menu & search

141〜160件 / 全2456件

< Back   Next >

OREN AMBARCHI - Quixotism : CD

OREN AMBARCHI Quixotism

EDITIONS MEGO (AUT)
CD // EMEGO 202CD
---- yen (税込)

ここのところ多岐にわたり精力的な活動が続くオーストラリアを代表するサウンドアート・ギタリストOren AmbarchiのEditions Megoからの最新アルバムが届いた。なんと5曲目「Quixotism(Part5)」(sample3)では、日本を代表するタブラ奏者U-zhaanとのセッションも収録。全曲参加のThomas Brinkmannのエレクトロニクス・ミニマルが効いている。

ケルン、アイスランド・レイキャヴィーク、メルボルン、ロンドン、ロサンゼルス、東京などでセッション録音された、Thomas Brinkmann、Jim O’rourke、John Tibury、U-zhaanら世界各地の重要アーチスト達とのコラボレーション作全5トラック。 壮大な全5パートにもおよぶアカデミック・ミニマル・エレクトロニクスの淡々としたリズムと交錯する具体音やタブラ、ノイズなどとの気品と実験精神に満ちた音像に惹き込まれうっとりする。Rashad Becker & Dubplate + Masteringによるマスタリング仕事。大推薦。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

CATHERINE CHRISTER HENNIX - Central Palace Music from 100 Model Subjects For Hegikan Roku : CD

ラ・モンテ・ヤング、そしてインド古典音楽のラーガ・グルーであるパンデット・プラン・ナートに出会いミニマリズムに傾倒した北欧スウェーデンの女性エレクトリック・ハープシコード奏者Catherine Christer HennixのUS電子音楽アヴァンギャルド信頼名門IMPORTANTからのアーカイヴ音源の発掘リイシュー・シリーズが遂にスタート祝!!!(電子音楽通信2016.4.28)

記念すべき第一弾リイシューは、1976年スウェーデン・ストックホルムの美術館で8日間にわたり開催されたモダンアート・フェスでの演奏45分47秒におよぶ未発表音源で、彼女の自作サイン波マシーンとライブ・エレクトロニクス、木管楽器オーボエ、中国式笙(しょう)によるアンサンブル、The Deontic Miracleによる東洋思想からの強い影響のもとでミニマルにドローンに奏でられた知覚の扉を開く事が試みられた「茶の楽」ともタイトルされた瞑想トリップ音楽。縦長の紙ジャケットの装丁アートワークも美しい。同時にリリースされた最新作と共に、もちろん大推薦盤。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

DONATO DOZZY - Plays Bee Mask : CD

DONATO DOZZY Plays Bee Mask

SPECTRUM SPOOLS (AUS)
CD // SP029CD
2490 yen (税込)

SPECTRUM SPOOLSの真骨頂!すごい組み合わせです!あのBee Maskの2012年の名作「Vaporware/Scanops」(現在は廃盤)を、イタリアの鬼才Donato Dozzyが7つのパターンにリミックス解体再構築して作り上げたメランコリック宇宙が壮大に広がるエレクトロニック・シンセサイザー・ニューエイジ・アンビエント・ミニマルの地平。CDも出ました!(電子音楽通信2013.10.23)

現在のエレクトロニック・エクスペリメンタル・シーンを代表する二人、USフィラデルフィアの才人Bee MaskのRoom40から2012年にリリースされた名作「Vaporware/Scanops」(現在は残念ながら廃盤)をイタリアのエレクトロニック・テクノ・アンビエント・プロデューサー信頼の鬼才Donato Dozzyが、7つのパターンにリミックス解体再構築し新たなアルバムを作り上げた、現在のエレクトロニック・ミニマル・シーンとエクスペリメンタルな電子音楽、ニューエイジ・アンビエント・シンセサイザーミュージックの最前線を切り開くSpectrum Spoolsならではの素晴らしい企画。メランコリック宇宙が壮大に広がるエレクトロニック・シンセサイザー・ニューエイジ・アンビエント・ミニマルの地平。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

HISHAM MAYET - Vodoun Gods on the Slave Coast : DVD

圧倒的な音とダンス。ブードゥー(ヴォドゥン)の起源に迫るベナン共和国での映像。 HISHAM MAYETによる作品です。

映像作品も毎回素晴らしいSUBLIME FREQUENCIESから ALAN BISHOPとともにレーベルを切り盛りするサハラ/中東/アフリカをメインにしているHISHAM MAYETがディレクションした映像作品。ハイチ、キューバのサンテリアやブラジルのカンドンブレ、ニューオリンズ、屈強だったために中南米に奴隷として渡り、各地にその宗教と音楽の文化を残すベナンのブゥードゥー(ヴォドゥン)。リルケの詩の引用で幕明ける、祭事のダンスと圧倒的な複合リズムの音。音と映像のみで驚きの情景を捉えています。前半の奇祭の映像も面白いし、最終章のダンスはホント素晴らしく地球の上で踊る人間の生の鮮烈な躍動に心打たれます。絶対みたほうがいいと思います (サイトウ)

RECOMMENDED再入荷

VARIOUS - Ecstatic Music Of The Jemaa El Fna : CD

目を閉じて聴けばそこはもう完全にモロッコ・マラケシュ!

北アフリカのモロッコはマラケシュ、旧市街の中央に毎日お祭りのように人々が集まる広場がある、その名はJemaa El Fna。 グナワのグループがあちらこちらで演奏をし、その横には家族ぐるみの曲芸師、チャルメラを吹き蛇を操るもの、観光客に何かを売りつけるもの、火を吹く屋台、迷路のような路地を行けば、白目の黄色いヤツに追い回される、といった、最高に萌える場所。モロッコの夕焼けはギラギラと赤く町中を染め、さらに広場の興奮を煽り、乾燥した風に屋台の料理のスパイスの香りとアフリカンアラブ人特有のお香の香り。そんな現場の空気がもろに感じ取れる音源がSublime Frequenciesから出た。マラケシュで活躍するAmal SahaとTroupe Majidiの2アーティストを中心に収録したコンピ、伝統的な弦楽器をエレキ仕様にして感情的にかき鳴らす音はまるでプリミティブなブラックメタルの様。そこに煽り立てる手拍子とアラビックな掛け声、すぐにでもあの広場に行って踊り狂いたいと思わせられます。 とにかく目を閉じて聴いてみて!脳内トリップ強烈盤! (ラム)

RECOMMENDED再入荷

VARIOUS - Ethnic Minority Music of Southern China : CD

SUBLIME FREQUENCIESからEthnic Minority Music of ..が久々の新作、雲南。素晴らしすぎます!

サブライム・フリークエンシーズのアジアの少数民族のフィールド・レコーデイング、シリーズ、当店でも自主リリースのCDを販売していたKINK GONGことLAURENT JEANNEAUによる録音。今回は、数年前に滞在していた南中国。ヴェトナム、ラオス、ミャンマーに接する南西部。YOSHIMIOのYUNNAN FREECOLOURでも紹介された雲南省の少数民族の民族楽器や伝承歌。一曲目「Hani Cryng Song」。HANIとはミャンマーに接するチベット民族の流れを汲む雲南の民族。5人の女性と2人の男性による「娘が結婚して遠くへいってしまう」と泣きながらに悲しみを表現する演劇的要素の強いポリフォーニーの歌で幕明けます。録音の質感も独特です。LAURENT JEANNEAU。この人の録音には個人的にもかなり影響受けました。今、最も刺激的な音との出会いの一つでしょう。今回も素晴らしすぎます。音楽の力。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

ROBERT MILLIS - This World Is Unreal Like A Snake In A Rope : DVD

SUBLIME FREQUENCIESの映像シリーズ。ROBERT MILLIS(Climax Golden Twins) !

SUBLIME FREQUENCIESからCLIMAX GOLDEN TWINSのROBERT MILLSによるインド南部のタミル・ナードゥ州、トランス的儀式やストリートの音楽、縦笛ナーガスワラムの即興、街の喧騒。音楽、音に焦点を当てながら、貧しさと逞しさ、神秘性驚くべき映像。50分の本編にボーナスフォトギャラリー。SUBLIME FREQUENCIESは映像もどれも素晴らしいので是非。 (サイトウ)

RECOMMENDED再入荷

JACQUELINE HUMBERT & DAVID ROSENBOOM - Daytime Viewing : LP

アメリカ実験音楽巨匠であり脳波を電子音に変換したバイオ・フィードバック・ミュージックの第一人者デヴィッド・ローゼンブームの1982年の当時カセットのみ自主でごく少数流通した幻のキュート・エレクトロニクス・ポップスの珍作にして芳醇なアザーズ・ミュージックの金字塔が祝リイシュー!!!(電子音楽通信2013.08.23)

学校の先生のような優しくキュートなテキストと歌声、ヴォイスを聞かせるのは、Robert Ashleyの作品でもおなじみJaqqueline Humbert嬢。当時のテレビドラマの音楽で、1979-1980年に、ブックラー・シンセとドクター・リズムのエレクトロニクス・パーカッションを駆使した電子音楽家デヴィッド・ローゼンブームのまさかのポップなアナザーサイドを発見することができる、しかもその音楽が珠玉でファンキーで最高すぎるという、裏電子音楽マスターピースの誕生。祝リイシュー。レイモンド・スコットや、ブルース・ハークとも通じる世界観も確認できるはず。アナログ盤は800枚限定。ダイレクト・メタル・マスタリング。ポスター&リリック・シート付きの愛情溢れる丁寧な装丁も素晴らしい。ダウンロード・カード付き。トラックリストからもぜひ。全6曲。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

GAMELAN OF PELIATAN / ANAK AGUNG GDE MANDERA - Dancers Of Bali 1952 : CD

バリ島のガムランの歴史的録音。

王宮跡地などがあるバリ島ウブドの東プリアタン村にて1952年に録音されたのガムランの貴重な音源。小沼純一氏もとりあげた西洋にガムランに紹介した第1人者コリン・マクフィーのもとで働いていたというジョン・コーストによる録音! (サイトウ)


元英兵ジョン・コーストにより、1931年にパリの博覧会でガムランのグループとして初の海外公演を行ったグヌン・サリ楽団。 本作は、1926年に創設されたゴン・クビャールの同楽団が1952年に大成功を収めた欧米公演を行った際に、ニューヨークとロンドンのスタジオで録音したものです。楽団長のアナック・アグン・マンダラ、マックフィーの片腕となってガムラン音楽の研究を助けた太鼓奏者、マデ・ルバやマックフィーの養子で、ダンサーのサンピ、当時若干12歳だった天才少女ダンサー、ラカなど、当時のバリ芸術において欠かせないそうそうたるメンバーが参加しています。アンクルンやガムラン・クビャールの複雑で迫力満点な演奏の元、奉納芸バリスの他、ワヤンや女性による美しいく華麗なダンス、レゴン等が踊られました。まさに本作は、バリ芸術の集大成とも言える一枚です。ここに収められた録音は、現在でも世界中で活躍するグヌン・サリ楽団の実質ファースト・レコーディングといえるものです。
▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

ENITOKWA - 2069 : CD

ENITOKWA 2069

non-entertainment-research (JPN)
CD // nercd001
2200 yen (税込)

ソロ名義では15年ぶりとなるENITOKWAほんと待望のニューアルバム!再ストックしました。

伝説の〈SONIC PLATE〉からの「Floating Works 1996-1999」 と「Slow Dive」から、Jun Yamabeとの共作を挟んでソロとしてはなんと15年ぶりとなる待望のニューアルバム!悪友Yoshitake EXPEやSYNTH SISTERS aka CROSSBRED、aMadooのYUUJI HIROMOTO, HIROSHI WATANABE aka KAITO、ロッテルダムのMENTAL YOUTH (伝説のSENSURREALのDIRK含む)コラヴォレーションを交えながらエレクトロニクス・ドローン、アンビエント・サウンド、全編ビートレスながら、音の共鳴とグルーヴを産み出している。マスタリングは信頼のKABAMIX(LMD)。幾何学模様を使ったアートワークはQOTAROO。 (サイトウ)

soundcloud
RECOMMENDED再入荷

FLORIS VANHOOF - Talking Gongs : CD

FLORIS VANHOOF Talking Gongs

Edicoes CN (BEL)
CD // ECN14
1590 yen (税込)

DOLPHINS INTO THE FUTURE、LIEVEN MARTENSのレーベル〈Edicoes CN〉からベルギーの即興ノイズユニットR.O.T.のメンバーでもあり、〈SHELTER PRESS〉からのKEITH FULLERTON WHITMANとのスプリットLP,〈EXPERIMEDIA〉からのDOLPHINSとのスプリットEPなど多岐にわたるリリースをしているFLORIS VANHOOF。300枚限定のデジパックCD。

ミュージック・コンクレート。スピリチュアルな領域の音楽。推薦。 (サイトウ)

▼ Tracklisting


RECOMMENDED再入荷

FINIS AFRICAE - Amazonia : LP

FINIS AFRICAE Amazonia

EM RECORDS (JPN)
LP // EM1148LP
2700 yen (税込)

【こちらもリプレス】スペインのNEW WAVE〜バレアリック〜NEW AGE〜プログレッシヴ・ミュージックの奇跡、フィニス・アフリカエの最高傑作を数々のご要望にお応えして単独発売。ひたすら浸るスピリチュアルでアフロでアンビエントなオーガニック・サウンド!!!

スペイン産バレアリックサウンドのキーワードの一つでもあるJAVIER BERGIAも在籍していたFINIS AFRICAE。1990年にリリースされたアルバム「Amazonia」。フィールドレコーディングも使用したエキゾチック、想像的なサウンド! (サイトウ)

『ホワン・アルベルト・アルテシェ・グエルが80年代初頭にスペインで組織した固定メンバーを持たないグループ、フィニス・アフリカエは作品性を重視したスタジオ・プロジェクトであり、中でも『アマゾニア』(90 年)はその極北に立つ名盤である。かつて読んだコナン・ドイルの冒険小説に端を発し、ホワン・アルベルトが脳内で巡った空想上の秘境アマゾンを音に描くという「サウンド・スケープを展開。80年代後半、アルテシェは自宅スタジオ機材を16トラックにアップグレードし、それまでアルバム2作で試していた手法は完成の域に達した。沢山のヨーロッパやアフリカの楽器を操って大半を一人で多重録音し、風雨、鳥や虫や生き物の自然音を組み合わせて制作したこの『アマゾニア』は、ミステリアスな雰囲気と神秘的な気配を見事に表現。彼独特の有機的なグルーヴ感覚も非常に心地よい、最果ての地、未知の場所という「フィニス」その名にふさわしい代表作となった。』

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

FINIS AFRICAE - Amazonia : CD

FINIS AFRICAE Amazonia

EM RECORDS (JPN)
CD // EM1148CD
2376 yen (税込)

スペインのNEW WAVE〜バレアリック〜NEW AGE〜プログレッシヴ・ミュージックの奇跡、フィニス・アフリカエの最高傑作を数々のご要望にお応えして単独発売。ひたすら浸るスピリチュアルでアフロでアンビエントなオーガニック・サウンド!!!

スペイン産バレアリックサウンドのキーワードの一つでもあるJAVIER BERGIAも在籍していたFINIS AFRICAE。1990年にリリースされたアルバム「Amazonia」。フィールドレコーディングも使用したエキゾチック、想像的なサウンド! (サイトウ)

『ホワン・アルベルト・アルテシェ・グエルが80年代初頭にスペインで組織した固定メンバーを持たないグループ、フィニス・アフリカエは作品性を重視したスタジオ・プロジェクトであり、中でも『アマゾニア』(90 年)はその極北に立つ名盤である。かつて読んだコナン・ドイルの冒険小説に端を発し、ホワン・アルベルトが脳内で巡った空想上の秘境アマゾンを音に描くという「サウンド・スケープを展開。80年代後半、アルテシェは自宅スタジオ機材を16トラックにアップグレードし、それまでアルバム2作で試していた手法は完成の域に達した。沢山のヨーロッパやアフリカの楽器を操って大半を一人で多重録音し、風雨、鳥や虫や生き物の自然音を組み合わせて制作したこの『アマゾニア』は、ミステリアスな雰囲気と神秘的な気配を見事に表現。彼独特の有機的なグルーヴ感覚も非常に心地よい、最果ての地、未知の場所という「フィニス」その名にふさわしい代表作となった。』

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

DJ CONOMARK - LIFE (JAZZ) : CD

DJ CONOMARK LIFE (JAZZ)

BLACK SMOKER (JPN)
CD //
---- yen (税込)

踊音楽の源泉とでもいうべき"アフリカン・ルーツ"なパーカッションのリズムの躍動に引き寄せてからの→ヒップホップとJAZZをコネクトするオープニングから、"鳴り""グルーヴ""間"の味わいで、聴く者を虜にする。 CONOMARKが『HIGH』『SHARE』に続く作品としてリリースするからの新作『LIFE (JAZZ) 』は、タイトルから伺える様に"JAZZ"のスピリット/フィーリング/ムードを、彼の広大なレコードコレクションとDJ感覚で描いた、ハートフルで素晴しいサウンド・アート=ミックス作品になっている。  "No Border Music"で描かれる『LIFE (JAZZ) 』では、レゲエ/ダブ、ヒップホップ、スウィング、ヴォーカル、ローズ浮かぶメロー・グルーヴ、ブロウ光るブラックJAZZ、アフリカン/ラテン・リズム、ファンク。。。。時代も国境も越えたサウンド・ピースが紡がれていき、聴(効)くものを極上の音体験の旅へと連れ出す。  『LIFE (JAZZ) 』収録一曲一曲との出会いはミュージックラヴァーやディガーにとって大切な体験になるだろう。そしてこのディスクでの74分は、最幸の音時間に誘いフレッシュな感覚を聴く度に呼び覚ましてくれるだろう。 (Naoki Nishida / JAZZY SPORT)

RECOMMENDED再入荷

YOUSUKE YUKIMATSU - Lazy Rouse : MIX-CD

YOUSUKE YUKIMATSU Lazy Rouse

BLACK SMOKER (JPN)
MIX-CD // BSMX-065
1620 yen (税込)

「ここでは、インダストリアルとスピリチュアルという、本来、相反するものと捉えられている概念が、奇跡的に融合しているのだ」現在の関西を代表するDJ、行松陽介による極重チルアウト。

何事にも妥協のないこだわりと、情熱で、周囲に影響を与え、大阪のシーンに明かりをともしてきたDJ 行松陽介。ニューミックス。細部までこだわり抜いた音とパッションのストーリーです。是非。 (サイトウ)

『Lazy Rouse』はモダン・エレクトロニック・ミュージックの最新実験報告書であると同時に、ノイズやストーナーのレコードまでターンテーブルに乗せることで、DJ・カルチャーの底意地と底知れなさを改めて思い起こさせてくれる、冒険的なミックスだ。もしくは、行松陽介が、まるで、精神を研ぎすまし、命を削るかのようにプレイする姿を知っているひとならば、ストリート(地上/現実)とアンダーグラウンド(地下/異世界)に挟まれたコンクリートにも似たグルーヴを、レベル・ミュージックとして受け取らないわけにはいかないだろう。ここでは、インダストリアルとスピリチュアルという、本来、相反するものと捉えられている概念が、奇跡的に融合しているのだ。 (磯部涼)

RECOMMENDED再入荷

YA▲MA - cycle : CD

YA▲MA cycle

BLACK SMOKER (JPN)
CD // BSMX040
1620 yen (税込)

大阪が宇宙に誇るフィーメールDJ YA▲MA人気の作品が再プレス!!!至高のWOM△N in BLACKなアースグルーヴを是非!!

ベストセラー作再プレス盤!!!BLACKSMOKER MIXシリーズの快挙!『LA NINA』とともにシリーズ40枚目で初の女性DJ登場です。フラワーオブライフ・レジデンツ、我らがYA△MAちゃん。アートワークには女流ペインターUC EAST。大絶賛ヘヴィープッシュ!!!

「大阪のGOD MOTHERこと、DJ YA△MA。彼女は90年代からアンダーグランド・パーティ/レイブシーンで活躍。ボアダムスEYEとの伝説のパーティeepなどのオーガナイズ活動や、大阪心斎橋のヴァイナル・パワー・スポットNEWTONE RECORDSをの立ち上げスタッフでもあり、そして二児の母でもある。俺がよく覚えてるのは、なんば味園地下発光ギャザリングFlower of Lifeでみた彼女のサウンドから発する青白い光。それはただ、巷で言われてる安易なオーガニックとか癒しとかではなく我々パーティピープルの儚い希望や夢が、もしかしたら具象化するんじゃないかという奇跡。女性としての凛々しさ、女性しか出せない力強いグルーヴ、そして屈託のない人柄と△スマイルは古今東西の狂った音好き、カリスマヤンキーたちを次々と平伏させてきた。もちろん現在も全国を飛び回る人気DJの一人である。

今作『cycle』で聴こえてくるのは、いつもの△のステップながら、国内唯一無二の発狂インディペンデントレーベル、BLACK SMORKER RECORDS仕様の、▲である。ゆったりとしたブレイク・ビーツから始まり心地よい風を浴びながら歩き出す。徐々に▲を上るうちにヘンテコな民族が棲む村の奇祭を通過しながら、新旧のベースミュージックでフリーフォームなグルーヴを紡ぎ、テクノ/ディープハウスを経る。頂▲上へあがるころにはジャンルなど吹っ飛んでいる。仕掛けは多くあるが、今回BLACK SMORKER RECORDSより同時発売のフィメールコンピレーション『LANINA』より福岡の女傑、SHIHO the purplehazeのトラックも忍ばされている。他にも使われるトラックは新旧織り交ざり、「DJ」しか具象できないcycle/サイクルを体現しつつ、そして宇宙と地球と生命の無限のcycle/サイクルを意識しつつ、未来へ向かって上昇したいという彼女の祈りのようなサウンドスケープなのだ。」
テキスト BY Shhhhh

RECOMMENDED再入荷

VARIOUS - CHRIS MENIST & MAFT SAI - The Sound of Siam 2 - Molam & Luk Thung Isan from North-East Thailand 1970 – 1982 : CD

タイ音楽の名作コンピ。ストックしました。PARADISE BANKOKクルーCHRIS MENIST & MAFT SAIによるシャムの音楽第二弾!イサーン、モーラム&ルクトゥン!

タイ音楽のディープサイドとして語られてきた対北東部イーサーン地方のモーラム。70年代にキーボードやエレキを導入され電化した民謡/芸能。もともとは、シャーマン的な歌で祭り等で受け継がれた音楽で、大衆化しタイ歌謡ルークトゥンと混ざり合いながら発展してきた音楽です。今回のセレクトは、純イーサーン産にスポットを当てよりディープな内容になってます。EM RECORDSからもコンピレーションがリリースされた アンカナーン・クンチャイ,トンファド・ファイテッド ·、マフトもダオ・バンドンと並ぶイーサーン重要人物というサックサヤーム・ペッチョンプーやテッポーン・ペッチャウボン。タイ・ファンクというのは入り口としては有効だと思いますが、その先のディープなタイ音楽の魅力としてのモーラム。複合的高度なリズムや電化したサイケデリック感、貧困と混乱のゲトー感、農耕や仏教文化の霊性を感じさせ、独特の魅力を煌々とはなってます。最初にJAH WOBBLEでその後、SUBLIME FREQUENCIESそして、EM RECORDS。このSOUNDWAYやNOW AGAINも発掘に着手しだしてるタイ、モーラムの魅力を是非。アーチスト名が英語表記にトランスレートされ、かっちり解説もあるので、道しるべとしても最適。是非手にとってみてください。個人的にもいま一番刺激的な音との出会いのひとつです。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

VARIOUS - 久保田麻琴 - PATILOMA 波照間 古謡集1  : CD

沖縄の音楽。久保田麻琴 監修の南嶋シリーズ第1弾。波照間古謡。

細野晴臣とともに琉球音楽を紹介した第1人者で録音技師としてもスペシャリストでもある久保田麻琴氏監修による波照間古謡。 (サイトウ)

久保田麻琴によるフィールド録音から抜粋してお届けする名演の数々は、野趣たっぷりな音の宝物。
久保田麻琴が波照間滞在で出会った二人、野底光子と後冨底フジエは、地元の祭祀で唄う神歌や古謡を識る女性達だった。後冨底周二との親子競演、野底光子所有の古い録音物からのリマスターを含む非常にレアな作品。波照間古謡 初のCD作品化。
南海の孤島で、島人の暮らしは厳しく、神の恵みにすがることは、幾百年にも亘って島のいのちに関わることでした。祈りがつのって唄になり、舞になり、喜びが高まって、歌になる、踊りになる。 by アウエハント静子 (写真とライナーノーツ)
▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

VARIOUS - 久保田麻琴 - NISUMURA 宮古西原 古謡集 : CD

南嶋シリーズ 第4弾

本作品は、1974年に村立100周年の記念として奥原初雄氏と村一番の唄者、長田孫太郎氏によって録音、制作された2枚組のレコード・アルバムから編集し、久保田麻琴がリマスターして復刻したものです。 宮古西原の(音楽)文化のたいへん貴重な資料的価値もさることながら、保存ではなく生きた伝統とすてのすばらしさ、そして音自体が聞くものに迫ってくる迫力がなんといってもすばらしいものです。 「内容の濃さ、素晴らしさは耳を疑うほどだ。曲も素晴らしいが、それぞれの歌唱、グルーブ感など超一流だ。70年代にマルフク盤の「ハイサイ・オジサン」に最初に出会って以来のショックと感動。ここで聞かれる宮古、あるいは池間族独特の曲と演奏歌唱は、荒くローファイに録音されたはいるが、伝わってくる音と雰囲気はそれにもまして凄い。」by久保田麻琴

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

VARIOUS - Jamaica Folk Trance Possession - Mystic Music From Jamaica : 2CD

これは素晴らしい!ジャマイカの30年代-60年代にいたる貴重な音源。ラスタファリ/ナイヤビンギのルーツとなるアフロ・ジャマイカン・サウンド。

セルジュ・ゲンズブールのレゲエ・アルバムにも関わったミュージシャンでもあるレゲエ・ミュージックのオーソリティー、ブルーノ・ブルムが監修、フランスのFREMEAUX & ASSOCIESからリリースされたナイヤビンギのルーツとなるラスタファリ音楽のコレクション2CD入荷しました!

ハイチのVOODOO, ブラジルのサンテリア、カンドンブレと同じくアフリカン・スピリッツ/音楽とラスタファリズムが結びついた結びついた素晴らしい音源の数々。CD1には、パーカッション、賛美歌/ゴスペル、トランス的チャント、宗教音楽的色合いの濃い儀式的音楽。CD2には、COUNT OSSIEの音源なども収録され、後半はメント、ジャマイカン・カリプソ的な音源も収録されています。

個人的に中南米音楽に触れて最も惹かれる理由の大きな一つであるのだけれど、黒人奴隷/ヨルバ族のオリシャ信仰を背景にキリスト教や土着のものと結びついた宗教的トランス感覚。そしてアフリカン・ポリリズムのサイケデリックなリズム感覚。その特性です。完全ミニマル・テクノみたいな曲まであります。音の質感も心地よい。中南米各地で様々なカルチャーと結びつき独自の進化を遂げた西アフリカをルーツとした音楽の素晴らしい魅力。MISSISSIPI的SP盤発掘、欧米のテクノシーンで南米/カリビアン音楽をサンプリングするブームがあったり、辺境音楽の名のもとに話題になったりしてきた中南米音楽のジャマイカ版、素晴らしい音源、本物の音楽の魅力に触れることが出来る良い機会だと思います。レコメンド。 (サイトウ)

「ナイヤビンギ (Nyahbinghi) とは、ラスタファリアンの宗教的な集会、またはその集会で演奏される音楽のこと。ナヤビンギ、あるいは単にビンギとも言う。ナイヤビンギでは、円陣を組んでガンジャを吸う、太鼓を叩いて歌う(チャント/Chant)、話し合うなどする(リーズニング/Reasoning)。ラスタファリアン同士の交流の場。」from wikipedia

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

141〜160件 / 全2456件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×