menu & search

161〜180件 / 全2424件

< Back   Next >

DEAD MARRONICS - Somaterial : CD

DEAD MARRONICS Somaterial

SOFTRIBE (JPN)
CD // STJP0003
---- yen (税込)

DEAD MARRONICS = LIVING DEAD + MARRON a.k.a. DUB MARRONICS feat.ArihiruA(ALTZ.P),Emile(白檀),Kazuma,NAGAN SERVER and Ucon(SOFT/UCND).ART WORK by KONIROW(OT29)

京都を拠点に活動を広げるトラックメーカーLIVING DEADと、国内の様々な野外パーティに出演しそしてタイやベトナムなどアジアも行き来するギタリストMARRONとのコラヴォレーションアルバム。LIVING DEADの作るオリジナルのビートはすごく粋でカッコイイ!何度か見たライブではいつもそう思っていた。MARRONのギターはロックであったりダビーであったりアジアンであったり、オーガニックで至福の広がりがあったりと、色々な表情でいつも心地よく響く。そんな2人がコラヴォしたこのアルバムでは、チル〜ダウンビート、ダンストラックまで、様々なカラーの作風で幅広く楽しませてくれます。ゲストミュージシャンにも注目。京都発の上質なサウンドは聴き逃せません! (ヤマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

BRUNO PERNADAS - How Can We Be Joyful In A World Full Of Knowledge : CD

(極)地で話題を読んでいるポルトガルのストレンジ・サイケ・ポップ。BRUNO PERNADASの3作品。ストックしました。超いいです。BEACH BOYSや60s ポップから脈々と流れるUSロック/ポップ・サイケデリアの血を脈々とうけつづDIYなサウンド。 STONE THROWの今の感じにも通じる。

ポルトガルのスフィアン・スティーブンス! ジャズ、ヒップホップ、フォーク、インディーロックを通過したギタリスト/キーボーディスト/作曲家、ブルーノ・ペルナーダスの3作品を一挙に取扱。 多彩な音楽からの影響と、ジャズの素養による高度な演奏/作編曲能力を駆使した才能が、ヨーロッパの最西端でも花開いています。

2014年にリリースされた本作はブルーノにとってのデビュー・アルバムにあたる作品。2008年から2013年の5年間をかけて彼のホームスタジオでプリ・レコーディングされていた音源をひとつのアルバムにあらためてまとめたものである。ジャズやフォーク、サイケデリック・ロック、ヒップホップ、スペース・エイジ・ポップといった音楽が溶け合ったシネマティックな世界観はすでに完成の域に達している。João Correia, Afonso Cabral, Francisca Cortesão, Margarida Campeloといったポルトガルの一流ミュージシャン達も参加。

これまで日本ではあまり知られていなかったものの、2016年に同時リリースされた2作品をきっかけに本格的に紹介されるに至った。SNSを中心に早耳のリスナーたちや音楽評論家の間ではすでに話題となっている。

soundcloud
RECOMMENDED再入荷

PIERRE HUGUET / OLIVIER TOSTAIN - Amazonie : CD

アマゾン・トリップ(1)南米アマゾン熱帯雨林、フランス領ギアナとスリナムの国境川沿いを探検フィールドレコーディングして数多くの貴重な鳥達を中心に、虫、猿、獣達の生態とトロピカル・エキゾチックな鳴き声をノンストップ・メドレー的秀逸な編集でまとめたエキゾチック音の体験CD。全53トラック56分。

まるでアマゾン川の熱帯雨林の奥地へ彷徨いこんでしまったかのような音の体験ができる臨場感あふれる安らぎと驚きに満ちた自然音の録音記録と編集の妙に魅了され、ワクワク&ドキドキするようなイマジナリーな好奇心や冒険心を聴覚を通じて心地よく刺激してくれる音の処方箋。信頼フランスの民族音楽・世界音楽の名レーベルFREMEAUX & ASSOCIESのフィールドレコーディング・シリーズ「アマゾン熱帯雨林・パート1」録音技師はPierre Huguet、科学研究と識別、コンパイル編集は、Olivier Tostainが担当。全53トラック。1988年録音・オリジナル盤は1991年リリース。当店2016年初入荷。 (コンピューマ)

RECOMMENDED再入荷

BERNARD FORT - Mongolia : CD

フィールドレコーディング電子音楽の名録音技師、名職人Bernard Fortによる中央アジア・モンゴルのフィールドレコーディング名作「MONGOLIA」どこまでも広がる草原の海原に風と共に広がるモンゴルの伝統楽器ヤトガの優雅で牧歌的な琴のような響きと馬頭琴、口琴、ホーミーの響きにうっとりでっかく包まれる。

モンゴル伝統音楽の名手ふたり、Chinbat BaasankhuuとBayarbaatar Davaasurenによる名演、そして、名録音技師 Bernard Fortによる丁寧で臨場感と透明感に満ち溢れた音像音響が素晴らしい、天然のミニマル&ドローンでもあり、草原の海原をどこまでも広がるかのような牧歌的で気持ちよすぎる名品。モンゴル伝統音楽の傑作としてはもちろんの事、アンビエント、リラクゼーションCDとしても最適。トラックリストからもどうぞ。信頼のフランス民族音楽・世界音楽の名レーベルFREMEAUX & ASSOCIESからの2011年リリース。全12トラック。当店2017年初入荷。 (コンピューマ)

RECOMMENDED再入荷

SHOGUN NAOJI - NAOJI RULED. : CD-R

SHOGUN NAOJI NAOJI RULED.

SHOGUN TAPES (JPN)
CD-R //
---- yen (税込)

心の平穏、巷のモノマネ、そして、狂気ハードコア。シャットダウン!人生とは?SHOGUN TAPES 鬼才ショーグン・ナオジによる青春群像ナンセンス・スポークンドラマ名シリーズ「NAOJI KILLS」「NAOJI KILLED」「NAOJI RETURNS」ときて、まさかの第4弾「NAOJI RULED.」が届けられた!!!

いきなりの東京某ワールドミュージック専門店○ルスールレコード店主の衝(笑)撃の物まねで始まる、そして、ブンブンさんへと。、、 話芸カットアップMIXによる衝撃の大問題作「NAOJI KILLES」「NAOJI KILLED」「NAOJI RETURNS」のネクスト!のネクスト地平!再起動!第四弾。全32トラック38分収録。newtoneにも入荷いたしました。デザイン/選曲:2yang (コンピューマ)

RECOMMENDED再入荷

COMPUMA - Lateral Thinking feat. KILLER-BONG : CD

…もしクラブで、レコ屋でかかったら、誰もが「これなんすか?」と訊ねるであろう、エレクトロニック・フリー・コズミック・ジャズ。COMPUMAが90年代からずっと推していたサン・ラーの境地を見つめながら、彼はまた新しいところに向かっているようだ。

『2016年はアンダーグラウンドの重要性を見失った年だった。部屋に積まれたCDを見るとビヨンセ、フランク・オーシャン、ソランジュ、で、えーとほかは……もちろんあるよ、だけどなんなんだ、昔は、たとえばいま現在フランク・オーシャンの(配信ではなく)フィジカルをゲットするための努力をひとはアンダーグラウンド・ミュージックに向けていたものだった。それは物欲から来るものではない。いや、物欲もあろう、しかし、フェティッシュな感性から来るものでもない。とにかく、音楽への愛がまずあった。ぼくがいまフランク・オーシャンのCDをゲットしてニヤつくとき、「やったぜ」という快感はある。が、同時になにかにコントロールされている気もうっすらと感じているのだ。買い方までも。

 COMPUMAは、日本のアンダーグラウンド・ミュージック・シーンの王様のひとりである。DJであり、そして偉大なバイヤーでもある。90年代半ばの日本において、彼が仕入れた音楽(初期電子音楽、現代音楽、実験音楽、モンド、カルトなサントラそしてUSエレクトロなど)は、日本のポップ・シーンからストリートまで影響を与えてきたが、彼のセレクションはつねに、ジャンルの壁を切り崩し、そして音楽を更新するための志に基づかれていた。いまもそうだ。

 この度、ブラックスモーカーからリリースされる彼にとっての最新ミックスCDからも、アンダーグラウンド・ミュージックの現在そして未来への連なりが見える。ディープ・ハウスの懐古ではなく、その現在進行形、いま生きているもの、それはすなわちいまも輝けるアンダーグラウンド・ミュージックを伝えているのだ。たった10人のために、しかしそれがやがては100人にも10000万にも膨らむであろう起点……もちろん未来がどうなるかなんてわからない。ボーカロイドが総理大臣になることはないだろうが、好むと好まざるとにかかわらず音楽のおおよそ大半は、デジタル・ワールドにある。クラブの数は増えたがそのほとんどが音楽のためではなくビジネスのため。アンダーグラウンド・ミュージックは、基本的には昔から愛で動いている。それはCOMPUMAのミックスの根底にあるもので、彼はいまもたった10人、いや、たった5人、いや、わずかの1人のためであろうが、音楽を繋ぐ者である。

 本作のパート1は、2016年の夏、フォレストリミットにおけるライヴDJ音源。これは、UKのネットラジオNTSのFTDレーベルの番組で放送されている。パート2は、90年代の日本のエレクトロ・シーンにその栄光を刻んだADS時代の彼のシンセ演奏をミックスした音源にKILLER-BONGが音を加えたもの。言うなればCOMPUMA meets KILLER-BONG。これらの音源は、ADS~スマーフ男組でともに活動をした村松誉啓氏が2017年1月に永眠する前に録音されている。運命的というか、なんとも妙な時期の重なり方をしてしまったわけだが、なんにせよ、パート2で演奏されるアナログ・シンセサイザーの音響は、それ自体が生きているようにうねっている。もしクラブで、レコ屋でかかったら、誰もが「これなんすか?」と訊ねるであろう、エレクトロニック・フリー・コズミック・ジャズ。COMPUMAが90年代からずっと推していたサン・ラーの境地を見つめながら、彼はまた新しいところに向かっているようだ。』
(野田努)

RECOMMENDED再入荷

威力 - 光速と弾炎 : CD

威力 光速と弾炎

BLACK SMOKER (JPN)
CD //
1620 yen (税込)

威力の新しいミックスCD 「光速と弾炎」。到着しました。短波ラジオの怪電波ににインスピレーションを得た奇々なる世界。BLACK SMOKER RECORDSから。

これは黒煙にたなびく彼女の発する電子音=電波、電磁派、またはラジオ超短波放送。バイカル湖畔に黒煙にたなびくラジオ超短波放送が混線している。潮岬では、東北東、風力四、雨。ハバロフスクでは、風弱く、晴れ。いつまでも合わないチューニングの雑音に微かなゴスペルを聴き取り、音盤でないものから音楽を取り出すような。再生のたび印象が変わる、ウユニの鏡湖を見つめていると思っていたら、ウーロンハイのグラスにまどろむ氷の結晶だったような。羽ばたき反射、交錯する音の並びのもとは、70円でも売っていない、誰も目に留めたことのない路傍の石ころかもしれない。 (Shhhhh)

mastering by KABAMIX
recording at STUDIO bapple

*試聴音源は前半部分から20秒程度ずつ抜粋しております。

RECOMMENDED再入荷

KAMATAN - Water Song : MIX CD

KAMATAN Water Song

RIDE GROOVE (JPN)
MIX CD // RG-M04
---- yen (税込)

仙台を拠点に活動するKAMATANのミックスCDがRIDE GROOVEからリリース!

年季入ったサーフェイスノイズまじりのジョニ・ミッチェルで幕開け、妖精が、妖精のうたう水の歌をプレイする。仙台に生息するカマタンと共にゆったりと巡るサウンドトリップ。是非!*試聴は前半部分を15秒程度ずつ抜粋しております。 (サイトウ)

RIDE GROOVE MIXシリーズ第4弾は、嗅覚鋭い音楽好きの間では既にキーパーソンとして知られる仙台PangaeaのKAMATANによる作品『WATER SONG』。
アナログ・ノイズと共にJoni Mitchellによるアコースティッック・ソングで幕開け、Carlos Nino & Miguel Atwood-FergusonによるDillaトリビュート・ソング、サイケデリック・メローなダウンテンポ、アコースティック・アンビエント、アフリ カや南米のリズム、メロー・バレアリックなAOR、ビターなSSW 、ジャズの響き、エキゾチック、ダブの響き、ヒップホップのビート感等、心地よい音の風景が、タイトル『『WATER SONG』』の通り、水の如くスーっと染み渡る様な選曲とMIXで描かれていく。 ジャケットアートワークには、同じく仙台に活動拠点を置く話題のアーティスト"朱乃べん"が力を添えます!

RECOMMENDED再入荷

JOSHUA ABRAMS - Represencing : CD

JOSHUA ABRAMS Represencing

EREMITE (US)
CD // MTE 062CD
2490 yen (税込)

傑作セカンドもCD化になるも、あっという間に入手困難になってしまっておりましたが、レーベル直送で残り在庫を緊急再入荷!北アフリカ・モロッコのグナワ的な砂漠のポリリズムとトランス、そしてクラウトロック的ミニマリズム、JAZZを独自に追求した、シカゴ音響信頼のJOSHUA ABRAMS(タウン&カントリー)の地平。傑作。2012年アナログのみでのリリースでしたが2年越しの待望のCD化!!!

ドン・チェリーやファラオ・サンダース、そしてムーンドッグやアート・アンサンブル・オブ・シカゴ、ポポル・ヴーやアジテーション・フリーらの精神を現代に継承し発展進化&深化させようと試みたJOSHUA ABRAMS率いる総勢11名による、近年の研究と精進の成果。ウッドベースではなく、北アフリカ・モロッコのグナワでのベース的伝統楽器GUIMBRIの独特の覚醒するファンキーな響きと、淡々としながらもクラウトロック的反復の美学とシカゴ音響派の強者達による知性とアイデアと技術によるグルーヴの内省的宇宙に惹き込まれる。DJとしてもクロスオーバーにガンガン使ってください。25分にもおよぶ未発表LIVE音源も今回のCD化にあたり収録されている。全9トラック。厚紙ジャケも説得力。名盤誕生。アナログは廃盤。お見逃し無くどうぞ。 (コンピューマ)

RECOMMENDED再入荷

JOSHUA ABRAMS - Natural Information : CD

JOSHUA ABRAMS Natural Information

EREMITE (US)
CD // MTE 061CD
2490 yen (税込)

名作ファーストもCD化になるも、あっという間に入手困難になってしまっておりましたが、レーベル直送で残り在庫を緊急再入荷!北アフリカ・モロッコのグナワ的な砂漠のポリリズムとクラウトロック的ミニマリズムなJAZZを独自に追求した、シカゴ音響信頼のJOSHUA ABRAMS(タウン&カントリー)の地平。2010年のファースト「Natural Information」、これまではアナログのみでのリリースでしたが4年越しの待望のCD化!!!

ドン・チェリーやファラオ・サンダース、そしてムーンドッグやアート・アンサンブル・オブ・シカゴ、ポポル・ヴーやアジテーション・フリーらの精神を現代に継承し発展進化&深化させようと試みたJOSHUA ABRAMS率いる総勢11名による、近年の研究と精進の2010年の成果。ウッドベースではなく、北アフリカ・モロッコのグナワでのベース的伝統楽器GUIMBRIの独特の覚醒するファンキーな響きと、サンプラーMPC1000を駆使して、淡々としながらもクラウトロック的反復の美学とシカゴ音響派の強者達による知性とアイデアと技術によるグルーヴの内省的宇宙に惹き込まれる。このファースト「Natural Information」をさらに進化深化させた2012年の「Represencing」も必聴。今回のCD化にあたり20分にもおよぶ未発表曲も収録。アナログはすでに廃盤。お見逃し無くどうぞ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

VARIOUS - COMPILED BY CHEE SHIMIZU - Music From Memory : 2CD

GIGI MASINはじめ、JOAN BIBILONIやMICHAL TURTLEなど、レアなLP, カセットでしかリリースされていないようなマニアックな音源の中から、アンビエント、ニューエイジ、バレアリック以降の電子音楽、ジャズ等の驚くべき音源を発掘してきた〈MUSIC FROM MEMORY〉の音源を使ったCHEE清水氏によるレーベル・コンピ&DJミックス。

アンビエント、ニューエイジ、電子音楽、ジャズ等バレアリック以降の感覚でマニアックに掘り起こしてきた、アムステルダムのレコードショップREDLIGHT RECORDSも運営する、ABEL(BLACKDISCO)とTAKO (SOMBRERO GALAXY),JAMIE TILLERの3人によるレーベル〈MUSIC FROM MEMORY〉の音源を、DJでディガーとして信頼され、ORGANIC MUSICを運営して『obscure sound ~桃源郷的音盤640選』の著者としても知られるCHEE清水氏が選曲&コンパイル。CD1は、CHEE氏がセレクトした15曲、CD2はFOREST LIMITでのDJライヴミックスとなっていおります。桃源郷的であります。凄い。 (サイトウ)

RECOMMENDED再入荷

MENDRUGO - More Amor : CD

MENDRUGO More Amor

WINDBELL (JPN)
CD // WINDBELL four 134
2376 yen (税込)

素晴らしい音楽。ジョセフィン・フォスターとヴィクトール・エレーロを中心にしたバンドMENDRUGO(メンドルゴ)のアルバム!

ジョセフィン・フォスター待望の新作は、パートナーのヴィクトール・エレーロや彼の弟ホセ・ルイス・エレーロ、管楽器奏者のTAKU、イベリア半島の北部、アストゥリアス州のアーティスト、ロレーナ・アルヴァレスとの楽団MENDRUGO(メンドルゴ)でのリリース!「Anda Jaleo」/「Perals」で取り組んだスペイン民謡の延長にあるようなモダン・フォークロア/アコースティック。全編にバンドのアンサンブルを楽しむ喜びに満ちた空気に溢れている。ふと気が付くと、なんとも不思議な祭りの幻想、あの世の感覚に陥るのは異国の言葉のせいだけではないでしょう。高度なテクニックに裏付けされた魔法のような音楽の魅力。やはり素晴らしかった。MOCKEYでお馴染みの〈WINDBELL〉からの日本盤仕様のアートワークにボーナストラック。ジョセフィン・ファンはもちろん、新たに彼女たちの魅力に触れる機会になれば。良いアルバム。推薦! (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

MOCKY - MOCKY presents THE MOXTAPE III  - Expanded Edition - : CD

ジェイミー・リデルを迎えた、リードトラック 「Keep Feelin This 」を筆頭に海外ではデジタルのみでリリースされるミニアルバムに未発表曲(前回ライヴで披露したAMAIMONOを含む)日本のみのCDアルバム!

アルバム「Key Change」のリリース、熱狂の来日公演。多くの人に2015年のベストアクト、ベスト・アルバムに選出されたMOCKYの2016年アルバム。盟友ジェイミー・リデルをリード・ヴォーカルに迎えた、リードトラック 「Keep Feelin This」。ダブミックスを交えたされたヴォーカル、エレクトロニクス、ルーズなドラムグルーヴとベースのグルーヴのダンスチューンです。前作のレイドバックな空気感とウォール・オブ・サウンドな音響を受け継ぐ素晴らしい響。毎回の来日に同行しているNIA ANDREWSやJOEY DOSIKをフィーチャリングした「甘いモノ」やMIGUEL ATWOOD-FERGUSONをフィーチャリングした曲など、素晴らしきMOCKYワールドです。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

soundcloud
RECOMMENDED再入荷

MOCKY - Key Change (Deluxe Edition) : 2CD

来日公演も大盛況。いろんな人のチャートでも年間ベストに選出され2015年を代表する一枚となったMOCKYのアルバム「Key Change」。日本盤デラックス・エディッション。

ジャンルを超えて多くの音楽好きに愛された名盤あの「Saskamodie」からおよそ6年。MOCKY待望のニューアルバムです。現在はLAに拠点を移し新たな展開をはじめたようです。前作同様にピアノ、ドラム、ベースやギター、ストリングス等々のマルチレコーディングによるアコースティックな響きをベースに、盟友FEISTやチリー・ゴンザレス、MIGUEL ATWOOD-FERGUSONたちLAのキーパーソンも参加しているようです。ぽっかりと異空間を生み出すマジカルな音世界。素晴らしい音楽体験です。日本盤はWIND BELL。2曲のボーナストラックに加えてデラックス・エディッションとしてもう一枚正規のフィジカルリリースがされていなかった音源を集めたCD(これがまた素晴らしい!)が付いています。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

TONY CONRAD WITH FAUST - Outside The Dream Syndicate : CD

絶対聴くべき。今もって素晴らしいドローン/ミニマル・ロックの歴史的遺産。TONY CONRAD WITH FAUSTの「Outside The Dream Syndicate」が再発!

ドリーム・シンジケートの一員としてラ・モンテ・ヤング、マリアン・ザジーラ、アンガス・マクリース、ジョン・ケイルらと共に永久音楽劇場に早い時期に関わっていたヴァイオリニスト、トニー・コンラッドが72年にFAUSTと録音した、90年代以前のリリースでは唯一となるアルバム「Outside The Dream Syndicate」。(音楽から離れ映像作家として活動し90年代にジム・オルークのバックアップで復活をとげ、60s70sの録音がリリースされます。)前衛ロックに多大な影響を与え続けた大名盤。絶対聴くべき一枚です。ジム・オルークがライナーノーツを手掛けています。まずはCDで入荷しました。久々にこのアルバムを売ることが出来ることを心待ちにしていた矢先の訃報。残念。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

DJ KENROU - Peek : CD-R

DJ KENROU Peek

backyard1Rec × VOUL (JPN)
CD-R //
---- yen (税込)

鹿児島よりナイスミックスが到着。

鹿児島のシーンの中核の一人、県外でも活躍しているDJ KENROUのMIX。SOUL~JAZZ~DOWNTEMPOを中心に、丁度良いテンションをキープするグルーヴィなサウンドで、ずっと長く聴いていられます。ドライブやショップでかける音源としてもオススメです。 (ヤマ)

南国鹿児島、Skate & Curryで話題のHotなスケートパーク「VOUL」にて2016.4.24(sun)、主催のサンデーアフタヌーンパーティー「LAID LUCK ROOM」時リリース。VOUL PRESENTS MIX CD Vol.2、ジャンルレスなミックスで様々な日常のシチュエーションにて楽しんで頂ける内容となってます!
DJ KENROU
(Side C / LAID LUCK ROOM / backyard 1 Rec / WILD THING)
1984製。緑。2000年以降のフリーフォームとそれ以前のムーブメントを昇華するいわゆる過渡期の世代出身。Deep&Dubbyな前衛的一面、又はオブスキュア兼オルタナティブ、Floorとの対峙を軸に流動的現場主義なスタイルは体感する者を独特な世界へ。2009年DJ KOUKI.KとのMIX CD”FRONTLINE COMBINATION MIX”を発表。2016年3月中国地方(広島/岡山)ツアーで制作された”SHAREGR∞VE MIX”を自身のレーベルbackyard 1 Recより全国リリース。また、4月にはSkate & Curryで話題のHotなスケートパークVOULよりジャンルレスなMIX、”Peek”をリリース。県内外選ばず様々な場所でのプレイを定期的に敢行し、日々に盤掘り、各地にフォロワーを増殖中である。

RECOMMENDED再入荷

HIDAI - Beachwhistle Mix Vol.5: Focus On Tone Mixed By HIDAI (OtOdashi) : CD

神奈川の秘境ビーチで真夏に開催されるオープンエアフリーパーティー”Beach whistle”が発信するDJmix シリーズ第4弾!!!「OtOdashi soundsystem」をひっさげ、OPEN AIR PARTY『PARAMOUNT』を創めるHIDAI。

hidai氏の音や環境へのこだわりは衝撃的で、この人らはパーティーを作る職人なんだろうと尊敬の念を持っていた。このDJミックスにはそのDJの持つ世界観やセンス、全体を通してのストーリーなどの他に、何とも言葉では表現し辛い「あのフィーリング」みたいなものが込められている事がある。それが何かは分からないが、自分はBeach Whistleの深夜の不思議なフィーリングみたいなものを感じた。「あのフィーリング」からは夜の海と不思議な恍惚を。そしてこのミックスからはhidai君のストイックなまでのこだわりを感じる。:::text by 遠山 瑞紀(AVA) :::

*試聴は15秒程度ずつ抜粋しております。

RECOMMENDED再入荷

SOICHI TERADA PRESENTS - Sounds From The Far East : CD

LARRY LEVANにも愛された日本人プロデューサー寺田創一氏と横田信一郎氏のFAR EAST Recordingsの音源がRUSHHOURからアナログ・リリース!

PARADISE GARAGE CLASSICSとして知られ、CREME ORGANIZATIONのマスターピースとしても知られる島田奈美の「Sun Shower」を代表曲にもつ寺田創一とその門下生横田信一郎の音源をリリースした「FAR EAST Recordings」のコンピレーション登場!Sun Sowerの別テイクや永山学と寺田創一の名曲[Love Tension]の別テイク、 SINICHIRO YOKOTAの「Do it Again」コンピレーションの立役者でもあるHUNEEによるエディットやCDのみでリリースされていた曲も含む全12曲! (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

BERNARD FORT - Paysages Sonores Du Mexique - Soundscapes of mexico- : CD

フランス・リヨンのフィールドレコーディング電子音楽の名録音技師、名職人Bernard Fortによる2014年南米メキシコをテーマにしたフィールドレコーディング秀作。繊細で美しい臨場感あふれるメキシコ熱帯ジャングルの音風景が瑞々しく広がっている。ちょろちょろと水の流れる音と鳥や虫、蛙たちの電子音楽にも通じるかのようなミニマルでアルファ波な静かなるサウンドスケープの調和が美しすぎる。

メキシコ・プエブラ州の人類が未踏の熱帯雨林の朝〜夜までのドキュメンタリー。グラテマラ国境でマヤ人のラカンドン族が棲む、チアパス州のパレンケ遺跡周辺の朝の録音。メキシコ中央高地グアナフアト州の街サン・ミゲル・デ・アジェンデの夜。全12トラック。名録音技師Bernard Fortのセンスと技術とロケーションの粋が三つ巴で合致した素晴らしいフィールドレコーディング・サウンドスケープ傑作。もちろんリラクゼーションにも最適。信頼のフランス民族音楽・世界音楽の名レーベルFREMEAUX & ASSOCIESのフィールドレコーディング・シリーズからの2014年リリース作。当店2017年初入荷。ストックいたしました。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

LIVELOVES - Lock’N’Loll Love Letter : CD

LIVELOVES Lock’N’Loll Love Letter

LL (JPN)
CD // LLLL2016
---- yen (税込)

日本のパンク/ニューウェイブ初期の80年代から活動しているHILA(ex:BOREDOMS、花電車)、ブラボー小松(ex:東京ブラボー、KINOCOSMO)、MIYA(ex:NXS)の元AOA3人+KAYAN(OOIOO)、MAKI (FUNNY&TUTTI)という百戦錬磨の猛者達5人によるギター5本とリズムマシーンのバンドLIVELOVESの、なんと9年ぶりのニューアルバムが届けられた。名作誕生!!!!!全7曲。

チープなリズムボックスを軸に5人のギターが重なり、共振し、巧妙なズレが交差す るカラフルなサウンドは、ポップでありながらラディカルな異空間を生み出しており、さすがの安定感とダンスミュージックへの敬愛とネクストな姿勢と感覚を存分に楽しませてくれている。ボアダムス、花電車、AOA等でヘヴィーなサイケデリックサウンドを創造してきたリーダーのHILAは、 LIVELOVESについて「これまでやってきた大音量や音圧勝負のヘビーなロックではなく、もっとシンプルでラフで、軽くステップを踏んで踊れるロック、通な大人と子供たちも楽しめるものが やりたいこと」と言います。耳馴染みが良くポップでありながら、カテゴリや時代を問わない楽 曲を収録した本作は、メンバーが影響を受けてきたロックンロールへのLOVEとオマージュに満ちたLOVE LETTERのような作品となっている。ジャケットアートワークは、AOA等のアートワークも手がけていたグラフィックアーティス ト・IPPIとのコラボレーションによるもの。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

161〜180件 / 全2424件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×