menu & search

41〜60件 / 全60件

< Back   Next >

VARIOUS - VINCENZO DELLA RATTA - The Gamelan Of The Walking Warriors : Gamelan Beleganjur And The Music of the ngaben funerary ritual : CD

アジア音楽発掘を進めるフランスのAKUPHONEから、サブライム・フリークエンシーズからの名仕事で注目されたヴィンチェンツォ・デッラ・ラッタによるガムラン現地録音。

SUBLIME FREQUENCIESからリリースされた名作、インドネシア、ボルネオ島のダヤク族の儀式の音楽フィールド・レコーディング「Kwangkay」の監修/録音を手がけたアジアン・ゴング・ミュージックの研究者で、スペシャリスト VINCENZO DELLA RATTAによるバリ島の録音のガムランのフィールド・レコーディング。1~4はバリ島北部のDHARMA SHANTI ORCHESTRA、5-9は、芸能の町ウブドでの録音。ドビュッシーやラヴェル、メシアンから、現代音楽世代、現在のテクノ以降の世代にも音楽的魅力を放ち続けるガムランの会場のざわめきもパックした良い録音です。ポリフォニックなエキゾチック・ミュージックの魔力。推薦! (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

ALIF - Aynama-Rtama : CD

ALIF Aynama-Rtama

NAWA RECORDINGS (UK)
CD // NAWA 003CD
2790 yen (税込)

2年前にリリースされたサイケデリック・エレクトロニック・エジプシャン・シャアビなMaurice Louca「Benhayyi Al-Baghbaghan」でその存在を知るきっかけとなったUK注目の新世代エジプシャン新興レーベルNAWA RECORDINGSの2015年の新作3番となる中近東アラビック・ポストロック・バンドALIFの名作「Aynama-Rtama」CDも入荷ストックいたしました。

エクスペリメンタル・サイケデリックな空気も香しくダウナー・テンションも愛おしい全8トラック。エジプト、イラク、レバノン、パレスチナから集まった5人組アラビック完全新世代を感じさせてくれる新たなポストロック的世界観が新鮮。今後の動きも注目したい。歌詞カード付き。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

HIROSHI KAWANABE - Buttah Spice Mix : MIX-CD

HIROSHI KAWANABE Buttah Spice Mix

BUTTAH (JPN)
MIX-CD // ---
1500 yen (税込)

15周年を迎えた大阪の音楽シーンと共にある東心斎橋のカレー屋BUTTAH(ボタ)から、Spice Mix。第2弾はなんと川辺ヒロシ氏によるエスニック・ミュージックをテーマにしたミックスCDです。

フィールド・レコーディング、民族音楽から伝統歌謡、打ち込みのやつまで。これ相当すごいですね。亜熱帯サイケデリックのスパイス覚醒。推薦!! (サイトウ)

RECOMMENDED新入荷

DJ ISHIKAWA - AGAINST THE DAY : CD

DJ ISHIKAWA AGAINST THE DAY

(JPN)
CD //
---- yen (税込)

静岡両替町スクランブルの名所「RAJISHAN」を拠点に活動する真打ち・DJ ISHIKAWAによる魂を揺さぶるドープなテクノ〜ハウスを軸に、長年に渡って培われたグルーヴの神髄を突くキャリア初となるミックスCD「AGAINST THE DAY」!!!!!

90年代よりDJ/トラックメーカーとして活動し、自身の主宰するパーティー「HACIENDA」、そして盟友・KAZUYOSHIとの「DEEP-IN-SIDE」を軸に、20年を越すキャリアから生まれる多彩なプレイは、先鋭的でドープなエレクトロニックミュージックから、オーセンティックなNY/シカゴハウスまで、ワイルド且つスムースに横断するミックスアップに痺れまくり!彼の手の中から時空を超えスピンされ幾つもの夜を彩ってきたストーリー、ローカルのダンス解放区の熱狂を司る男の背中、そして未来を切り開く力強い意志を沸々と感じさせる最高なミックスCDです。リリースおめでとうございます! (DNT)

■■■■■■COMMENT■■■■■■■
2曲目のハットが入る瞬間はこれ以上無い極上のタイミングで、この旅の始まりを告げる。アナログならではの緊張感と、数々の夜をメイクして来た確かなスキルで多様なグルーヴを紡ぐMIXは、ライトなMIXが巷に溢れる現在に抗うかの様に屹立する。全国各地のうるさ型DJ達も一目置く静岡の実力派・DJ Ishikawaの職人芸が冴え渡る、夜の果てへの旅。
KEIHIN(Prowler)

多彩なリズムと共に、広大な大地から遥か銀河宇宙へ! 想いの詰まった一時間のグルーヴ遊泳、とても楽しみました!
IORI(Bitta / Semantica)

RECOMMENDED新入荷

PASCAL COMELADE - Le Rocanrolorama Abrégé(Best) : CD

フランス・アバンポップ・トイポップ巨匠パスカル・コムラードの究極のベスト盤の登場です。1970年代より活動する「現代のサティ」や「ロック界のニーノ・ロータ」などとも評され、PJハーヴェイ、ヤキ・リーベツァイト、リシャール・ピナスやロバート・ワイアットら多くの著名アーティストとのコラボでも知られるフランスの奇才の長いキャリアを本人監修のもと、レーベルを超えて一枚に濃縮したファン必携の決定版が、パリの名門Because Musicからリリースされた。

おとぎの世界に迷い込んだかのようなエレガントで郷愁の唯一無二のヨーロピアン・メランコリック傑作童話音楽。トランペット、トロンボーン、コントラバスやコルネット、ピアノにオルガン、もちろんトイ楽器も駆使した、90年代初めから現在に至るまでを網羅した本人厳選の全24曲。24曲目「Ha Passat Un Angel (Version Instrumentale)」はこのベスト盤の為に新たに録音されたエクスクルーシヴ曲となっている。トラックリストからもぜひともどうぞ。推薦盤とさせていただきます。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

VISIBLE CLOAKS - Lex : CD

VISIBLE CLOAKS Lex

RVNG intl. / Scent (JPN)
CD // SCIPi-9503
2376 yen (税込)

VISIBLE CLOAKS(ヴィジブル・クロークス)待望の新作! エレクトロニックの色彩、ニューエイジの理想郷現代アンビエントの大傑作『Reassemblage』につづく新作が限定数で国内CD化 !ツアー会場と店舗限定で発売となる日本盤限定CD。

同2017年のはじめに発表した『Reassemblage』は、坂本龍一とOneohtrix Point Neverの心をもち、極彩色のエレクトロニックの海にニューエイジゆずりのユートピアな静けさが流れた、現代アンビエントの大傑作。Pitchforkにて”BEST NEW MUSIC”に選出され、Resident Advisorでは”Recommends”を獲得し、Factから”2017年春のベスト25″と評され、ここ日本でもひろがりをもった注目を受け、世界中の目と耳に留まることとなりました。そんな彼らが早くもEPをリリースします。『Reassemblage』では、Yellow Magic Orchestraが開拓したアヴァンギャルドな音への冒険心そのままに、敬愛する80年代〜90年代はじめの日本とイタリアの電子ポップやアンビエントをふまえ、演奏やサンプルをMIDIへ変換するマジックや、空間と音のあり方を研究し、あらゆる要素で合成された第4世界を描きました。とりわけ印象的だったのはdip in the poolの甲田益也子による声をつかった曲でしたが、『Lex』ではさらにその”声”の試みがつづきます。冒頭から聞こえるこの異星人のような声は、メンバーのSpencer Doranが翻訳ソフトで生成したもの。いくつもの方言とアクセントを駆使して、進化した場所と空間をみせてくれます。この音楽と一体のアートワークやビジュアルは、前作から引きつづきBrenna Murphyが担当し、この2組によって短編映画「Permutate Lex」も制作されました。『Reassemblage』と『Lex』の素材から拡張させた音楽に、生き生きとした人類の平和な未来が映る一大物語です。『Lex』は通常の12″としてリリースされるほか、日本語帯とオーディオ版「Permutate Lex」を加えたCD版が、日本を主に世界中の限られたショップや地域、ツアー先だけで入手可能。

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

ROBERT ASHLEY - Automatic Writing : CD

ROBERT ASHLEY Automatic Writing

LOVELY MUSIC (US)
CD // LCD 1002CD
1950 yen (税込)

1960年代中頃にはデヴィッド・バーマン、アルヴィン・ルシエ、ゴードン・ムンマと共にSONIC ARTS UNIONのメンバーとして米実験音楽界を率先し、その後はテレビオペラなる映像と電子音楽との表現の研究でも知られるアメリカ実験音楽を代表する巨匠のひとりRobert Ashleyの1967-1979年に制作され1979年にLOVELY MUSICよりリリースされていた初期音源集であり、

ロバート・アシュレイ本人と彼女とのベッドルーム・ピロートーク&ペッティングいちゃつき、背景のBGMまでもドキュメントを46分にわたりじっくりと静謐にカットアップ間合いコラージュ電子変調して作品化したセクシャル・エクスペリメンタルな大問題作「Automatic Writing」(sample1)収録の艶やかでセクシーな美しきスケベ実験電子音楽大名盤。1996年にCD化されるも長らくメーカー切れ、廃盤かと思われ入手困難でしたが、2017年、奇跡のリプレスが成されました。祝祝祝!!!(電子音楽通信2017.8.10) (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

ROBERT ASHLEY - Private Parts (The Record) : CD

1977年のメロウで美しいアンビエントなポエトリー電子音響のマスターピース!長らくメーカー切れ廃盤かと思われておりましたが、まさかの2017年奇跡のリプレス!!!祝。再入荷。

1960年代中頃にはデヴィッド・バーマン、アルヴィン・ルシエ、ゴードン・ムンマと共にSONIC ARTS UNIONのメンバーとして活動し米実験音楽界を率先し、その後はテレビオペラなる映像と電子音楽との表現の研究でも知られるアメリカ実験音楽を代表する巨匠のひとりロバート・アシュレイの1977年の美しい美しい、色っぽく、そして艶が溢れるアンビエントでタブラな電子音響的ポエトリー作品の傑作。遠くでわずかに聞こえるポリムーグとピアノ、クラヴィネットによる美しいメロディと控えめなタブラによるリズム、そして本人の言葉。The Park(21:31)とThe Backyard(23:53)の2曲を収録。どちらもまったく飽きさせない美しさ。 (コンピューマ)


RECOMMENDED再入荷

KINK GONG - KINK GONG: Tibetan Buddhism Trip : CD

当店でも人気のSublime Frequencies、Ethnic Minorityシリーズへ音源を提供しているフランスのフィールドレコーディング作家Laurent JeanneauによるKINK GONG名義の最新リリースは、チベット密教のマントラ、中国雲南のトランシーなゴングやベルを現地録音、そして、そこに妄想力のサイケデリック&トリップ感覚で微妙にプロセッシング&加工コラージュしたKINK GONGならではの類いまれなフィールドレコーディング特殊疑似民族音楽トリッピン・ミュージックの名品が誕生してい

江利チエミ、スリランカ、カンボジアのレア音源発掘名仕事でおなじみフランス注目の名レーベルAkuphoneからのCDリリース。「Tiberan Buddhism Trip」パート1とパート2。DLコードには、アルバム音源+ブリストルでのライブ音源+貴重写真付き。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

EVISBEATS - Buttah Spice Mix CD : CD

EVISBEATS Buttah Spice Mix CD

BUTTAH (JPN)
CD // -
---- yen (税込)

こちらも久々ストックしました。EVISBEATSと大阪東心斎橋のカレー屋「ボタ」のコラヴォレーション!

当店主宰のイベントでもフードでお世話になってる東心斎橋カレー屋ボタとEVISBEATSのコラヴォレーション。ボタ店主所有のアジア音源をもとにEVISBEATSが選曲&ミックス。「ミャンマーやらスリランカやらタイやらインドやら、アジアをグルッと回れる1枚。」アジアン、エキゾ・サウンドのミックスです。アートワークは大阪を拠点に活躍中のMASAGON。音ともばっちりリンクするナイス・アートワークです。 (サイトウ)

*試聴音源は20秒程度づつ抜粋しております。

RECOMMENDED再入荷

HIGHTIME INC. - Alchemist Now! : CD

HIGHTIME INC. Alchemist Now!

CROSSPOINT (JPN)
CD // KOKO-050
2160 yen (税込)

JUZU a.k.a. MOOCHY & DJ TASAKAによるダンスプロジェクト・HIGHTIME INC.のCDアルバム「Alchemist Now!」
soundcloud
RECOMMENDED新入荷

TSUKISHIZUKU × QOTAROO - Moon Calender 2018 : POSTER

つきしづく×QOTAROOの、Moon Calender 2018年版 プレゼントにもオススメ!

毎年大好評のMoon Calender、2018年版が入荷しました。今回はラピスブルーのカラーでより神秘的な印象に◯*こちらオーダーいただきましたら筒に入れて発送します。レコードと一緒に発送可能です。カレンダーのみのご注文で代引きの場合は695円、カレンダーのおお振込又はクレジットご利用の場合は305円の送料で発送出来ます。305円での発送は保証がございません。お荷物の追跡が出来る特定記録160円をオプションで追加できます。ご希望の場合はメッセージ欄へご記入お願いいたします。 (ヤマ)

静謐な月の満ち欠けを示してくれる12個の光の輪。 第4弾となる今回は、 凹凸のある特殊紙にラピスブルーを合わせて、 鉱石の様な質感に。 スペーシーな存在感がありながらインテリアにも合わせやすい、 ポスタータイプの月齢カレンダーです。 2018年が月のリズムと共に心地良い日々となりますように。

RECOMMENDED新入荷

VARIOUS - YOUNG MARCO - SELECTORS 002 : CD

VARIOUS - YOUNG MARCO SELECTORS 002

DEKMANTEL (HOL)
CD // DKMNTL-SLCTRS002 CD
2190 yen (税込)

DEKMANTEL企画。選ばれたDJ/プロデューサーが、コンセプトを持って挑むSELECTORSシリーズの第2弾として2017年の2月にリリースのYOUNG MARCOによる人気作。CDもストックしました。

LARRY HEARDの「DOLPHIN DREAM」、WOLF MÜLLERから、ブックラ使いの故CHARLES COHENがやっていたGHOSTWRITERSのマニアックな一曲はじめ、かなりマニアックなセレクトも交えたエレクトリニック/シンセサイザーにスポットしたユニークなダンスミュージックのセレクション。さすがセンスいいです。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

LIEVEN MARTENS MOANA - Three Amazonian Essays : CD

DOLPHINS INTO THE FUTURE ことリーヴォン・マーティンス・モアーナがフィニス・アフリカエの熱帯雨林バレアリック傑作『AMAZONIA』を素材にして制作したソロ・アルバム。エキゾチックでありながらリゾート的ではないディープサウンド。素晴らしい音世界です。じっくりどうぞ!

来日まじかのLIEVEN MARTENS MOANAとEM RECORDSのコラヴォレーション企画。FINIS AFRICAEのアルバムを丸ごと素材にリーヴォンが音源を構築したニューアルバム。楽しみにしていた一枚がついにリリースです。フィールド・レコーディング、アルバムの素材、エレクトロニクスをベースに、テープやアナログな手法と、デジタルなプロセス両方を駆使しながら、綿密に、かつ情景的な音世界を構築していて聴きこむほどにその世界の不思議な魅力に引き込まれていきます。是非ヘッドフォンか、良い音環境で体験してみてください。それぞれの曲は、フィニス・アフリカエと彼の息子以外に、武満徹、湯浅譲二、米現代音楽のパイオニア、チャールズ・アイヴズに捧げられている。 (サイトウ)

RECOMMENDED再入荷

AUNG NAING SOE - Music Of Burma - Burmese Guitar : CD

文字も音楽も近隣のアジア地域と比べてもだいぶ変なミャンマーの現地録音シリーズ。

ハワイアンスティール・ギターが元ネタ(!)らしいスライドギターの不思議な調べ。マダガスカルのギターにも通じる気も。 現地盤の荒い音色ではなく、レーベルオーナー井口氏のマスタリングで耳触りも現代的なスムーズさ。 (Shhhhh)

謎多き、摩訶不思議なミャンマー伝統音楽
現代にその伝統を伝える演奏家に迫る、珠玉の現地録音シリーズ
ミャンマー伝統音楽が放つ不思議な魅力を伝えるスライド・ギター


●ミャンマー伝統音楽の中でも、とりわけ不思議な響きを聴かせるのがスライド・ギターです。
●元を辿るとハワイのスライドギターに行き着くようですが、ミャンマー独自のチューニング・メロディーを伴って、代替えの効かない唯一無二の楽器に変身してしまいました。
●昨今は伝統音楽の中でも出番の少ないギターは、その演奏家の数も少なく、これまで広く一般に紹介されることもほとんどありませんでした。絶滅危惧種と言っていいでしょう。
●本作ではタチンヂーと呼ばれる古典とカーラーボー、キーホンと呼ばれる大衆歌謡、その他に即興演奏が収録されています。
●歌を伴うことが多いミャンマーの伝統音楽の中にあって、ギターの音色に注目した音源は極めて稀であり、アルバム作品としてはおそらく世界初となります。
●演奏を披露したアウン・ナイン・ゾーはギターの他にも竪琴やマンドリンを演奏するヤンゴン在住、1991年生まれの若手実力派。
●ギターの音色に耳を傾けてみると、ミャンマーの伝統音楽が放つ不思議な魅力の一端を垣間見る事ができます。
●本作は、クラフト紙の風合いを活かした正方形の封筒状紙袋に、CDとカードを封入しています。解説は付いていません。

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

U TIN - Music Of Burma - Burmese Guitar : CD

U TIN Music Of Burma - Burmese Guitar

ROLLERS (MYANMAR)
CD // ROL-003
1728 yen (税込)

文字も音楽も近隣のアジア地域と比べてもだいぶ変なミャンマーの現地録音シリーズ。

ミャンマー・スライドギターの生き証人、ウー・ティンさんの作品。 乾いた音色とミニマル感と、不思議な不思議な旋律。 いろんなレーベルでミャンマーものってたまにでますが、パッケージとマスタリングの丁寧さで究極盤といえるのでは。 (Shhhhh)

謎多き、摩訶不思議なミャンマー伝統音楽
現代にその伝統を伝える演奏家に迫る、珠玉の現地録音シリーズ
唯一無二のミャンマー・スライドギターの生き証人、ウー・ティン


●国の政治情勢も相まってか、ミャンマーの伝統音楽はこれまであまり広く紹介される機会に恵まれてきませんでした。
●その源流を辿るとタイやインドなど国境を面した隣国との繋がりを見つけることができますが、その演奏形態や旋律は独特で、周辺諸国の伝統音楽と比べても独特の輝きを放っています。一定のルールはあるようですが自由度が高く、フリージャズと比較されることも多々あります。
●ミャンマーの音楽家達は西洋の楽器を上手く取り込む才にも長けていました。本作で紹介するスライドギターも西洋から伝えられた楽器の一つです。元を辿るとハワイのスライドギターに行き着くようですが、見事に他に類を見ないオリジナルなミャンマーギターに変身させています。
●ミャンマーの伝統音楽というと、竪琴やサインワイン楽団がまず取り上げられますが、ギターが取り上げられることは極めて稀な事で、演奏家の数も少なく、既に絶滅危惧種と言って良いでしょう。
●本作で演奏を披露しているウー・ティンは、1930年生まれの87歳(2017年現在)。唯一無二のミャンマースライドギターの生き証人です。
●今回2日間のレコーディングで、年齢を感じさせない真髄を記録することができ、後世にミャンマーギターとは何たるか記す、歴史的な重要作品であることは間違いありません。
●本作は、クラフト紙の風合いを活かした正方形の封筒状紙袋に、CDとカードを封入しています。解説は付いていません。

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

MAN YA PYI U TIN - Music Of Burma - Virtuoso Of Burmese Guitar ~Man Ya Pyi U Tin And His Bama Guitar : CD

文字も音楽も近隣のアジア地域と比べてもだいぶ変なミャンマーの現地録音シリーズ。

この盤はミャンマー独自の打楽器、サインワイン(旋律打楽器)の美しくて可愛いらしい音色が堪能できます。 水琴窟のような調べのサインワインの音源は、知ってる限りほとんどなく、素晴らしきマスタリングでまた新たな響きに。歌声も素朴で素晴らしいですね。この盤は詳細な解説がついてます。 (Shhhhh)

※解説付:柳田 泰&荻原 和也

謎多き、摩訶不思議なミャンマー伝統音楽
現代にその伝統を伝える演奏家に迫る、珠玉の現地録音シリーズ
世界的にも非常に珍しい、スライドギター、木琴、歌、三者合奏による大衆歌謡、ミャンマー古典音楽集


●国の政治情勢も相まってか、ミャンマーの伝統音楽はこれまであまり広く紹介される機会に恵まれてきませんでした。
●その源流を辿るとタイやインドなど国境を面した隣国との繋がりを見つけることができますが、その演奏形態や旋律は独特で、周辺諸国の伝統音楽と比べても独特の輝きを放っています。一定のルールはあるようですが自由度が高く、フリージャズと比較されることも多々あります。
●本作では、既に絶滅危惧種となりつつあるミャンマーのスライドギターを中心に、木琴と歌の三者による合奏で、カーラーボーと呼ばれる大衆歌謡とタチンヂーと呼ばれる古典を聴くことができます。
●大衆歌謡と古典の音楽的な境界線は曖昧で、年代で区分けされているため大衆歌謡の多くは古典の典型的な旋律を踏襲している曲も多く存在します。
●本作でギターを披露しているのはウー・ティン。1930年に生まれたミャンマースライドギターの生き字引です。ウー・ティンの演奏に耳を傾けるとミャンマー・ギターの真髄を感じることができるでしょう。また、三者の合奏に耳を傾ければ、ミャンマー伝統音楽の独特な音楽形態に気づかされるはずです。
●ギターを中心に据えた合奏を収録した音源は非常に珍しく、アルバムとして世に発表されるのは世界初となるでしょう。歴史的に見ても貴重な作品であることは間違いありませんが、音楽的にもミャンマー人の人懐こさをそのまま体現したかのような、ついつい聴きたくなる中毒性のある作品となっています。
●本作は、クラフト紙の風合いを活かした正方形の封筒状紙袋に、CDとカードを封入しています。
●また、シリーズ中唯一、柳田 泰氏と荻原 和也氏による詳しい解説も付いています。
※ミュージック・マガジン誌2017年11月号『Album Reviews』ワールド・ミュージック欄で10点満点を獲得しました。

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

41〜60件 / 全60件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×