menu & search
  • 『ふたたび、音楽の秘境へ——クラブ・ミュージックを通過した耳で聴く アンビエント、ニューエイジ、現代音楽、実験音楽、あるいは異形のジャズとロック』カルト的人気を誇るレコードショップ"ORGANIC MUSIC"にて、日々ディープかつ良質な作品を紹介し、DJとしても世界から注目を集めるCHEE SHIMIZU氏監修のディスクガイド「OBSCURE SOUND」が大増補改訂版、入荷しました!
    BOOK
    BOOK/DISC GUIDE/CHEE SHIMIZU

  • 2017年札幌国際芸術祭「DOT KAY DOT」、2018年さどの島銀河芸術祭「SADOT CAY DOT」につづく新シリーズ。「鉄工島FES 2019」にて発表された1日限りの新作サウンドインスタレーションを、場所を原宿BLOCK HOUSEに移し形を変え、1ヶ月の展示として行った個展『レコーン』展の記録。
    ZINE+7inch
    ZINE/∈Y∋

  • ちょっとこれはすばらし過ぎ、、Matthewdavid 主宰のLeaving Recordsからアジアン・ミニマル
    CD
    NEW AGE/ASIAN/ELECTRONIC

  • 金沢を拠点に独特のストレンジな世界観でボーダーレスな境地を開拓、北陸のみならず⽇本全国各地を行脚し活躍する奇才DJ・空中水泳の最新ミックス『境地』がリリース!
    CD-R
    MIX-CD

  • POWWOWをはじめ全国各地のパーティーで活躍する、CMTの最新ミックス「HIGHLIGHT 2」が到着です!
    MIX-CD
    MIX-CD

  • エルメート・パスコアルの門下生でもあり、イチベレ楽団のメンバー、ジョアナ・ケイロス。静かな凄み。
    CD
    BRASIL/EXPERIMENTAL

1〜20件 / 全106件

< Back   Next >

CHEE SHIMIZU - OBSCURE SOUND REVISED EDITION : BOOK

CHEE SHIMIZU OBSCURE SOUND REVISED EDITION

RITTO MUSIC (JPN)
BOOK // 9784845634095
2530 yen (税込)

『ふたたび、音楽の秘境へ——クラブ・ミュージックを通過した耳で聴く アンビエント、ニューエイジ、現代音楽、実験音楽、あるいは異形のジャズとロック』カルト的人気を誇るレコードショップ"ORGANIC MUSIC"にて、日々ディープかつ良質な作品を紹介し、DJとしても世界から注目を集めるCHEE SHIMIZU氏監修のディスクガイド「OBSCURE SOUND」が大増補改訂版、入荷しました!

2013年に発売、未知なる音世界へと誘う新感覚ディスクガイドとして中古レコード市場を中心にじわじわと反響を呼び、メーカー在庫切れ後はプレミア価格で取引されてきた『obscure sound 桃源郷的音盤640選』の大増補改訂版。DJ/バイヤーとしてワールドワイドなコネクションを持ち、ニューエイジ/アンビエントなどの世界的再評価を牽引するChee Shimizuが約800枚(うち前作とのダブりはわずか200枚強)のレコードをセレクト。ほかとはひと味違う音楽を求めている方のバイブルとなり得る1冊です。

CHEE SHIMIZU - OBSCURE SOUND REVISED EDITION : BOOK gallery 0CHEE SHIMIZU - OBSCURE SOUND REVISED EDITION : BOOK gallery 1CHEE SHIMIZU - OBSCURE SOUND REVISED EDITION : BOOK gallery 2CHEE SHIMIZU - OBSCURE SOUND REVISED EDITION : BOOK gallery 3
RECOMMENDED新入荷

ANDI OTTO - Rwandance : CD

ANDI OTTO Rwandance

CALENTITO/SHIKA SHIKA COLLECTIVE (GER)
CD // SHIKA SHIKA 032
2200 yen (税込)

ハンブルグのサウンドエンジニア、アンディ・オットーの新作”ルワンダンス”。アフリカはルワンダのアーティスト、エヴァリスト・カリンガニエールとの共作です。バリオリンド主宰のSHIKA SHIKAよりリリース。

弦楽器チェロを改造した自作電子楽器”フェロ”の奏者でもあるオットー。今作のために、カリンガニエールのハンドクラップをシンセ音に変換するソフトウェアを構築。伝統的なルワンダ音楽の構造と拍子記号とオットーの構築してきたフレームワークとが合わさったのが今作の骨組みです。さらに、サントラ制作でルワンダ音楽の膨大なアーカイブスにアクセスする機会を経たのと、マーク・プリチャードのハーモニック313によるアフリカ音楽とエレクトロニクスの融合の試みに影響受けたとのこと。

カリンガニエールのシャーマニックなボーカル(一発録り)と、オットーのアシッディなベースプログラミングと”フェロ”の掛け合いは、南米エレクトリック・フォルクローレの霊性やVoodoohop周辺のヒッピー的なサイケデリアとはまた違った、ミニマル音楽の知性の鍛錬の結果という感じです。ミニマルに耳に慣らされ快楽酩酊状態になりつつ、後半にカリンガニエールの声が返ってくる様は壮大な物語を見るようでアルバムを通して楽しめます。狙いどうり何度も聴いて印象がジャケアートワークと裏腹、カラフルに変わるのも面白い。

アングラヒットしたキラートラック、”Bangalore Whispers”収録したアルバム”VIA”以来の、”声とエレクトロニクス”を発展させた試みともいえるでしょう。
さらに、昨年のMultiCultiから発表された”BOW”や、ヨーロッパからの安東ウメ子再発掘の拠点、PINGIPUNGでの活動を経ての充実っぷりも感じますね。

グローバル・サウンドと音響の試みは始まったばかり。オーガニックなダンスミュージック好き全員に突き刺さる挑戦と結果だと思います。 (Shhhhh)

RECOMMENDED

RABIRABI - Luminous Flow : CD

RABIRABI Luminous Flow

UNDERGROOVE (JPN)
CD // UG-0009
---- yen (税込)

RABIRABIのニューEPは、今までになかったようなCHILLでDUBな素晴らしい響きに心が動かされるる4トラック。Kuniyuki Takahashi氏、内田直之氏がレコーディングとミックスを手がけ、アートワークはQOTAROOが手がけたペシャルな1枚となっています。525Limited!!!

メンバー二人体制となって初めてのリリースとなる今作は、今までのRABIRABIの高揚感溢れるトライバル・トラックとは違った、チルでダブな仕上がり。KuniyukiTakahashi氏、内田直之氏による、レコーディングとミックス、全曲のマスタリングはKuniyuki氏が手がけています。as3の透明感のある歌声はアイヌの言葉も交えた民族の深み、NANAの優しいパーカッションと共に、美しくスピリチュアルな響きに施され、音の広がり方奥行き感が本当に素晴らしく感動的。 (ヤマ)

銀河のカタスミで響きつづける
音楽と呼ばれるルミナスフロウ
 
RABIRABIがもう1度デヴューする。16年の時を超えプロトタイプに戻って初のEPを2020/02/04立春にリリースする。プロデュースは札幌の至宝と謳われるKuniyuki Takahashiと、日本が世界に誇るダヴマスター内田直之。レコーディングとミックスも両者が手がけ、Kuniyukiがマスタリングまでを仕上げている。
 
16年ぶりの作品をフォーミングするにあたって、それまでの11年間に渡るpercussion/PIKOを加えた活動の最後の旅となるハワイで体験したlava(溶岩)トレックが重要な起点となっていると言う。時間も距離も分からなくなる深い透明な闇のなかでのみ感得できるsomething。銀河系の片田舎の惑星で潮騒のように鳴っている何か。ダンスミュージックと呼ばれる前の、もっと前の、さらに前の揺らぎと物語。
 
闇で光るルミナスは
心に灯るオンガクのよう
 
脳裏の抽斗
子宮の壁に
輝生する音


▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

SUGAI KEN - 時子音-Tokishine : CD

SUGAI KEN 時子音-Tokishine

FREED (JPN)
CD // FREED-006
1890 yen (税込)

【名作1STアルバム。デッドストック入荷しました!】和製エミリオ・アロ!?日本人クリエイター、SUGAI KEN。

2013年末にJuzu aka MOOCHY主催"OnenessMeeting"で出会って今作を渡され、その内容に驚かされ配給のお手伝いを申し出ました。
東京のクリエイター、スガイ・ケン氏の紡ぎ出す摩訶不思議でネオ・ハポニスモなサウンドスケープ。
アルゼンチン諸作がフォルクローレや南米の自然から奏でられるように、今作"時子音-TOKISHINE"は幽玄な日本人的叙情/アニミズムによる空間性で脳髄と記憶を刺激されました。
DJ DISCHARGEも大絶賛のNuアンビエント/和ドローン!すでにdublabやアルゼンチンのエミリオ・アロ本人からもメンションがあったようです。さらりとあちら側へ。 (Shhhhh)

RECOMMENDED再入荷

THE CARETAKER - An Empty Bliss Beyond This World : CD

架空の彼方のムード音楽。V/VMの変名THE CARETAKERの2011年の名作が復刻されました。

111曲+ ADDITIONALの94曲の総数205曲で構成される「The Death Of Rave」をはじめV/VM TEST RECORDSを拠点に膨大なリリースをしている実験音楽家V/VM(Leyland Kirby)のTHE CARETAKER名義でのアルバム。クラシックなピアノ、ムーディー、オールディーズ、ラグジュアリーサウンドがノイズまみれ、非現実の彼方から奏でられるような、ゴージャス、LOW-FI SPACE AGEサウンド。 (サイトウ)

RECOMMENDED再入荷

GROUND - Cashoeiracid : CD

GROUND Cashoeiracid

CHILLMOUNTAIN (JPN)
CD // CMR-015
2160 yen (税込)

Gr〇un土ニューアルバム「Cachoeiracid」到着しました!スローアシッド、メンタルでミステリアスなトライバル・ダンス。推薦。

VOODOOHOP(ブラジル)やSVS (ハンガリー)といったパーティー/アーチスト集団との交流はじめ、南米、北米、ヨーロッパからアジア各地までパーティーの現場でのプレイ、経験をフィードバックした4THニューアルバム。〈ESP INSTITUTE〉からのアルバム「Sunizm」からさらに深度を増しています。リカルドやデビット・リンチの世界にもつうじるミステリアスさとトライバルな霊性。KABAMIXとの音響構築もネクスト・レベル。凄くないですか? (サイトウ)

2017年末より始まったベルリン、ベルギー、メキシコ、チリ、ブラジル、クロアチア、ウイーン、イビサ、サンフランシスコ、バンクーバー、タイ、ベトナム。
ダンスミュージックをツールにGroundは各国の現場&フェスティバルでGIGを繰り返し、そこで得た膨大なインスピレーションをこの度、音像化することに成功。
既に、ブラジルの天才プロデューサーCarrot GreenがサンパウロでのDekmantelFestival 2018でプレイしたりと発売前から世界各国のダンスフロアを揺らしたGround節全開のトラックが全8曲収録。初回のみステッカー付♬

▼ Tracklisting

soundcloud
RECOMMENDED再入荷

MARY LATTIMORE - At The Dam : CD

MARY LATTIMORE At The Dam

PLANCHA (JPN)
CD // ARTPL-74
2200 yen (税込)

フィラデルフィアのハープ奏者MARY LATTIMOREの大名作入荷!ハープで微睡んでいるといつの間に違う惑星へ。。

Julianna Barwickとの来日公演も素晴らしかったMARY LATTIMOREのこちらの大名作も入荷。ハープの演奏を多重録音/ループさせて違う風景を聴かせてくれたりしますが、基本的には純粋にその美しい音色を活かすミニマルで幻想的でシネマティックな音風景。今作はジョシュア・ツリーの友人宅でrecされたとのことで、そこは周りが全て砂漠で違う惑星で音楽を奏でてるようだった、との本人の弁がありますが、実は私も夏至の日に森の中でこの盤をかけたんですがちょっと凄かったですね。代表作のHundreds Of Daysよりこちらの方がダークな印象で個人的にはこちらが好みです。アンビエント/ニューエイジというか物語を読むような作品。アルバム通して隙なし。。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

MARY LATTIMORE - Hundreds Of Days : CD

MARY LATTIMORE Hundreds Of Days

PLANCHA (US)
CD // ARTPL-103
2200 yen (税込)

サーストン・ムーアやエド・アスキュウといったレジェンドやジュリア・ホルター、ジャーヴィス・コッカーとも録音している フィラデルフィア/L.A.のハープ奏者メアリー・ラティモアの新作が〈 GHOSTLY INTERNATIONAL〉から。

CDも入荷しました。昨年のJulianna Barwickとの来日公演も素晴らしかったハープ奏者のメアリー・ラティモアの代表作。シンセでは出せないハープの音色がひたすらに美しい、、ケルト音楽のルーツも感じます。名作。アンビエント/ニューエイジ、瞑想音楽の基本の喜び詰まってます。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

MARRON TRIO - Take It, Pack It : CD

“Based On Kyoto”のギタリストmarronを中心に、京都のスペースジャムバンド”Soft”のベーシストUCON、Jim O’Rourkeとの活動でも知られるドラマー山本達久により、2017年“voicing for example 4 – simple pleasure –”のレコーディングをきっかけに結成されたmarron trioによるファーストアルバム。

“Based On Kyoto”のギタリストmarronの二つのプロジェクトMARRON TRIOとMARRONのソロ。2020年のニューリリース2作。ストックしました。こちらはウッドベースUKONとドラマー山本達久とのトリオ。「Take It, Pack It」。それぞれベテランの域の名士、複雑な拍子なんかも、さらりと奏で、探り、せめぎあいながら音が調和していくような、ピースフルだけど緊張感を孕んだサウンド。レイヤーされた音や音色も気持ちよく様々なシチュエーションのリスニングにおすすめです。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

MARRON aka DUBMARRONICS - Voicing For Example 5 - 温泉のための音楽 music for hot spring - : CD

アンビエントをベースとした独自の手法によるギターエレクトロニカの奏者marron aka dubmarronicsによる温泉のための1トラック60分、極楽温泉サウンドトラック!2018年製作の未発表ソロアルバムが待望のリリース。

“Based On Kyoto”のギタリストmarronの二つのプロジェクトMARRON TRIOとMARRONのソロ。2020年のニューリリース2作。ストックしました。ダブダブ温泉でも温泉好きを示していたマロンのMARRON aka DUBMARRONICS名義。Voicing For Example 4では、ゲストを迎え録音していましたが、こちらはソロで自身が奏でる音と共鳴していく60分の温泉のためのサウンドトラック。 (サイトウ)

RECOMMENDED新入荷

∈Y∋ - recone : ZINE+7inch

∈Y∋ recone

ISLAND JAPAN (JPN)
ZINE+7inch // ---
5555 yen (税込)

2017年札幌国際芸術祭「DOT KAY DOT」、2018年さどの島銀河芸術祭「SADOT CAY DOT」につづく新シリーズ。「鉄工島FES 2019」にて発表された1日限りの新作サウンドインスタレーションを、場所を原宿BLOCK HOUSEに移し形を変え、1ヶ月の展示として行った個展『レコーン』展の記録。

∈Y∋によるZINE『recone』リリース

レコーン: トウモロコシ科の植物。その鞘と、はじける時のポップコーン状態、レコ実の展示。

『鉄工島FES 2019』で1日限り公開された新作サウンドインスタレーション『レコーン』その後、原宿BLOCK HOUSEに場所をかえ1ヶ月展示されたアートワークをこのたび、ZINEの形でリリースします。

ZINE/RECONEは、『レコーン』展の記録として∈Y∋により記録写真のエデイトリアル、基本的なデザインワークが行われています。(写真は、菊池良助、花坊、塩田正幸によるもの)展示された「サコーン」(演奏可能なレコーン。展示中、スコーン=スピーカーが埋め込まれたレコーン、より出力)による∈Y∋・録音演奏音源と、ラガシンゲリ(ragga singeli)のトラックが収録された 7"レコードも同封されています。


書籍名:recone
著者・デザイン:∈Y∋
装幀・編集:高村佳典
写真:菊池良助、花坊、塩田正幸
発行者:伊藤悠
発行所:アイランドジャパン株式会社
体裁:7インチレコード版 36ページ 本文4色(+特色蛍光2色)刷り

∈Y∋ - recone : ZINE+7inch gallery 0∈Y∋ - recone : ZINE+7inch gallery 1∈Y∋ - recone : ZINE+7inch gallery 2
RECOMMENDED新入荷

ASA TONE - Temporary Music : CD

ASA TONE Temporary Music

PLANCHA (JPN)
CD // ARTPL126
---- yen (税込)

ちょっとこれはすばらし過ぎ、、Matthewdavid 主宰のLeaving Recordsからアジアン・ミニマル

RVNG以降のニューエイジ&アンビエントとアジアからの新しい感性の融合2020年代の匂い。ガムランや水琴窟のような調べ、、RAMZIの新しいのなんかと比べてもいいかもです。既に大リピート中! (Shhhhh)

Matthewdavid 主宰の Leaving Records が放つトライバルでスペーシーな極上 サウンド。Young Magic の Melati Malay、100% silk からリリースしている匿 名プロジェクト Kaazi、Human Pitch の創始者でもあるマルチメディア・アーテ ィスト、Tristan Arp による新たなミュージック・プロジェクトがジャカルタで 10 日間で完成させた異形の傑作!

ジャカルタ出身で、Carparkから作品をリリースしているYoung MagicのMelati Malayと、100% silkからリリースしている匿名プロジェクトKaazi、そしてNYのThe Lot Radioではレジデント DJをつとめ、Human Pitchの創始者でもあるマルチメディア・アーティスト、Tristern Arpの3 人が、2018年の1月、Melatiの帰郷の際にジャカルタに集結し、ジャングルに設置した仮設ス タジオで10日間に渡り録音し完成させた作品。
デジタル処理とアナログ処理の両方を取り入れ、バリ伝統の打楽器リンディックや竹製の笛ス リン、アナログ・シンセのMoog Sub 37、エフェクターなど必要最小限の楽器と集合的なヴォ イス、周辺の環境のサウンドで構築されており、一点にフォーカスされているようでありなが ら四方八方から様々な音が降り注ぎ、幻惑的な世界へと導いていく。打楽器やエフェクトのミ ニマルなリズムと音像が、どこか不協和でありながら独特の心地よさと中毒性をもって展開し、 エフェクティヴで艶かしいヴォーカルと折り重なり溶け合う様相に否応なしに引き込まれる。 ガムラン~アンビエント~ミニマル~テクノ~エレクトロニカ~ニュー・エイジまで様々な要 素が高次元で融合した傑作。

RECOMMENDED再入荷

JOSEPHINE FOSTER - Faithful Fairy Harmony : CD

JOSEPHINE FOSTER Faithful Fairy Harmony

FIRE RECORDS (UK)
CD // FIRECD533
---- yen (税込)

JOSEPHINE FOSTERの2018年作、入荷しました

伝説の来日から時が少し経った今も昔も淡々と活動を続けてきたであろうジョセフィンの現時点での最新作。古いオペラとアメリカーナと幽玄なサイケデリア。ギター、ピアノ、オルガン、ハープも自分で演奏するセルフプロデュースアルバム。もちろんフラメンコギターを弾くVictor Herreroも参加。ジャケの通りの彼方からの絵洋書のような、プライヴェートな手紙のような雰囲気も携えながらも、奥には爛々とした意思も感じます。時に羽ばたくような躍動感も。素晴らし、。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

Various - MUSIC ARCHIVES OF WEST AFRICA The 70s In Bouake : CD

素晴らしい、、西アフリカはコートジボワール第2の都市ブアケにおける70年代フィールド・レコーディング音源

近年再発も盛んなSmithsonian FolkwaysやOcoraと並んでスイスのジュネーヴ民族学博物館が所蔵する世界音楽コレクション「AIMP」からの発掘音源集。絶教やパーカッションが絡むようなドキュメント系のフィールドではなく、オーガニック&ミニマルとしか言いようのない天然鎮静作用のアフリカ音楽の"静"にフォーカスした編集でアンビエント作用も。こちらは現時点でCDのみ。こちらもリピート中。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

MOLNBÄR AV JOHN - The End : CD

MOLNBÄR AV JOHN The End

FLAU (JPN)
CD // FLAU58
2750 yen (税込)

異色作!The CaretakerやDIRECTORSOUNDS好きは必聴〜スーパーノスタルジック蓄音機ワールド、ある意味ハードコア。

ビンテージ∞ロウファイ感を突き詰め切った音楽、DIRECTORSOUNDを発掘したMolnbär av Johnの幼少の頃みた夢とは。。 (Shhhhh)

歴史の中に置き去りにされたレコードに新たな息吹を吹き込むレコードの魔術師。Musette、DirectorsoundをリリースするTona Serenadのオーナーにして生粋のレコード・ディガーによるMolnbär av Johnによるヴィンテージ感満載の魅惑のサウンド・コラージュ。

北欧スウェーデンのレコードレーベルTona Serenadのオーナー、アートディレクターにして「レコードの魔術師」の異名をとるJohn Henrikssonのプロジェクト。白夜と極夜のある北極圏近くの田舎町に生まれた少年は、大西洋を渡ってやってきたノイズまみれのラジオとテレビ放送をカセットとVHSでキャプチャーする日々を過ごし、それが現在のプロジェクトMolnbär av John(Cloudberry by John)の基盤となる。リサイクルショップで見つけた45回転レコードをスクリュードさせ、母国スウェーデンの宗教音楽や埃まみれのジャズのループ、おかしなドラミング、ポエトリー・リーディングと共にミックス、ユーモラスなコンポジションと甘美なメロディを新たな輝きと共に現代に甦らせたオブスキュア・イージーリスニング。クラウドベリーのように甘酸っぱいノスタルジーを盟友Musetteによるヴィンテージ感溢れるミキシングでまとめ上げ、Momusとのスプリット作などこれまでにJohnが録り貯めた全てのアーカイヴを網羅した集大成的作品です。
アートワークは「The End」にちなんだセレブリティら人々のスケッチと日常を切り取ったモノクロ写真、Toogが本作に寄せた詩などを封入した豪華アートブック仕様。▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

DIRECTORSOUND - This Side Of Summer : CD

DIRECTORSOUND This Side Of Summer

YACCA (JPN)
CD // YAIP6046
---- yen (税込)

ひっそり出てましたイギリス人1人オーケストラDirectorsoundによる空想音楽集。自身の子どもの生誕からの日々のサウンドトラック仕立て。穏やかさと祝祭感溢れるサウンドスケープ。

ロングセラーで色々なDJプレイリストにも上がっている、前作『Into the Night Blue』(在庫きれらしいです求再発!)はスウェーデンの音の魔術師 ”Musette”ことヨエル・ダネルらを迎えて録音しましたが、本作は再び1人。ギター、ピアノ、アコーディオン、バンジョー、ウクレレ、ツィター、オートハープ、ブズーキ、パーカッションなど、たくさんの生楽器を1人で演奏し多重録音する生粋の職人による、夢見心地な音風景。バレアリック/ニューエイジ的浮遊感よりは、ビンテージでノスタルジック、ミッドセンチュリーともいえる古いラジオから聴こえてくるジャズのような、オールドファッションながらモダンなチェンバー・インストルメンタル。日本のみCD化、レコードも現時点ではないです。野外の森でかけたら最高でしたね。 (Shhhhh)

RECOMMENDED再入荷

VARIOUS - Interspecies Compiration Vol.2 : CDR

浜松発信INTERSPECIES RECORDSレーベルコンピ第2弾!!

楽曲のみならず、楽器や機材開発にも熱い、浜松の凄腕集結レーベルINTERSPECIES RECORDSより、2枚目のコンピレーションCDが到着!前作vol.1に収録のDJ RYOTAのトラックは、海外の最重要パーティに名を連ね日本ではruralにも出演しているイギリスのJANE FITZのプレイリストにも入った。そんなDJ RYOTAを筆頭に各地でのDJも好評のNORIZM、レーベル中心人物Noritaka Itoh、VOLT NUTZ名義でもアルバムをリリースしているMasakazu Hirose、他、各アーティストそれぞれの個性が光る全6トラックを収録。現場でプレイでもリスニングにもオススメです。マスタリングにKABA MIXが担当している曲もあり!各アーティストのこだわりが詰まった1枚です。トラックリストからも是非。 (ヤマ)

Interspecies=種間オーガニックとエレクトリック、アナログとデジタルの融合による進化/深化/新化をコンセプトに掲げたinterspecies recordsの最新レーベルコンピ。その名の通り異種間交雑をすることで非凡な世界観がもたらされた収録曲群は、ジャンルとしてはHOUSE/TECHNOからロービート,ベースミュージック等様々で、その解釈・手法も千差万別かつ個性的だが、明確なコンセプトのもとに集められているため凡庸なコンピレーションとは異なり通して聴くことでその違いを楽しめる。聴くことによってもたらされる感情の起伏は大きく、どれもがオリジナリティーに溢れるスペシャルな曲集となっている。 DJならば幅広いシーンで末長くDJセットに組み込まれる一枚、リスナーならばリピートし続けるだろう愛聴盤となりうる類い稀なコンピレーション。

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

VOLT NATZ - Volt Natz : CD

VOLT NATZ Volt Natz

INTERSPECIES RECORDS (JPN)
CD // ISCD008
1650 yen (税込)

浜松発信INTERSPECIES RECORDSより、MassieとMasakazu HiroseからなるユニットVOLT NATZ待望のCDアルバムがリリース!!

INTERSPECIESのパーティではVJも担当している、実験集団 .sync に所属のMasakazu Hiroseと、山口のアーティストMassieによるユニットVOLT NATZのアルバムです。サンプリングソースに巧みにエフェクトを施して、全く別次元の音を作成して組み立てていくその作曲手法は、正に実験的であり凝りに凝った細かな作業ながら遊び心も効いた、聞き応えのある11トラック。耳をこらして是非! (ヤマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

V.A. - INTERSPECIES Compilation CD Vol.1 ~Aug. 2018~ : CD

浜松から発信する次世代プロジェクトINTERSPECIES RECORDSからのコンピレーションCD.

浜松発のINTERSPECIES RECORDSは、DJ、トラックメイカー、エンジニア、映像クリエーターが達が集結し、パーティ開催から、音源制作、機材開発までを計画している、今どんどんと勢いを増しているミュージックレーベル。浜松の老舗Planet Cafeでのレギュラーパーティ他、昨年は豊橋En BeachでのVOODOOHOPパーティ開催でも、大きな盛り上がりを見せていました。今作はレーベルアーティストによるコンピレーションCDとなっています。フロアユースのトラックから、ダウンテンポ。音響ものまで、幅広く楽しめる1枚となっています。 (ヤマ)

INTERSPECIES RECORDS

オーガニックとエレクトリック,アナログとデジタル(TAPE/RECORDとデータ配信)の
融合と進化/深化/新化をコンセプトに,アーティスト(Track Maker, DJ, etc..) のみならず,電子楽器エンジニア,空間音響エンジニア,サウンドデザイナー,映像クリエイターなど,”音” と "空間" に関わる有りと凡ゆる分野に精通したスペシャリストを集結させた, 浜松から世界に向けて発信する次世代のミュージックレーベル。

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

LORI SCACCO - Circus : CD

LORI SCACCO Circus

PLANCHA (JPN)
CD // ARTPL-058
---- yen (税込)

知る人ぞ知る黄昏の名作。PREFUSE 73ことGuillermo Scott Herren主宰のレーベル、Eastern Developmentsからひっそりとリリースされ語り継がれている一枚。

時が経っても永遠に聴き続けるであろう、知る人ぞ知る1枚。2004年にひっそりと発表されて何度目かの再発でこの度またお届けできるのが嬉し。何かの予言のような雰囲気ではあるが、結局似たような作品があるようでないです。 (Shhhhh)

2004年にPREFUSE 73ことGuillermo Scott Herren主宰のレーベル、Eastern DevelopmentsからリリースされていたLori Scaccoのソロ作品。必要最小限のアコースティックな音色とナチュラルな残響の音の行間から麗しく芳醇なアトモスフィアが漂う美しく静謐でタイムレスな名作。

RECOMMENDED再入荷

1〜20件 / 全106件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×