menu & search

41〜60件 / 全2481件

< Back   Next >

VARIOUS - Tanga - Madagascar: Tanga - Le Tresor Des Ancetres : CD

高度で感覚的、跳躍リズム、ポリフォニーの驚異の演奏力を持つギター音楽の伝統が根付く、(映画ギターマダガスカルでも取り上げられた)特別な音楽の島マダガスカルの素晴らしい音源が到着。セブ湖やチベットの民族音楽等々で当店数々のベストセラーを誇る、フィールド・レコーディング信頼のボリス・レロンが監修。超リズム感覚。圧倒的な音楽、歌のパワー。素晴らしいです。SHHHHHにコメントもらいました。: マダガスカル: タンガ〜受け継がれていくもの

フィリピン、セブ湖の少数民族のティボリ族やインドのラダックへ逃れた亡命チベット人たちによる素朴な労働歌、祭儀歌、そして生活音など。2000年代以降のワールド・ミュージックでも屈指の名盤を出してくれたフランスはサン・ドニに拠点を置くNGO団体「アルタミラ」からの数年に一度の贈り物。今回はマダガスカルは南の高地に住む、ベトシレオ人のタンガ一家による演奏+その生活音です。一家による高速ダンス・ミュージック、ポリフォニーコーラスと弦楽器アンサンブル(ギター、カボシー、カララカ、バシスタ、ハーモニカ...)甲高く素朴な子どもたちの歌とメロディがひたすら美しく、まだ見ぬ現地へ優しくトリップさせてくれる、相変わらずシネマティックな魅力に溢れた盤です。ブックレットの写真も素晴らしい。録音はもちろんアンビエント作家、ボリス・ルロン。
動画と合わせてどうぞ。 (SHHHHH)

soundcloud
RECOMMENDED再入荷

SYNTH SISTERS - aube : CD

SYNTH SISTERS aube

DOVAILIFE (JPN)
CD // DVL.007
2200 yen (税込)

【再ストック!!!】CROSSBREDの二人の変名SYNTH SISTERS。新たな境地。素晴らしいと思いますよ。是非!

SYNTH SISTERS。CDリリース。空想的、幻想的な音の世界が繰り広げられる。TOKIO AOYAMAの絵はそのワンシーンのようであり。ポジティヴなエネルギーに溢れてます。開かれる。音の鋭利さはKABAMIX仕立てならでは。素晴らしいと思います。 (サイトウ)

*ORGANIC MUSIC/DISCO SESSIONのCHEE清水氏主宰の17853 RECORDSからアナログ・リリースされることになる名作!最終ストックです。

▼△SYNTH SISTERS△▼

CROSSBRED (RIE LAMBDOLL & MAYUKo)の2人が2007年より密かに活動、CD-Rでのリリースをしている変名ユニット。
神秘的な旋律と反復するGROOVE、何処までも拡張する瞑想空間。CROSSBREDで見られる2人独特の世界観はそのままに、5台のシンセサイザーと声のみで構成された70’sシンセプログレを彷彿させるサイケデリカル・シンセ・ドローン。

2014年6月6日、自主レーベルdovailifeよりSYNTH SISTERSとしては初のアルバムになる「aube」をリリース。
2人にとって思い入れの深い大先輩でもある 故AUBE中嶋昭文氏に向けたオマージュ的作品となっている。
ジャケには画家のTOKIO AOYAMA氏による描き下ろし、hirokichillのデザインを起用。 レコーディング、マスタリングはお馴染みKABAMIX。


▽▲Comment△▼

「ブレードランナー」ラストシーンにて、ブレードランナー・デッカードが、レプリカント・レイチェルと、朝日に向かい走り去る中、ヴァンゲリスによるテーマが流れれば、このSynthsistersの作品は、そのラストシーンより始まる、新たなアンドロイドの夢物語の如し。2人の女性アンドロイドによる有機的機械音、白日夢のような手触りのパルス、体温の如く生温かき電子音のうねり、その電子音群の隙間より伺える息遣い。そして曲が進むごとに、アドロイドの紡ぎ出す夢が、脳内に迷宮に広がるのを、唯只無言にて手を差し伸べ誘(いざな)うばかり。
河端一(Acid Mothers Temple)

女性らしいフィーリングに美しく研ぎすまされた音像と静的で水中を漂うようなせめぎ合いが描かれています。彼女達の新たな記録。
DJ NOBU (FUTURE TERROR)

人間言葉はいらないんだな。ひとり1台シンセサイザーで通じ和えるんだ、と思いました。SYNTH SISTERSとは昔、深海で出会った気がしました。ありがとう。
YOSHIMIO (BOREDOMS/OOIOO)

夜明けに響くフェミニンなコスミッシェ・ムジーク、あるいはセクシーなクラウス・シュルツェ
Satoru Higashiseto(Forever Records)


湿度の高いニューエイジ・シンセサイザー世界にじんわりと包まれ漂いながら、鼓膜を通じてイマジナリーな脳内スペースへとコミュニュケーションを行き来させております。子宮内的宇宙な非常に女性的な体温と質感の音の感触が、お二人の個性として存分に伝わってきますね。
COMPUMA

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

BERNARD FORT - L’orage / Soundscapes Of Storms : CD

フィールドレコーディング電子音楽の名録音技師、Bernard Fortの2016年新作が、フランス信頼の民族音楽・世界音楽レーベルFREMEAUX & ASSOCIESから届けられた。今作のテーマは「雷鳴」。細部にわたる繊細緻密な驚異と迫力の音響、優雅で気品に満ち満ちた夏の午後や夜の雷を伴う夕立(嵐)の情景をサウダージな世界観までもを感じさせてくれながら、ひとつの音響作品として完成させた秀逸なるサンダー・サウンドスケープ集。天然自然の超絶エレクトロニック電子音楽。ご期待ください。

彼自身が長年にわたり魅了され続けてきた雷をテーマに、技術と機材の粋を尽くして集音採取録音した入魂の11トラックを収録。夏場の夕立前の遠雷と虫のセッションの1曲目「Distant storm, insects’ song(5:26)」にはじまり、少しずつ雷が近づき雨が降り出す様子を臨場感溢れる音響作品として秀逸に作り上げた2曲目「Approaching storm, insects’ song(4:37)」3曲目「Close storm, beginning of rain(7:35)」(sample1)、そして、涼しさまでもが伝わってくるかのようなどしゃぶりの雨とサンダー!!!な4曲目「Distant storm, heavy rain(5:17)」(sample2)、そして、雨がやみ雷も遠く離れて行く5曲目「Distant storm, end of rain(7:47)」6曲目「Receding storm without rain(5:55)」、更には、情緒あふれる雷鳴と虫の音の淡い情景を優雅に記録した傑作7曲目「Approaching storm, no rain(9:53)」(sample3)雷鳴をミュートしたような不思議でユニークな音響効果の8曲目「Muted strom, returning rain(7:45)」、森の奥深く徐々に激しくなり雨雷共にピークを迎える臨場感溢れるスコール的な9曲目「Close storm, beginning of rain(8:49)」10曲目「Close storm, heavy rain(4:58)」11曲目「Very close storm, very heavy rain(6:57)」の全11曲を収録。名録音技師Bernard Fortのセンスと技術とロケーションの粋が三つ巴で合致した素晴らしいフィールドレコーディング傑作。もちろんリラクゼーションにも最適。トラックリストからもどうぞ。信頼のフランス民族音楽・世界音楽の名レーベルFREMEAUX & ASSOCIESのフィールドレコーディング・シリーズからの2016年最新リリース。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

BERNARD FORT - LES CONCERTS DE LA NUIT : 2CD

数々の傑作でおなじみの名録音技師Bernard Fortが1997年に手掛けた名作の完全版となる全9トラック入りの2枚組CD「夜のコンサート」が遂に入荷いたしました。当店でも好評いただいている4トラック収録の編集盤「Nocturns Du Monde」も最高ですが、より多彩な夜の調べを満喫できるこの2CDも当然ながら大推薦とさせていただきます。

編集盤「Nocturns Du Monde(世界の夜のコンサート)」に収録されていた4トラックすべて、アンビエント・エレクトロニクス上質な電子音楽作品にさえ聞こえてくるような美しさに溢れたサイレンス・ミニマルな奇跡的録音「アフリカ・ケニアの夜(1997年・10’57”)」)はCD2_5曲目(sample1)に、電子音楽にも聞こえてくる味わい深い様々な虫の音や、遠くで鳴るエレクトロニクス・ショックな自然のリアルな電子音とも呼べる雷などが夜の静寂の中に響きわたる「南フランス南東部プロヴァンスの夜(1997年・31’10”)はCD1_1曲目、「フランス東部ドンブ地方湖畔の夜(1996年・12’13”)」での蛙達の合唱はCD2_2曲目に、遠くから聞こえる蛙達のコンサートを背景に、鳥や虫達の合いの手的な間合いのミニマルな響きが浸透する「ルーマニアのドナウ川デルタ地帯の夜(1997年・19’23”)」はCD2_4曲目(sample2)に収録されており、さらにはこの2枚組でしか聞くことのできない、、、穏やかな波の音にも癒される、鳥と虫達による穏やかな調べのCD1_2「イタリア・エルバ島の晴夜(1998年・11:09)」(sample3)、CD1_3「フランス・プロヴァンスの夜(2000年・13:17)」、沼のほとりの鳥達の生態に静かにリフレッシュされるCD1_4「カナダの森の夜明け前(1995年・12:38)」、CD2_1「イタリア半島の西、サルデーニャ島の闇夜(2000年・14:30)」、CD2_3「フランス北西部、ブルターニュ地域の夕暮れ(2000年・12:51)」という各地での5ポイントを合わせた、ヨーロッパはフランス、イタリア・ルーマニア、アフリカ・ケニア、そして北アメリカ大陸カナダでの1996-2000年に採取された全9ポイントでの穏やかな美しさに満ち溢れた夜行性動物達の生息コミュニケーションの音による記録が収録されている。名録音技師Bernard Fortのセンスと技術とロケーションが三つ巴で合致した素晴らしいフィールドレコーディング作品。もちろんリラクゼーションにも最適。トラックリストからもどうぞ。もちろん信頼のフランス民族音楽・世界音楽の名レーベルFREMEAUX & ASSOCIESのフィールドレコーディング・シリーズからのリリース。2016年、当店初入荷作品。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

TERRE THAEMLITZ - Tranquilizer : CD

TERRE THAEMLITZ Tranquilizer

Instinct (US)
CD // EX283CD
2290 yen (税込)

Terre Thaemlitz、94年衝撃アンビエント・デビュー作!

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

VISIBLE CLOAKS - Lex : CD

VISIBLE CLOAKS Lex

RVNG intl. / Scent (JPN)
CD // SCIPi-9503
2376 yen (税込)

【再ストック】VISIBLE CLOAKS(ヴィジブル・クロークス)待望の新作! エレクトロニックの色彩、ニューエイジの理想郷現代アンビエントの大傑作『Reassemblage』につづく新作が限定数で国内CD化 !ツアー会場と店舗限定で発売となる日本盤限定CD。

同2017年のはじめに発表した『Reassemblage』は、坂本龍一とOneohtrix Point Neverの心をもち、極彩色のエレクトロニックの海にニューエイジゆずりのユートピアな静けさが流れた、現代アンビエントの大傑作。Pitchforkにて”BEST NEW MUSIC”に選出され、Resident Advisorでは”Recommends”を獲得し、Factから”2017年春のベスト25″と評され、ここ日本でもひろがりをもった注目を受け、世界中の目と耳に留まることとなりました。そんな彼らが早くもEPをリリースします。『Reassemblage』では、Yellow Magic Orchestraが開拓したアヴァンギャルドな音への冒険心そのままに、敬愛する80年代〜90年代はじめの日本とイタリアの電子ポップやアンビエントをふまえ、演奏やサンプルをMIDIへ変換するマジックや、空間と音のあり方を研究し、あらゆる要素で合成された第4世界を描きました。とりわけ印象的だったのはdip in the poolの甲田益也子による声をつかった曲でしたが、『Lex』ではさらにその”声”の試みがつづきます。冒頭から聞こえるこの異星人のような声は、メンバーのSpencer Doranが翻訳ソフトで生成したもの。いくつもの方言とアクセントを駆使して、進化した場所と空間をみせてくれます。この音楽と一体のアートワークやビジュアルは、前作から引きつづきBrenna Murphyが担当し、この2組によって短編映画「Permutate Lex」も制作されました。『Reassemblage』と『Lex』の素材から拡張させた音楽に、生き生きとした人類の平和な未来が映る一大物語です。『Lex』は通常の12″としてリリースされるほか、日本語帯とオーディオ版「Permutate Lex」を加えたCD版が、日本を主に世界中の限られたショップや地域、ツアー先だけで入手可能。

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

K.E.I. - Relaxing Mix For Sleeping : CD

K.E.I. Relaxing Mix For Sleeping

(JPN)
CD //
1500 yen (税込)

代官山のサロンOOO YYのカリスマディレクターであり、ハードコア・ニューウェーブパンクバンドVOVIVAVのベーシスト、そしてDJとしても活動を広げているDJ K.E.IのNEW MIXが到着!!!

ヘアーメイクディレクターとして、大きなシーンの中で一目置かれている大きな存在であり、ミュージシャン、DJとしても様々なパーティーで活躍をする、異才K.E.I.のアンビエントMIXが到着。フィールドレコーディング、民俗音楽、現代音楽、エクスペリメンタルミュージック等を、独創的にセンスよくセレクト、コラージュされた、アーティスティック且つ刺激的なな1枚。奇想宇宙への旅へ。 (ヤマ)

PsychedelicなAmbient DJ mix!自然音や水の音〜鳥類や動物の声〜ジャンク民族〜現代音楽〜インダストリアル〜宇宙まで♪治癒効果があり且つ脳刺激のシャーマニックな音像!まったりした時間をGETして下さいませ!(K.E.I.)

soundcloud
RECOMMENDED再入荷

LIL' MOFO - Romance And Adventure : MIX-CD

LIL' MOFO Romance And Adventure

BLACK SMOKER (JPN)
MIX-CD // BSMX-065
1620 yen (税込)

フィメール・アーティスト集団・WAGの第3のベティー、都内の由緒ある各ミュージック・ラヴァーな名店などでも耳の肥えた大人たちを唸らせてきたLIL' MOFOによる最新ミックスは、現在ロンドン南東部に漂着しWILL BANKHEADとか重要人物とも交流したり、”The Brown Derby”や”Montague Arms”といったローカルのパブや人気の”NTS Radio”などで選曲活動に励んでいるLIL' MOFOちゃんから届いた、インダストリアル〜ラガ/ロウハウス、ポストレイヴetc.の

不穏なダークマターに吸い込まれそうな緊張感にはじまり、EKOPLEKS〜BENEATH、OBJEKTなどのロンドンのヘッズの心を掴む序盤から、GREEN VELVETまで飛び出しつつも一貫したヤンチャ具合で楽しめる、スリリングなミックスアップ!そして、奇遇にも先ごろ帰らぬ人となってしまった偉大な音楽家・プリンス殿下の”Let's Go Crazy”の冒頭の台詞「愛する者たちよ、我々が今日ここに集まったのは”人生”と呼ばれるこの出来事を共に過ごすためである。。。」がループするオールドスクールな(sample3)トラックで余韻もバッチリ!今回も流石、仲間とワイワイしながらもオススメです。 (DNT)

「遠い国からやってきたミックスは俺に新しくもあり、懐かしくもある刺激をもたらしてくれた。まるで薄暗いクラブに居る感覚。顔馴染みも居れば全く知らないヤツからジョイントが回ってくるあの感じ。海外で遊んでたら分かるだろ?知らない街の夜へと外出したくなる衝動。世界にはまだロマンがある。そうだろ?(BLUE BERRY / Think Tank) 」

■■■■■■■■■ COMMENT ■■■■■■■■■ mo foは普通の人が一周回って辿り着くような深みのある場所に最初からいた。音楽を随分聴きすぎたおっさんたちがハマるような渋い音楽を出会った当初からやっていて、私はそんな若きMO FOのやることにいつも唸らされていた。デザインやってもイラスト描いても最高だし、機材でLIVEする私の隣でスピーカーに向かってギターをかき鳴らして手を血だらけにさせたりもしてた。かっこよさと優しさと渋さと頑固さと反抗心と…彼女は本当にいろんな顔を持っている。いろんなMFの顔を見てきたけど、今回のは私が知ってるようで知らなかった扉が開いてる気がする。きっとMFに会わなかった間に積み重ねた実力と味がさらにプラスされて、ヒリヒリでギリギリの美しさとたくましさがすごくて、頭が焦げ付きそうになってくる。すごくパワフルなMF汁出てる!もう一体何周したら気がすむの?って感じだけど、これも彼女の顔のひとつだから、絶対チェックしといたほうがいいやつ。(KLEPTOMANIAC) ■LIL' MOFO 1987年東京生まれ。夜と音楽の逢瀬における、人の悲喜こもごもにロマンを追い続けるセレクター。現在パブでレコードをかけながらロンドン南東部に漂流中。

RECOMMENDED再入荷

KINK GONG - KINK GONG: Tibetan Buddhism Trip : CD

当店でも人気のSublime Frequencies、Ethnic Minorityシリーズへ音源を提供しているフランスのフィールドレコーディング作家Laurent JeanneauによるKINK GONG名義の最新リリースは、チベット密教のマントラ、中国雲南のトランシーなゴングやベルを現地録音、そして、そこに妄想力のサイケデリック&トリップ感覚で微妙にプロセッシング&加工コラージュしたKINK GONGならではの類いまれなフィールドレコーディング特殊疑似民族音楽トリッピン・ミュージックの名品が誕生してい

江利チエミ、スリランカ、カンボジアのレア音源発掘名仕事でおなじみフランス注目の名レーベルAkuphoneからのCDリリース。「Tiberan Buddhism Trip」パート1とパート2。DLコードには、アルバム音源+ブリストルでのライブ音源+貴重写真付き。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

NICOLA CRUZ - Prender El Alma : CD

NICOLA CRUZ Prender El Alma

CALENTITO (JPN)
CD // CLTCD-2067
2200 yen (税込)

[日本盤CD入荷しました] エクアドルの首都・キトを拠点とするエレクトロニック・フォーク・アーティスト・NICOLA CRUZ、アンデスの魂を電子機材に宿したモダン・エレクトロニックとフォルクローレを邂逅させた珠玉のデヴューアルバム。

'12年、NICOLAS JAARの〈OTHER PEOPLE〉の前身となったレーベル〈CLOWN & SUNSET〉からリリースされたキューブ型のメモリースティック・コンピレーション”Don't Break My Love”に参加し話題となり、〈RHYTHM AND ROOTS〉の鳥コンピレーション”A Guide To The Birdsong Of South America”や、〈MULTI CULTI〉のボックス・コンピレーションにもトラックを提供し、ソナーフェスティバルをはじめとする欧州各地のギグから初となる北米ツアーを成功に収めたエクアドルのプロデューサー・NICOLA CRUZによる、〈ZZK〉から'15年にリリースされたデヴューアルバム「Prender El Alma」。アンデス伝統音楽の偉人・エンリケ=マレスからインスピレーションされつつ、フォルクローレと電子音楽の有機的な交配を試みた全10曲アルバム。古くからの仲間でもある地元の女性シンガー・WARYA UKAY (HUAIRA)の祝祭チャント”Equinoccio”、TANYA SANCHEZ RIBADENEIRAのスピリチュアルな”Cocha Runa”などもハイライトを飾ります。 (DNT)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

TEMPELHOF & GIGI MASIN - Hoshi : CD

TEMPELHOF & GIGI MASIN Hoshi

HELL YEAH (GER)
CD // CLTCD-2042
2484 yen (税込)

絶好調の〈Hell Yeah〉最新盤、再評価の機運高まるアンビエント巨匠・GIGI MASINを迎え入れ完成させたコラボレーション・アルバム「星」、全10曲収録。

〈Music For Memory〉からの再発リマスタリング・コンピレーションも記憶に新しい、イタリアのアンビエント界の巨匠コンポーザーのGIGI MASINが、〈AFICIONADO〉や〈HELL YEAH〉からリリースするイタリアン・デュオ・TEMPELHOFと共同制作したアルバムを発表!86年のデヴュー作にして傑作アルバム「Wind」、その後THIS HEATのCHARLES HAYWARDとのスプリット盤に収録された曲”Cloud”は、BJORK、TO ROCOCO ROTらにサンプリングされ、昨年、同ネタのMOOMINによるハウスバージョンが出回り、いまなおアンビエント・クラシックとして色褪せず親しまれている。雄大に横たわった静寂が時間そのものを包み込み、深く呼吸するように紡がれる流麗な演奏とテクノロジーの融和。リスニングにはもちろん野外などのディープなチルアウトにもオススメです! (DNT)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

TEMPELHOF & GIGI MASIN - Tsuki : CD

TEMPELHOF & GIGI MASIN Tsuki

HELL YEAH (JPN)
CD // CLTCD-2054
2484 yen (税込)

ニューエイジ〜ポストクラシカル、バレアリックなどの方面から再評価高まるイタリアのアンビエント界の巨匠コンポーザー・GIGI MASIN、〈HELL YEAH〉からリリースするイタリアン・デュオ・TEMPELHOFと共同制作した'14年のアルバム作品「星」の対となる続編「月」。国内盤

〈MUSIC FOR MEMORY〉からの再発リマスタリング・コンピレーション「Talk To The Sea」を皮切りに、’86年のデヴューにして傑作アルバム「Wind」に続いてとうとうリイシューされた、〈SUB ROSA〉から’89年にリリースされたTHIS HEATのCHARLES HAYWARDとのスプリット盤「Les Nouvelles Musiques De Chambre Volume.2」に収録された楽曲”Clouds”が、BJORKやNUJABES、TO ROCOCO ROTにサンプリングされたことで、いまなおアンビエント・クラシックとして色褪せず親しまれ、あたらしい世代から広く知られるようになったイタリアのアンビエント界の巨匠コンポーザー・GIGI MASINが、〈AFICIONADO〉や〈HELL YEAH〉からリリースするイタリアン・デュオ・TEMPELHOFと共同制作した’16年アルバム「月」、国内盤CDもストックしました!冒頭、”Clouds”の2016年ヴァージョン”Tuvalu”、そしてヴァイナルには未収録のボーナス・トラック”Dryangle (Instrumental)”も加わった、全10曲入りCD盤。 (DNT)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

VA - Multi Culti Japan : CD

VA Multi Culti Japan

Multi Culti / calentito (JPN)
CD // MCLP001
2268 yen (税込)

初来日公演で、各地にVoodoohopの衝撃と余韻を残していったブラジル・サンパウロの新世代DJ、Thomashのシングルをリリースした、2013年に発足された大注目の新興レーベルMulti Cultiの名刺代わりのショウケース・コンピレーションが遂にリリース!(これがもうホント好き者には最高スギナンデス。)

じんわりと少しずつ、気がつくと、いつの間にかVoodooHopなジャングルの奥地の摩訶不思議な妙チキリンなサイケデリック・ゾーンへと導かれてしまっているかのような1曲目導入のThomash「Field Recordings in Minas Gerais」(sample1)にはじまり、辿り着いた村での歓迎のダンスかと思われるような、クイーカがユニークにファンキーに乱舞する2曲目Xanga「Mi Gusta Mi Cuica」(sample2)、その後も南米のリズムが独自に現在のダンス・ミュージックとエレクトロニックと折衷したかのような不思議なバランスの湿度の高い粘着力のあるミニマルでイマジナリーな激しくも静かでもないユニークで絶妙なテンションのグルーヴの楽曲が続き、密林探索がストーリーテリングされていく。5曲目では、Kalabreseによる施しがマッドに秀逸なCrowdpleaser「Nenekri」(sample3)、終盤には、おそらくこれまでは未発表と思われる、当店newtoneでも大ヒットしたMickey Moonlightによるサン・ラの名曲トロピカル・ディスコ・カヴァー「Interplanetary Music」のソフト・サイケデリックなDUBヴァージョンまでが登場する。レーベルがこれまでにリリースした4枚のシングルからのハイライト楽曲、今後リリース予定の楽曲、未発表の貴重なエクスクルーシヴ曲などを織り交ぜた全12トラック。CDのみのリリース。リストからもぜひともどうぞ。 (コンピューマ)


▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

TERRE THAEMLITZ - Deproduction 不産主義 : SD CARD

TERRE THAEMLITZ Deproduction 不産主義

COMATONSE (JPN)
SD CARD // C.027
---- yen (税込)

テーリ・テムリッツ氏の新作「Deproduction 不産主義」。86分の映像作品と、PDFテキスト、2つの長編のサウンドファイル、ボーナスのピアノ・ソロ、DJ Sprinklesの2つのリミックスのデジタルのオーディオ・ファイルを収録したSD CARDと10枚のカードがセットになったマルチメディア・アルバム。

「オーディオ、テクスト、ビデオを用いるマルチメディア・プロジェクト『不産主義』でテーリ・テムリッツは、家族という西洋人間主義的な概念の背後にある厄介で不快で偽善的な権力の力学を、そしてそれがグローバリゼーションのプロセスを通してどのように国際的に機能するかを探究する。」この作品へのテキスト要約版と音のサンプルを単体ページに掲載しているので是非目を通してください。映像で視覚的に体験し、テキストを考えるのもいいと思うし、完全に音の世界に浸るのも良いと思います。ちょっと長めにとった試聴sample1じっくり意識を傾けてみてください。「音で表現する」ということへのテーリさんの向き合い方に打たれるたれます。大作。作品であり問題提起。(こちらの作品は、国内送料無料でお送りできます。) (サイトウ)

RECOMMENDED再入荷

FINIS AFRICAE - Amazonia : LP

FINIS AFRICAE Amazonia

EM RECORDS (JPN)
LP // EM1148LP
2700 yen (税込)

【こちらもリプレス】スペインのNEW WAVE〜バレアリック〜NEW AGE〜プログレッシヴ・ミュージックの奇跡、フィニス・アフリカエの最高傑作を数々のご要望にお応えして単独発売。ひたすら浸るスピリチュアルでアフロでアンビエントなオーガニック・サウンド!!!

スペイン産バレアリックサウンドのキーワードの一つでもあるJAVIER BERGIAも在籍していたFINIS AFRICAE。1990年にリリースされたアルバム「Amazonia」。フィールドレコーディングも使用したエキゾチック、想像的なサウンド! (サイトウ)

『ホワン・アルベルト・アルテシェ・グエルが80年代初頭にスペインで組織した固定メンバーを持たないグループ、フィニス・アフリカエは作品性を重視したスタジオ・プロジェクトであり、中でも『アマゾニア』(90 年)はその極北に立つ名盤である。かつて読んだコナン・ドイルの冒険小説に端を発し、ホワン・アルベルトが脳内で巡った空想上の秘境アマゾンを音に描くという「サウンド・スケープを展開。80年代後半、アルテシェは自宅スタジオ機材を16トラックにアップグレードし、それまでアルバム2作で試していた手法は完成の域に達した。沢山のヨーロッパやアフリカの楽器を操って大半を一人で多重録音し、風雨、鳥や虫や生き物の自然音を組み合わせて制作したこの『アマゾニア』は、ミステリアスな雰囲気と神秘的な気配を見事に表現。彼独特の有機的なグルーヴ感覚も非常に心地よい、最果ての地、未知の場所という「フィニス」その名にふさわしい代表作となった。』

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

SUGAI KEN - 時子音-Tokishine : CD

SUGAI KEN 時子音-Tokishine

FREED (JPN)
CD // FREED-006
1890 yen (税込)

和製エミリオ・アロ!?日本人クリエイター、SUGAI KEN。

2013年末にJuzu aka MOOCHY主催"OnenessMeeting"で出会って今作を渡され、その内容に驚かされ配給のお手伝いを申し出ました。 東京のクリエイター、スガイ・ケン氏の紡ぎ出す摩訶不思議でネオ・ハポニスモなサウンドスケープ。 アルゼンチン諸作がフォルクローレや南米の自然から奏でられるように、今作"時子音-TOKISHINE"は幽玄な日本人的叙情/アニミズムによる空間性で脳髄と記憶を刺激されました。 DJ DISCHARGEも大絶賛のNuアンビエント/和ドローン!すでにdublabやアルゼンチンのエミリオ・アロ本人からもメンションがあったようです。さらりとあちら側へ。 (Shhhhh)

RECOMMENDED再入荷

SUGAI KEN - 只 -Tada- : CD

SUGAI KEN 只 -Tada-

SUGAI KEN (JPN)
CD // SGKN-001
1620 yen (税込)

時空を超えたサウンドスケープ、21世紀のジャポニズム
静寂∞空間∞木々を行き来するアンビエント亜種
日本人クリエイター、スガイ・ケンによるフィールド・エレクトロニクス・ミュージック

DJ SHHHHHに紹介してもらった1STも素晴らしかったSUGAI KEN、新作ミニアルバム「只」。ミニマルや現代音楽、電子音楽を消化している世代の、和、アジアのアイデンティティのアンビエント・ミュージック。神々や妖怪の密かに佇むいにしえの神秘性、不思議な空気感を見事に織り込んでいると思います。日本版、MONO FONTANA的なサウンドスケープがあったり、アンビエントの枠には収まりきらないようなTERRY RILEYへのオマージュ的な曲もあったりして、オススメのエレクトロニック・ミュージック、ディープなエンターテイメントです。 (サイトウ)

●前作、時子音-ToKiShiNe-は"エレクトロニカ"的な音色をあえて用いず、日本的感性の叙情と記憶、アニミズム的サウンドスケープを電子音楽に落とし込みオリジナルな世界観を創出。発売後もじわじわ評判を呼び、一部のクリエイターやバイヤーに絶賛され、L.Aやブエノスアイレスからもリアクションがありました。
●今作もそのオリジナルな音世界をさらに突き詰めた待望の新作です。
~竹藪の幽玄性、とあるお寺の堂内で聴いた笙の音、石や植物という"静"と水という"動"の対比、ホラ貝の中の水滴音、曜変天目茶碗の柄"~(本人の創作ノートより)といったイメージを落とし込んだ4トラック+リミックス1曲。それぞれ彼が録音機を携え、旅で得たインスピレーションから生み出された電子音楽。時空と記憶をエレクトロニクスで超越した、アミニズム的アンビエントの傑作です。

歴史ある神社の境内に足を踏み入れた瞬間、遥か昔の誰かの気配が伝わってきたり、かつてそこで鳴っていたものだろう囃子が聴こえてくることがある。もちろんその感覚は錯覚に過ぎないのだけれど、そうやって特定の空間が音や気配を記録しているように感じられることがある。SUGAI KENの作品を聴いていて蘇ったのはそういう感覚だ。竹薮や庭園、寺の境内などさまざまな空間で得られたインスピレーションが、ここには電子音やフィールドレコーディング音によって形となっている。音を通して、空間が、気配が蘇る 。日本列島の風土が育んだ天然のミニマル・ダブであり、いまだ誰も聴いたことのないミュジーク・コンクレート。ノスタルジックでもなければ過剰に美化されてもいない<日本の音>。ただただ、素晴らしい。(大石始 / ライター,エディター)

RECOMMENDED再入荷

LARAAJI - Bring On The Sun : 2CD

LARAAJI Bring On The Sun

ALL SAINTS (UK)
2CD // WAST054CD
1890 yen (税込)

恍惚の境地!!!Laraaji による神秘的メディテーショナル桃源郷な新作「Bring On The Sun」がアンビエント老舗名門All Saintよりリリースされた!!!CDは2枚組、ボーナスディスクdisc-2には、12分越えの初CD化アンビエント静謐ドローン秀作「Sun Gong」No.1 & 2を収録。

Brian Eno や Harold Budd のリリースで知られる名門レーベル All Saintsから、Eno や細野晴臣とのコラボでも知られるレジェンド電子チター奏者 Laraajiの新作がリリースされた。Peaking Lights や Flaming Lips の仕事で知られる Davey Jewell がレコーディング、Carlos Nino がミックスを担当した、何もおこらない恍惚の境地、瞑想アンビエント桃源郷な美しき傑作となっている。フォーキーでインド古典音楽なアプローチも新鮮に浸透する。disc-2「Sun Gong」No.1 & 2は、ブッディズム涅槃。もはやトランス。知覚の扉。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

CHET ATKINS - Chet Atkins In Hollywood + The Other Chet Atkins (2 Lp On 1 Cd) : CD

世代を超えて影響を与え続けている名ギタリスト、チェット・アトキンスのドリーミーなギター至芸と、控えめムーディーでアダルティなアンサンブル演奏にグッとくるDennis Farnon指揮オーケストラとの洗練品格の紳士の嗜み的名盤「Chet Atkins In Hollywood」の12曲、そして、

軽やかでラテンタッチ気品のフィーリンやボレーロ的ムードも感じられる「The Other Chet Atkins」の12曲の2枚の名作LPを1枚のCDにまとめたカップリングCD。もちろん全曲24bitデジタルリマスタリング2013年復刻盤。現代としてのCDで聞くイージーリスニング視点での心地よい音響となっているのも素晴らしい。偉大なるミュージシャンシップとアンサンブルによる独創性と創造力の録音の賜物によるイマジナリーでドリーミー&リラクシンなイージーリスニング・ムード音楽最高峰。夢見心地。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

VA - GROENLAND : CD

VA GROENLAND

FREMEAUX & ASSOCIES (FRA)
CD // FA665
---- yen (税込)

信頼のフランス民族音楽・世界音楽の名レーベルFREMEAUX & ASSOCIESのフィールドレコーディング・シリーズ「北極圏デンマーク・グリーンランド編」無限の静けさの中でピュアでイマジナリーな自然音の広がりが心地よすぎる。

世界で最も重要な自然公演のひとつでもあり、島内のほとんどが分厚い氷に包まれた、そして地理的にも孤立した驚異の大自然環境ならではの野生生物達の息づかいと風のささやき、氷の息吹、吹雪までもが感じとれる雄大な44分44秒の自然コンサート(少し遠景からの録音も非常に効果を発揮しているようです)、そして、オオカミ、ガチョウ、ライチョウなど20種類にもおよぶ貴重な生物達の鳴き声も存分にお楽しみください。Oliver Gilg、Brigitte Sabard、Pierre Huguet、Jacques Losetという4人の音響技師による録音。リラクゼーションとしても秀逸。1995年作。当店2016年初入荷。 (コンピューマ)

RECOMMENDED再入荷

41〜60件 / 全2481件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×