional balafons and kalimbas rattle and clang on top of drum machines and lively basslines. African High-life guitars dialogue with cheap vintage synths, electric pianos, birdsong, homemade flutes as well as the masterly vocalists: Senegalese Ismaila Sané, Zambian Waina and Beninese Akim Color.

The album begins upbeat with the drumming song Soma, followed by Esukey, a slice of Afro-pop cassette nostalgia with maestro Ismaila Sané on the vocals. A Song For Spring steers into mid-tempo funk, while Meje Ibo is a Turkish style 7-beat with West-African guitars and minimalist choir. The sparkly Ghana-inspired beach dancer Nkoranza and the acidy kalimba disco of Aamuapoltan head straight for the dancefloor, the midpoint of the journey.

Ismaila Sané's bonfire chant on Ito Urok leads the second half of the album on a nocturnal adventure. The hypnotic African mallets continue their work on the mysterious Jacana. Gbêmen Nayon is a ride down a flowing stream, while Akim Color sings a dirge. The percussive shamanistic hum-along trance of Yara Mantra points the way to the Waina-lead conscious dance anthem Lost Road.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×