menu & search

1〜5件 / 全5件

< Back   Next >
  • 1

JON HASSELL - Remixes : 12inch

JON HASSELL Remixes

ALL SAINTS RECORDS / WARP (UK)
12inch // WASTEP2
---- yen (税込)

used

現代のシーンを代表するBandshell、patten、No UFO’s、Some Truthsの強力な4組が解体再構築を手掛けている。Bass Clefの別名儀Some Truthsのリミックスがやはり狂おしくかっちょいい。(sample2)

ブライアン・イーノとのアンビエントシリーズ他の協同作業で知られる今だ現役バリバリの異才トランペット奏者ジョン・ハッセル。シュトックハウゼンのもとで学び、1960年代にはラ・モンテ・ヤングやテリー・ライリーとも作業を共にして、その後1970年代にはインド古典音楽の発声法を自分のトランペットでの演奏に取り入れることを試み、世界音楽を電子音楽の手法によって原始と未来を合体させる「第四世界」というテーマで模索はじめ、エスニック・アンビエント電子音楽の礎を作り上げたと言っても過言ではないジョン・ハッセルの音源を、現在の新進気鋭のレフトフィールド・エレクトロニクス・ベース・テクノ・シーンを代表する4組のアーチスト達が解体再構築を試みている。リミキサーにはBen UFO / Pearson Sound / Pangaea主宰のや、傘下のからリリースしているBandshell、よりアルバムを発表し話題沸騰中のpatten(sample3)、からリリースを重ねるポスト・モダンの使者No UFO’s(sample1)、そしてからリリースし現在人気爆発中のBass Clefによる別名儀Some Truths!(sample2)という4組という豪華リミックスEPとなっている。

盤質(Condition) : VG+/SLEEVE:VG+

ROEDELIUS - Remixes : 12inch

ROEDELIUS Remixes

ALL SAINTS RECORDS / WARP (UK)
12inch // WASTEP4
---- yen (税込)

再入荷!復活を果たした80-90年代と現在のアンビエントを繋ぐ名門レーベルALL SAINTSからの噂のリミックス・シリーズ第4弾はCluster、Harmoniaのローデリウス!!!彼の音源を元に現代のサイケデリック・ダブ・フリージャズ・ダンスミュージック・シーンを横断する強烈なPeaking Lights、Hieroglyphic Beingという2組が真のクロスオーバーな解体再構築したアンビエント・サイケデリックなダウンテンポ・ビートダウン・ダブ・リミックスを手掛けている。

ローデリウスのAll Saint時代の牧歌的エレクトロニクス音源を、当店でも人気の二組、サイケデリックなローファイ・ダブ夫婦Peaking Lightsがホッコリ・サイケデリックなダウンテンポ・ダブ・リミックスを、シカゴのマッド鬼才Jamal Mossの別名義Hieroglyphic Beingが、フリージャズ的なドラムのロールのコンビネーションのグルーヴによるポリリズムなビートダウン・リミックスを、それぞれの個性を思う存分に発揮したヘンテコ。リミックスを提案してくれている。なぜか45回転でも普通に楽しめてしまう。最高のリミックス盤!!! (コンピューマ)

▼ Tracklisting



■Roedeliusは1970年代ドイツで起こった“kosmische music”と呼ばれるエクスペリメンタル・ミュージックの世界においても重要人物であった。非常に影響力の強かったバンド、Cluster、そしてHarmoniaの創設メンバーとして、彼はNeu!やKraftwerk、Canなどとともに、その活気溢れるシーンの一部を担っていた。
■まるでLAの海岸沿いでモクモクと焚かれる煙の中製作されたかのような、Peaking Lightsによるダビーでサイケデリックなリミックスと、シカゴ発ローファイ呪術系ビートでカルト的な人気を誇るHieroglyphic Beingによるフリージャズ系譜なビート・プロダクションに幻想的なウワモノが絡み付く異色のリミックス!

RECOMMENDED再入荷

JON HASSELL - Remixes : 12inch

JON HASSELL Remixes

ALL SAINTS RECORDS / WARP (UK)
12inch // WASTEP2
---- yen (税込)

復活を果たした80-90年代と現在のアンビエントを繋ぐ名門レーベルALL SAINTSからの噂のリミックス・シリーズ第二弾はジョン・ハッセル!!!現代のシーンを代表するBandshell、patten、No UFO’s、Some Truthsの強力な4組が解体再構築を手掛けている。Bass Clefの別名儀Some Truthsのリミックスがやはり狂おしくかっちょいい。(sample2)

ブライアン・イーノとのアンビエントシリーズ他の協同作業で知られる今だ現役バリバリの異才トランペット奏者ジョン・ハッセル。シュトックハウゼンのもとで学び、1960年代にはラ・モンテ・ヤングやテリー・ライリーとも作業を共にして、その後1970年代にはインド古典音楽の発声法を自分のトランペットでの演奏に取り入れることを試み、世界音楽を電子音楽の手法によって原始と未来を合体させる「第四世界」というテーマで模索はじめ、エスニック・アンビエント電子音楽の礎を作り上げたと言っても過言ではないジョン・ハッセルの音源を、現在の新進気鋭のレフトフィールド・エレクトロニクス・ベース・テクノ・シーンを代表する4組のアーチスト達が解体再構築を試みている。リミキサーにはBen UFO / Pearson Sound / Pangaea主宰のや、傘下のからリリースしているBandshell、先日よりアルバムを発表し話題沸騰中のpatten(sample3)、からリリースを重ねるポスト・モダンの使者No UFO’s(sample1)、そしてからリリースし現在人気爆発中のBass Clefによる別名儀Some Truths!(sample2)という4組という豪華リミックスEPとなっている。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting



からリイシューされる『City: Works Of Fiction』のボーナス・ディスク、『Psychogeography』からのカットとなる3曲と、レーベル・コンピレーション/リミックスアルバム『Greater Lengths』からのカットとなる、Bandshellによるリミックスを収録。それぞれの作風と共鳴する現代のプロデューサーとアーティストに依頼し、All Saints作品のハイライトとなる楽曲が再編集、再構築された。

RECOMMENDED再入荷

DJIVAN GASPARYAN - I Will Not Be Sad In This World + Moon Shines At Night : 2CD

中近東アジアと西ヨーロッパ、ロシアのユーラシアとの間にある小国アルメニアの伝統楽器である木管楽器ドゥドゥクの名手Djivan Gasparyan(ジャヴァン・ガスパリヤン)のAll Saintsからリリースされていた密教的サウンドスケープ名盤2作が2CDとして祝リイシュー!!!

1983年制作されロシアで発売、その後All Saintsより1992年にあらためて世界リリースされた彼の記念すべきデビュー・アルバムにして、スピリチュアルなドゥドゥクによる密教的サウンドスケープ・メディテーションの傑作「I Will Not Be Sad In This World」と、1993年にAll Saintsよりリリースされたサウンド・コーディネイト職人Michael Brookと共に作り上げたエスニック・アンビエント名品「Moon Shines At Night」が2CDカップリングで祝リイシュー。中近東ともいえず、北アフリカともいえず、ユーラシアともヨーロッパともいえない世界観の、どこか物悲しい響きと憂いが心に沁みる。トラックリストからもどうぞ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting


「間違いなく、僕がこれまで聞いた中で最も美しく魂のこもった作品だ。」- Brian Eno

■アルメニア圏の伝統的な木管楽器ドゥドゥクのマスターとしても知られる、アルメニア出身の偉大な現役ミュージシャン、Djivan Gasparyanは50年以上に渡りヨーロッパ、アジア、中東、アメリカをツアーしている。彼の作品は、『クロウ/飛翔伝説』、『ロシア・ハウス』、『グラディエーター』など、数えきれない程の映画のサウンドトラックに使用されている。古代のダブル・リード楽器で、そのユニークで悲しげな音色で知られている。

RECOMMENDED再入荷

HAROLD BUDD - Remixes : 12inch

HAROLD BUDD Remixes

ALL SAINTS RECORDS / WARP (UK)
12inch // WASTEP3
---- yen (税込)

復活を果たした80-90年代と現在のアンビエントを繋ぐ名門レーベルALL SAINTSからの噂のリミックス・シリーズ第3弾はアンビエント・ピアニスト巨匠ハロルド・バッド!!!彼の音源を元に次世代のレフトフィールド界の担い手patten、Odd Nosdam、Personableの3組が縦横無尽に解体再構築した注目のリミックスEP。

Side-B「Dark Star (Personable Remix)」(sample3)は、このアナログEPのみのエクスクルーシヴ・トラックで、20分にもおよぶダーク&ドリーミーなアンビエント・テクノが繊細に壮大に繰り広げられている。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting



■pattenによるインテリジェンスとカオスな世界観が絶妙に共存したA1、Odd Nosdamによる多幸感に満ち溢れたドリーミー・ドローンのA2、そしてM Geddes Gengrasによるダーク・テクノ・プロジェクト、Personableによる20分超にも及ぶエクスペリメンタル・テクノB1と、にしかなし得ないキュレーション力を見せつけた3トラック!

RECOMMENDED

1〜5件 / 全5件

< Back   Next >
  • 1

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×