menu & search

1〜20件 / 全27件

< Back   Next >

BERNARD FORT - L’orage / Soundscapes Of Storms : CD

フィールドレコーディング電子音楽の名録音技師、Bernard Fortの2016年新作が、フランス信頼の民族音楽・世界音楽レーベルFREMEAUX & ASSOCIESから届けられた。今作のテーマは「雷鳴」。細部にわたる繊細緻密な驚異と迫力の音響、優雅で気品に満ち満ちた夏の午後や夜の雷を伴う夕立(嵐)の情景をサウダージな世界観までもを感じさせてくれながら、ひとつの音響作品として完成させた秀逸なるサンダー・サウンドスケープ集。天然自然の超絶エレクトロニック電子音楽。ご期待ください。

彼自身が長年にわたり魅了され続けてきた雷をテーマに、技術と機材の粋を尽くして集音採取録音した入魂の11トラックを収録。夏場の夕立前の遠雷と虫のセッションの1曲目「Distant storm, insects’ song(5:26)」にはじまり、少しずつ雷が近づき雨が降り出す様子を臨場感溢れる音響作品として秀逸に作り上げた2曲目「Approaching storm, insects’ song(4:37)」3曲目「Close storm, beginning of rain(7:35)」(sample1)、そして、涼しさまでもが伝わってくるかのようなどしゃぶりの雨とサンダー!!!な4曲目「Distant storm, heavy rain(5:17)」(sample2)、そして、雨がやみ雷も遠く離れて行く5曲目「Distant storm, end of rain(7:47)」6曲目「Receding storm without rain(5:55)」、更には、情緒あふれる雷鳴と虫の音の淡い情景を優雅に記録した傑作7曲目「Approaching storm, no rain(9:53)」(sample3)雷鳴をミュートしたような不思議でユニークな音響効果の8曲目「Muted strom, returning rain(7:45)」、森の奥深く徐々に激しくなり雨雷共にピークを迎える臨場感溢れるスコール的な9曲目「Close storm, beginning of rain(8:49)」10曲目「Close storm, heavy rain(4:58)」11曲目「Very close storm, very heavy rain(6:57)」の全11曲を収録。名録音技師Bernard Fortのセンスと技術とロケーションの粋が三つ巴で合致した素晴らしいフィールドレコーディング傑作。もちろんリラクゼーションにも最適。トラックリストからもどうぞ。信頼のフランス民族音楽・世界音楽の名レーベルFREMEAUX & ASSOCIESのフィールドレコーディング・シリーズからの2016年最新リリース。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

BERNARD FORT - LES CONCERTS DE LA NUIT : 2CD

数々の傑作でおなじみの名録音技師Bernard Fortが1997年に手掛けた名作の完全版となる全9トラック入りの2枚組CD「夜のコンサート」が遂に入荷いたしました。当店でも好評いただいている4トラック収録の編集盤「Nocturns Du Monde」も最高ですが、より多彩な夜の調べを満喫できるこの2CDも当然ながら大推薦とさせていただきます。

編集盤「Nocturns Du Monde(世界の夜のコンサート)」に収録されていた4トラックすべて、アンビエント・エレクトロニクス上質な電子音楽作品にさえ聞こえてくるような美しさに溢れたサイレンス・ミニマルな奇跡的録音「アフリカ・ケニアの夜(1997年・10’57”)」)はCD2_5曲目(sample1)に、電子音楽にも聞こえてくる味わい深い様々な虫の音や、遠くで鳴るエレクトロニクス・ショックな自然のリアルな電子音とも呼べる雷などが夜の静寂の中に響きわたる「南フランス南東部プロヴァンスの夜(1997年・31’10”)はCD1_1曲目、「フランス東部ドンブ地方湖畔の夜(1996年・12’13”)」での蛙達の合唱はCD2_2曲目に、遠くから聞こえる蛙達のコンサートを背景に、鳥や虫達の合いの手的な間合いのミニマルな響きが浸透する「ルーマニアのドナウ川デルタ地帯の夜(1997年・19’23”)」はCD2_4曲目(sample2)に収録されており、さらにはこの2枚組でしか聞くことのできない、、、穏やかな波の音にも癒される、鳥と虫達による穏やかな調べのCD1_2「イタリア・エルバ島の晴夜(1998年・11:09)」(sample3)、CD1_3「フランス・プロヴァンスの夜(2000年・13:17)」、沼のほとりの鳥達の生態に静かにリフレッシュされるCD1_4「カナダの森の夜明け前(1995年・12:38)」、CD2_1「イタリア半島の西、サルデーニャ島の闇夜(2000年・14:30)」、CD2_3「フランス北西部、ブルターニュ地域の夕暮れ(2000年・12:51)」という各地での5ポイントを合わせた、ヨーロッパはフランス、イタリア・ルーマニア、アフリカ・ケニア、そして北アメリカ大陸カナダでの1996-2000年に採取された全9ポイントでの穏やかな美しさに満ち溢れた夜行性動物達の生息コミュニケーションの音による記録が収録されている。名録音技師Bernard Fortのセンスと技術とロケーションが三つ巴で合致した素晴らしいフィールドレコーディング作品。もちろんリラクゼーションにも最適。トラックリストからもどうぞ。もちろん信頼のフランス民族音楽・世界音楽の名レーベルFREMEAUX & ASSOCIESのフィールドレコーディング・シリーズからのリリース。2016年、当店初入荷作品。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

JEAN CLAUDE ROCHE - Cigales Et Grillons & Autres Insectes Chanteurs Du Monde : CD

心地いい〜。次々とバトンが渡されるかのような30秒から1分ほどの世界中の虫の音メドレーmixにうっとりコオロギ達の虫の音に癒されます。電子音楽にも通じるような擦れる羽音の複雑でミニマルな音波の調べにあらためての自然の神秘と驚異の奥深さに好奇心が刺激されます。ご体験ください。(待望再入荷!!!)

信頼のフランス民族音楽・世界音楽の名レーベルFREMEAUX & ASSOCIESのフィールドレコーディング・シリーズの「蝉とコオロギ、そして、世界の昆虫の歌手たち」という、ボルネオ、タイ、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、カメルーン、セネガル、マルチニック、レユニオン、フランス、ヴェネズエラ、チュニジア、中国、スマトラ、イリアンジャラ、セレベス島などなどの世界中のコオロギと蝉にスポットをあてたメドレー形式の虫メガミックス的フィールドレコーディング名作。聞いた事のあるなじみの音色に、超音波みたいな、まったく初めて聞く驚異の鳴き声まで、永遠に続いていくかのような様々な虫の音に心癒され、好奇心を存分に刺激されます。全60トラック。監修は、同レーベルを代表する音響作家・録音技師 Jean Claide Rocheが担当。もちろん大推薦。60種類の波形みてるだけでもワクワクしてきます。まずはsampleからどうぞ。大推薦。 (コンピューマ)

RECOMMENDED再入荷

JEAN-LUC HERELLE - Le Chant Des Vagues : CD

リラクゼーションの極み。ヨーロッパの海岸での様々な波の模様を美しいサウンドスケープで録音記録した貴重な資料にして、リラクゼーションの極み。ジェントルで浅い静かな波からディープで豪快な波まで、ミックスに、リスニングに、ストレッチに、BGMに、全5トラックをそれぞれの距離感で存分にお楽しみください。

フランス民族音楽・世界音楽の名レーベルFREMEAUX & ASSOCIESのフィールドレコーディング・シリーズの「波の音/波の歌」編。リラッークス。 (コンピューマ)

RECOMMENDED再入荷

VARIOUS - Jamaica Folk Trance Possession - Mystic Music From Jamaica : 2CD

これは素晴らしい!ジャマイカの30年代-60年代にいたる貴重な音源。ラスタファリ/ナイヤビンギのルーツとなるアフロ・ジャマイカン・サウンド。

セルジュ・ゲンズブールのレゲエ・アルバムにも関わったミュージシャンでもあるレゲエ・ミュージックのオーソリティー、ブルーノ・ブルムが監修、フランスのFREMEAUX & ASSOCIESからリリースされたナイヤビンギのルーツとなるラスタファリ音楽のコレクション2CD入荷しました!

ハイチのVOODOO, ブラジルのサンテリア、カンドンブレと同じくアフリカン・スピリッツ/音楽とラスタファリズムが結びついた結びついた素晴らしい音源の数々。CD1には、パーカッション、賛美歌/ゴスペル、トランス的チャント、宗教音楽的色合いの濃い儀式的音楽。CD2には、COUNT OSSIEの音源なども収録され、後半はメント、ジャマイカン・カリプソ的な音源も収録されています。

個人的に中南米音楽に触れて最も惹かれる理由の大きな一つであるのだけれど、黒人奴隷/ヨルバ族のオリシャ信仰を背景にキリスト教や土着のものと結びついた宗教的トランス感覚。そしてアフリカン・ポリリズムのサイケデリックなリズム感覚。その特性です。完全ミニマル・テクノみたいな曲まであります。音の質感も心地よい。中南米各地で様々なカルチャーと結びつき独自の進化を遂げた西アフリカをルーツとした音楽の素晴らしい魅力。MISSISSIPI的SP盤発掘、欧米のテクノシーンで南米/カリビアン音楽をサンプリングするブームがあったり、辺境音楽の名のもとに話題になったりしてきた中南米音楽のジャマイカ版、素晴らしい音源、本物の音楽の魅力に触れることが出来る良い機会だと思います。レコメンド。 (サイトウ)

「ナイヤビンギ (Nyahbinghi) とは、ラスタファリアンの宗教的な集会、またはその集会で演奏される音楽のこと。ナヤビンギ、あるいは単にビンギとも言う。ナイヤビンギでは、円陣を組んでガンジャを吸う、太鼓を叩いて歌う(チャント/Chant)、話し合うなどする(リーズニング/Reasoning)。ラスタファリアン同士の交流の場。」from wikipedia

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

BERNARD FORT - La pluie - Paysages son ores / Soundscapes of Rain : CD

フランス・リヨンのフィールドレコーディング電子音楽の名録音技師、名職人Bernard Fortによるカナダ、イタリア、アフリカ・ケニア、フランス、カリブ海マルテイニークなど世界各地の趣きのある”静かなる雨”のフィールドレコーディング・サウンドスケープをまとめた叙情的ポエティック名作「La pluie - Paysages son ores / Soundsxapes of Rain」ストックいたしました。

美しい鳥や虫の音と静かな雨の音の雰囲気も最高に気持ちいいのですが、個人的には、なんといっても、イタリアでの波打ち際での静謐な雨の音と波音、そしてハーモニーしているかのような鳥の鳴き声の醸し出すトラック4「Italie : Ile d'Elbe, En Journée Au Printemps」(sample1)の、まるで名画「ヴェニスに死す」のシーンを彷彿させてくれるかのような、ロマンチックなフィ−ルドレコーディング音世界に完全にうっとりと聞き入ってしまいました。トラック7ケニアの電子音のような美しいミニマルな鳥の鳴き声「Kenya : Massai Mara, De Nuit Au Mois d'Août」(sample3)に魅せられました。と名録音技師Bernard Fortのセンスと技術とロケーションの粋が三つ巴で合致した素晴らしいフィールドレコーディング・サウンドスケープ傑作。もちろんリラクゼーションにも最適。全12トラック。信頼のフランス民族音楽・世界音楽の名レーベルFREMEAUX & ASSOCIESのフィールドレコーディング・シリーズからの2012年リリース作。当店2017年初入荷。 (コンピューマ)

RECOMMENDED再入荷

BERNARD FORT - Nocturnes Du Monde : CD

信頼のフランス民族音楽・世界音楽の名レーベルFREMEAUX & ASSOCIESのフィールドレコーディング・シリーズの名録音技師Bernard Fortが1997年に手掛けた名作2枚組CD「世界の夜のコンサート」のベスト的4トラック編集盤。まずは、アンビエント・エレクトロニクス上質な電子音楽作品にさえ聞こえてくるような美しさに溢れたサイレンス・ミニマルな奇跡的録音「アフリカ・ケニアの夜」(sample1)からどうぞ。

電子音楽にも聞こえてくる味わい深い様々な虫の音や、遠くで鳴るエレクトロニクス・ショックな自然のリアルな電子音とも呼べる雷などが夜の静寂の中に響きわたるトラック1「南フランス南東部プロヴァンスの夜(1997年・31’00”)」、ものすごい数の池があるというトラック2での「フランス東部ドンブ地方湖畔の夜(1996年・12’02”)」での蛙達の合唱(sample3)、そして、遠くから聞こえる蛙達のコンサートを背景に、鳥や虫達の合いの手的な間合いのミニマルな響きが浸透するトラック3「ルーマニアのドナウ川デルタ地帯の夜(1997年・19’21”)」(sample2)、アンビエント・エレクトロニクス上質な電子音楽作品にさえ聞こえてくるような美しさに溢れたサイレンス・ミニマルな奇跡的録音「アフリカ・ケニアの夜(1997年・10’55”)」(sample1)、の4ポイントでの穏やかな美しさに満ち溢れた夜行性動物達の生息コミュニケーションの音による記録。名録音技師Bernard Fortのセンスと技術とロケーションが三つ巴で合致した素晴らしいフィールドレコーディング作品。もちろんリラクゼーションにも最適。トラックリストからもどうぞ。2016年、当店初入荷作品。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

PIERRE HUGUET / OLIVIER TOSTAIN - Amazonie Vol.2 : CD

アマゾン・トリップ(2)信頼フランスの民族音楽・世界音楽の名レーベルFREMEAUX & ASSOCIESのフィールドレコーディング・シリーズ「アマゾン熱帯雨林・パート2(ギアナの森・編)」アマゾン川の熱帯雨林の奥地へ彷徨いこんでしまったかのような、ワクワク&ドキドキする好奇心や冒険心を刺激する臨場感溢れる音の体験とイマジナリーな安らぎに満ちたリラクゼーションの妙に魅了される。

「アマゾン熱帯雨林」シリーズの続編パート2。今作ではフランス領ギニアの熱帯雨林の森の奥深くをテーマに制作されている。前作パート1では川沿いの生物が中心でしたが、今作では、より数多くの鳥達を中心にしたトロピカル・エキゾチックな貴重な生態や生命力の息吹の録音をノンストップ・メドレー感覚の秀逸な編集でまとめて音盤化されている。制作はパート1同様、録音技師はPierre Huguet、科学研究と識別、コンパイル編集は、Olivier Tostainが担当。全76トラック76分。1988-9年録音。オリジナルは1991年リリース。当店2016年初入荷。 (コンピューマ)

RECOMMENDED再入荷

JEAN CLAUDE ROCHE - Tous Les oiseaux d’Europe(All the bird songs of Britain and Europe) : 4CD

大好評!待望の再入荷できました!イギリス、ヨーロッパに生息する396種類もの鳥達の声を4枚組CDにまとめた、生物学的にも非常に貴重でありながら、予測不可能な音のワンダーランドとしてもワクワク&ドキドキな宝庫となっているフィールドレコーディング名作CD。newtoneにも入荷いたしました。美しいアートワーク&ブックレット含めて推薦盤。

フランス民族音楽・世界音楽の名レーベルFREMEAUX & ASSOCIESのフィールドレコーディング・シリーズ、JEAN-CLAUDE ROCHE監修の「ヨーロッパのすべての鳥達の歌声)」編。とにかく圧巻なまでのsampleには収まりきれない驚異の音のワンダーランドが広がっております。録音の塩梅というか、なんとも癒されたり、鼓膜をマッサージされるかのような優しい音響音像も独特で素晴らしい。 (コンピューマ)

RECOMMENDED再入荷

PIERRE HUGUET - Nature Des Tropiques - Les Points Du Jour : CD

トロピカル・トリップなバレアリック・リラクゼーション最高峰。全編にわたりジャングル奥地に生息する鳥、猿、蛙、虫の摩訶不思議な鳴き声と、河のせせらぎや遠雷などの自然音とのハーモニーの柔らかで心地よく静かな息づかいを存分に堪能できるはずです。これからの季節のお昼寝CDにも最適。トロピカル・イマジナリーな好奇心や冒険心を聴覚を通じて心地よく刺激して覚醒してくれる音の処方箋。

信頼フランスの民族音楽・世界音楽の名レーベルFREMEAUX & ASSOCIESのフィールドレコーディング・シリーズの「トロピカル」編。アマゾン・トリップな録音技師Pierre Huguetによる1976-90年にかけて南太平洋パプアニューギニア、アフリカのザンビア、コンゴ、マダガスカル諸島、東南アジアはマレーシア、南米はフランス領ギアナにペルーの森の奥にて採取された13カ所におよぶポイントでの録音を収録したもの。1992年リリース。当店2016年初入荷。まずはサンプルから、そしてトリップリストからもどうぞ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

PIERRE HUGUET / OLIVIER TOSTAIN - Amazonie : CD

アマゾン・トリップ(1)南米アマゾン熱帯雨林、フランス領ギアナとスリナムの国境川沿いを探検フィールドレコーディングして数多くの貴重な鳥達を中心に、虫、猿、獣達の生態とトロピカル・エキゾチックな鳴き声をノンストップ・メドレー的秀逸な編集でまとめたエキゾチック音の体験CD。全53トラック56分。

まるでアマゾン川の熱帯雨林の奥地へ彷徨いこんでしまったかのような音の体験ができる臨場感あふれる安らぎと驚きに満ちた自然音の録音記録と編集の妙に魅了され、ワクワク&ドキドキするようなイマジナリーな好奇心や冒険心を聴覚を通じて心地よく刺激してくれる音の処方箋。信頼フランスの民族音楽・世界音楽の名レーベルFREMEAUX & ASSOCIESのフィールドレコーディング・シリーズ「アマゾン熱帯雨林・パート1」録音技師はPierre Huguet、科学研究と識別、コンパイル編集は、Olivier Tostainが担当。全53トラック。1988年録音・オリジナル盤は1991年リリース。当店2016年初入荷。 (コンピューマ)

RECOMMENDED再入荷

JEAN CLAUDE ROCHE - Whale Songs -Recordings From The Deep- : CD

信頼のフランス民族音楽・世界音楽の名レーベルFREMEAUX & ASSOCIESのフィールドレコーディング・シリーズの本命盤「クジラの歌(深海レコーディング)」の登場です。深海での味わい深く電子音楽にも通じるような美しい驚異のクジラ達の交信音の記録を収録。リラクゼーション・サウンドとしても効能抜群。

IMPORTANTレーベルからの臨場感迫力の逸品CD「New Songs of the Humpback Whale」と聞き比べするのもオススメです。あちらも臨場感zふれる音像含めて壮絶凄いですが、こちらは、全体に遠景からの録音が多く収録されており、より大きなスケール感と絶妙な心地よさも漂い心地いい&アザラシ交信音にも通じる唯一無二の自然科学的電子音楽が堪能できます。そして、哀愁さえ感じさせてくれる自然の驚異とロマンも感じれてしまいます。甲乙付け難い傑作です。同レーベルを代表する音響作家・録音技師 Jean Claide Roche監修。素晴らしき全8トラック。もちろん大推薦。フィールドレコーディング殿堂入り名作。トラックリストからもどうぞ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

FRANCOIS JOUFFA - Percussions Et Chants / Vocals And Percussions De Hahoe Et Kyongju : CD

SUBLIME FREQUENCIESに先駆ける民族音楽収集家フランソワ・ジェファの録音。アジアン・ミュージックの魅力です。

DAVID LEWISTONと並んでアジア、南米を中心に民族音楽のフィールド・レコーディングを行い、前衛音楽と同列にとらえられるような素晴らしいワールド・ミュージックの録音を残す、民族音楽のフィールド・レコーディング・アーチスト、ジェファ。SHHHHHや山辺氏も大好きなアーチストです。最新作品は韓国。朝鮮時代の氏族村の伝統を残す歴史の村、安東河回村と慶州良洞村での録音。中国とのつながりも見えるようなパーカッションとチャントによる演劇的なサウンド。そして独特のリズム感覚。このリズムの感覚は、西洋音楽ではありえないような不思議な感覚です。素晴らしい。中華文化に影響を受けたアジア諸国の中でも独特です。 (サイトウ)

RECOMMENDED再入荷

FRANCOIS JOUFFA - Tibet - Le JokhanG De Lhassa : CD 

チベットのラサ、フィールドレコーディング。

標高3658Mの"神の大地"こと、チベットはラサ録音のフィールド・レコーディング。マッド・フィールドレコーディングを録らせたらこの人、 FRANCOIS JOUFFA が2009年に録音したもの。最初の数曲は仏教僧によるディープなチャントが収録され、そして後半からは光が射すような庶民の素朴な労働歌に既視感が。。この人は録音も素晴らしく、フロアで聴くと当てられます。一編の物語を見るようなカルトかつ感動的な一枚。ブックレットの写真も綺麗です。 (Shhhhh)

RECOMMENDED再入荷

VARIOUS - FRANCOIS JOUFFA - Thailand - Musiques Et Chants Du Triangle D'Or : 2CD

ご存知フィールド・レコーディングの魔術師フランソワ・ジェファによるシリーズ。今回の現場なんとタイの黄金三角地帯(!)民族の伝統、労働歌など。メオ族、リス族、シャン族、ヤフ・ニリ族、ヤオ族らタイ北部から雲南省にまたがる地域の部族から採取したサウンド群。

sublime frequenciesやKing Gongもアジアもの連発してますがその辺とシンクロしてますね。はたまたOOIOO "GAMEL"や滞空時間にも繋がるエイジアン・フォーク・パラドックス。dope且つ面白いです。このシリーズ音もばっちりなんでフロア対応可、もちろんリスニングとしてもシネマティックな展開にトリップしてください。2CDのボリュームですがその価値アリ。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

FRANCOIS JOUFFA - Santiago de Cuba - La Reina del Son : CD

民族音楽収集家フランソワ・ジェファによるキューバのSON。

CUBA第二の都市サンティアーゴ・デ・クーバで発祥発展したキューバの音楽SON。アジア〜南米の素晴らしいアーカイヴを残す、当店でも人気の高いフィールド・レコーディング、民族音楽蒐集家フランソワ・ジェファが92年にサンティアーゴ・デ・クーバを訪れ重要なミュージシャン達の音を録音した貴重な記録。トロピカルなギター、アフリカンの流れを汲むパーカッション、ポリリズム。ハバナに渡り、禁酒法時代のアメリカからの流れた人々とともに隆盛を極めた、ボレロ、マンボ、コンガ、ルンバ、サルサのルーツを辿る貴重な録音。ダンスが前提となっているラブソングを中心とした甘い歌が中心。技量的のスバラシさとキューバの酒場で繰り広げられる情景、粋なエキゾチシズム。ラストには、カーニバルのリズム的スピリチャルでアフリカンなパーカッションの曲が入っていてこちらも聴き逃せません。ジェファらしいらしい録音技師としてのスバラシさも音楽のマジック。この面でもこの人はもっと評価されて良いと思います。記録、臨場感へのこだわりと編集による音像。SUBLIME FREQUENCIESのフィールド・レコーディングやデヴィット・ルイストンの仕事が好きな人はチェックすべき人ですよ。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

FRANCOIS JOUFFA - Native Americans Music And Songs - MEXICO : CD

マヤの先住民族。

メキシコはチアパス州に棲む、純粋なマヤの民族であるラカンドン族による無垢な歌や笛の音や弦楽器、そしてどうやら村祭りの野外録音。面白いフィールドレコーディングやってるFRANCOIS JOUFFAの69年の録音です。南米の奇祭に迷い込んだかのような酩酊感のとんでもないトリップ音楽。個人的にはこの音源でshackletonにアルバム作ってもらいたいです。オルタナティブ・マッド・フィールド・レコーディング!当てられます。危険なCD (Shhhhh)

RECOMMENDED再入荷

VARIOUS - Mexico:The Lost Art Of Huasteca Violin 1969-1976 : CD

「ラ・マラゲーニャ」や「シェリート・リンド」で有名な。メキシコ湾沿いのメキシコ中東部ウアステカ地方の失われたバイオリン音楽の録音集(とタイトルはなっていますが、地元の民俗音楽では今でもヴァイオリンが使われています)。

前半13曲は、メキシコはベラクルス州周辺に伝わる、スペイン音楽との混血(メスティーソ)音楽でバイオリンが特徴的なソン・ウアステコを伝えるグループ、エル・トリオ・アマドールの1976年録音を収録。 そして、混血(メスティーソ)音楽は主にミチョアカン、ベラクルス、オアハカ、ゲレーロの4つの州で盛んだったらしいですが、それぞれの州で採集した69〜71年録音が、後半に10曲収録されています。各曲ごとに歌詞の意味や歴史などのフランス語と英語解説付き。写真も興味深いものばかり。 民俗学者セルジュ・ロートマンが録音したテープをフランソワ・ジェーファが2016年に編集。 ペルーなどのフォルクローレ、ウアイノへの親和性やメキシコ湾からカリブへと繋がる地域の共通の音楽性なども発見できそうです。

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

JEAN CLAUDE ROCHE - Le Monde Des Sings(Primate World) : CD

フランス民族音楽・世界音楽の名レーベルFREMEAUX & ASSOCIESのフィールドレコーディング・シリーズ「森のゴリラ」編に続く、今回はチンパンジー、手長猿、オラウータンなど様々な猿たちにスポットをあてた霊長類シリーズの第2弾、その名も「猿の世界」CDがnewtoneにも待望入荷です。極地的話題作。癖になる響き、いーい鳴き声しております。もちろん大推薦。

今作は、アフリカ、アジア、中央、南アメリカ、マダガスカルの森に生息するオラウータン、チンパンジーなど様々な猿たちの集団、家族、カップル、オス、メスなどの生態コミュニケーション模様を、様々な森の自然音と共に収録。好奇心に満ちたワクワク至福に包まれます。愛嬌たっぷりのニンマリとドキドキの驚異の音世界が広がっております。そして、リラックス癒されます。レーベルを代表する音響作家・録音技師 Jean Claide Roche監修。全21トラック。 (コンピューマ)

RECOMMENDED再入荷

CATHERINE BOUCHAIN & JEAN-PIERRE GAUTIER - Forest Monkeys : CD

中央アフリカ・カメルーン、ザイール、ガボンの森に生息する様々なゴリラの生態を観察レコーディングした貴重な資料にして、音記録としても非常にユニークで驚きに満ちたフィールドレコーディング名作CD。newtoneにもようやく入荷しました。推薦盤。

フランス民族音楽・世界音楽の名レーベルFREMEAUX & ASSOCIESのフィールドレコーディング・シリーズの「森のゴリラ」編。虫の音や鳥の鳴き声、森のざわめき含めて、天然自然のいい音たくさん。全44トラック。好奇心と至福に包まれます。sampleに収まりきれない驚異の音世界が広がっておりますが、sampleには参考までに3トラックずつをお聴きできます。 (コンピューマ)

RECOMMENDED再入荷

1〜20件 / 全27件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×