menu & search

61〜80件 / 全171件

< Back   Next >

CMT - DESCONOCIDO : MIX-CD

CMT DESCONOCIDO

SBM RECORDINGS (JPN)
MIX-CD / SBM015
---- yen (税込)

CMTのライフワーク・ミックス・シリーズ最新作「DESCONOCIDO」、あのビルから始まった〈SBM RECORDINGS〉のカタログも遂に第15弾リリース!

「最近は現場でのDJプレイを反映させたHOUSE MIXのリリースがメインになってましたが、今作は思いっきりアッチ側に振り切った、今までリリースしたMIXの中でも一番深いかも?なストレンジミニマルハウスMIX。今回マスタリングはもちろん、ジャケットアートワークも全て自分で手掛けました。
ぎりぎりのバランスで色んな要素が成り立っているかのようなこの繊細さはなかなかパーティの現場でも披露出来る機会がなかったりするのでこの機会に是非体験してもらえたら嬉しいです」
(text by CMT)

RECOMMENDED新入荷

MOONCHILD - Voyager : CD

MOONCHILD Voyager

TRU THOUGHTS (UK)
CD / /TRUCD341
---- yen (税込)

自主レーベルから発表してきた楽曲の数々がその卓越したクオリティでスティーヴィー・ワンダー、ロバート・グラスパー、タイラー・ザ・クリエイター、ジル・スコット、ジャジー・ジェフ、ジャイルス・ピーターソンと錚々たる面子の耳を虜にしてきたLAのネオ・ソウル・トリオ=ムーンチャイルドの話題となった「Please Rewind」に続く3年ぶり3作目となる待望のニューアルバムがTru Thoughtsより届けられた。全13曲。CDも入荷いたしました。

70年代のスティーヴィー・ワンダーにインスパイアされたソフトなシンセサイザーとキーボード、甘く爪弾かれるギター、透明感溢れる優しくソウルフル&ジャジーな歌声、ふわふわとゆったりと極上に心地いいアンビエント・チリンな洗練。ニュージャジーなメロウネスR&Bソウルの珠玉。これからの季節、オールタイム様々な場所で活躍してくれそうなエバーグリーンな名盤の誕生です。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

KASHIF - BlueSongs : CD

KASHIF BlueSongs

BILLBOARD (JPN)
CD / HBRJ1025
---- yen (税込)

様々なブルーがナイーヴ&センシティヴに交錯する、丁寧に紡がれた私小説的プライベート・ソウル珠玉の全11曲。青々しい歌声も凛とフレッシュにグッと伝わってくる名作の誕生。大推薦とさせていただきます。

横浜を拠点とするクルーPan Pacific Playaのメンバーであり、一十三十一、スチャダラパー、(((さらうんど)))、G.RINA、Sugar’s Campaignなど多彩なアーティストをギタリストとして支えてきている名手KASHIFが、最小限のゲストふたり(ゲストボーカルに一十三十一、作詞に鴨田潤)のみを迎え、ほぼひとりで丹念に作り上げた待望のソロデビューアルバム「BlueSongs」。永井博のポートレイト・ジャケットの秀逸なアートワークからも瑞々しいカシーフ・ブルーの息吹が伝わってくる。マスタリングは砂原良徳が担当。Dedicated to WOODMAN and HARU 各所で話題の一枚。newtoneにも待望入荷いたしました。トラックリストからもどうぞ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

KAFUKA - Laws Of Nature : CD

KAFUKA Laws Of Nature

PERFECT TOUCH (JPN)
CD / PT011
1620 yen (税込)

大阪を拠点に活動するKazuomi EshimaによるソロプロジェクトKAFUKAの最新作がエレクトロニック・アコースティック・メランコリックにイマジナリー素晴らしい。アナログはドイツ・ベルリンのエレクトロニカ・ドリーミー名門Project Mooncircleより、CDは大阪Perfect Touchから国内外に向けてリリースされた。全7トラック。

フィールドレコーディングによる自然音、音響エレクトロニクス、サンプリングによるオーガニック且つスピリチュアル・アンビエント&ドリーミーなエレクトロニカ・ダウンテンポ・メランコリック・ソウルフルな珠玉の音世界が繰り広げられている。細部にわたる緻密な構築美学も心地いい。トラックリストからもぜひ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

MUSLIMGAUZE - Speaking With Hamas : CD

MUSLIMGAUZE Speaking With Hamas

Staalplaat ‎ (GER)
CD / STCD140
---- yen (税込)

1999年に39歳という若さで亡くなった唯一無二のイスラミック・インダストリアル・ダブ帝王MUSLIMGAUZE、1996年にBryon Jones本人によるセレクション&未発表曲と新曲を交え発売されていたベストアルバムの老舗名門Staalplaatからの2002年リリース限定復刻盤CDの2017年限定リプレス盤!!!

様々なフィールドレコーディングの素材、言葉などがカットアップ、コラージュされながら、アラビックなパーカッションや旋律メロディがインダストリアル・ダビーにノイジーに静謐メディテーショナルに絡み合い、異常なまでの緊張感が張りつめる中、ヒリッ!と狂おしく展開される全8曲。分かりやすい派手さはないもののイスラミック・イマジナリー・エクスペリメンタル・ダビー・エレクトロニクス・アンビエント秀逸な音響構築美学のひとつの頂点を感じさせてくれる名盤。わかりやすいビート&リズムはないもののどこかテクノなグルーヴとテンションBPMも感じさせてくれる。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

PASCAL COMELADE - Le Rocanrolorama Abrégé(Best) : CD

フランス・アバンポップ・トイポップ巨匠パスカル・コムラードの究極のベスト盤の登場です。1970年代より活動する「現代のサティ」や「ロック界のニーノ・ロータ」などとも評され、PJハーヴェイ、ヤキ・リーベツァイト、リシャール・ピナスやロバート・ワイアットら多くの著名アーティストとのコラボでも知られるフランスの奇才の長いキャリアを本人監修のもと、レーベルを超えて一枚に濃縮したファン必携の決定版が、パリの名門Because Musicからリリースされた。

おとぎの世界に迷い込んだかのようなエレガントで郷愁の唯一無二のヨーロピアン・メランコリック傑作童話音楽。トランペット、トロンボーン、コントラバスやコルネット、ピアノにオルガン、もちろんトイ楽器も駆使した、90年代初めから現在に至るまでを網羅した本人厳選の全24曲。24曲目「Ha Passat Un Angel (Version Instrumentale)」はこのベスト盤の為に新たに録音されたエクスクルーシヴ曲となっている。トラックリストからもぜひともどうぞ。推薦盤とさせていただきます。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

DON'T DJ - Hyperspace is The Place / Hyperspace is No Place : CD

YPYとのツアー大阪編をニュートーンでもやらせてもらった、ドイツ、サロン・ド・アマチュア等で活躍するDON'T DJの新作がEM RECORDSから新作リリースです!先鋭エレクトロニック・ミュージックのエンターテイメント、成熟してきています。

エレクトロニック・ミュージックの空間性の構築と、変拍子、ポリリズムの時間的なマグネティック・ワールド。人間は、日常の感覚で把握できないものを知覚した時に、神秘性を読み取る。多元宇宙論、素粒子論の第一線の物理学者ミチオ・カクによると、「我々の周囲に存在するすべてのものは超空間(Hyperspace)における振動である」。DON'T DJ、EM RECORDSからリリースです。 CDも出ました。 (サイトウ)

YPYと国内ツアーし、The Durian BrothersやInstitut Für Feinmotorikのメンバーというよりも、今やソロ名義Don't DJとして異質な才能を爆発させるFlorian Meyer。彼曰く今作は「自分の中では割と聞きやすい部類になった」という。サン・ラーの名盤『Space Is the Place』(1973)にちなんだと思われる題名が示す、超空間世界をテーマにした両A面のミニ・アルバムで、あの『Authentic Exoticism』(2016)の進化版といえそうな作品。タイトルは伊達でなく、サン・ラの世界をデジタルで憑依表現したようなA面、うってかわってAA面はエチオピアかインドネシアのような音階が耳をとらえ、こちらも不可思議で妖しい異空間世界を表現したエスニック・エキゾ・テクノ音。相変わらず実験性の高い試みだが、ポップな仕上がりなっている点は彼の才能だ。A-2はデレック・ピョートルとの共作でマニアは要注目!


▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

CHOCKEE - Ondo Float : MIX-CD

CHOCKEE Ondo Float

ONDO MUSIC (JPN)
MIX-CD / ONDOMUSIC001
---- yen (税込)

広島レぺゼン、薬研堀と平和大通りの交わる付近の一角に佇む老舗「音戸温泉」のランドリーを抜けた地下にある、あたたかな空気と皆の笑顔の拠りドコロ・音楽食堂「ONDO」から届いたMIXシリーズ、〈ONDO MUSIC〉の第1弾!

某中古レコード店のスタッフなどを経ながら、街に訪れるマルチな方面のDJや国内の名だたるミュージシャンらの公演のサポートDJをこなし、長年培ってきた現場感覚とセンスでジャンルレスにパーティーを横断しする広島の地下シーンに不可欠な皿師・DJ CHOCKEEによるニューミックス! (DNT)

RECOMMENDED再入荷

WAYANG SUKAWATI - Ketut Madra : CASSETTE

WAYANG SUKAWATI Ketut Madra

BALI (IDN)
CASSETTE / B 366
1234 yen (税込)

バリ島の影絵芝居劇で演奏されるグンデル ワヤンというタイプのガムランは、バリのガムラン演奏の中でも最も習得が難しい楽器だと言われている。

通常のガムランはバチを右手に1本だけしか持たず、左手で叩いた音を止めていく。このグンデル ワヤンという楽器は、バチが2本で左右の手で持って演奏される、しかも拳の下側で叩いた音をミュートしていくという考えただけでもこんがらがる楽器です。グンデル ワヤンは地域によりスタイルが分かれている。1番激しくメジャーなスカワティ村、甘い曲が多いデンパサールのカユマススタイル、その中間ともいうべきタバナンスタイル、オリジナルの個性的な曲が多いカランガッサムと、そのスタイルの違いを聞き比べるだけでもお腹がいっぱいになってしまう。バリヒンズー教の儀式の中でも特に重要な位置を占めるグンデルワヤン。グンデルワヤンがないと儀式が成立しない儀式も多い。今回のカセットは、激しく1番バリエーション豊かなスカワティ村の有名語り手(ダラン)の1985年あたりに録音された音源である。 (辻 圭介)

辻 圭介 [バリ ガムラン ライブラリー] www.gamelan.asia

RECOMMENDED再入荷

LIVING DEAD - Recking Room : CD

LIVING DEAD Recking Room

O-RICH (JPN)
CD / ORL016
---- yen (税込)

京都の奇才トラックメイカーLIVING DEADによる自身初のMIX CD!

NAGAN SERVER、BUPPON等ラッパーへの楽曲提供や、MANTIS、犬猿、インドネシアSENYAWAのヴキール・スヤディーのRemix他、写真家やペインターの個展用にMIX CDを細作するなど、多方面にわたって活躍しているLIVING DEADのMIX CD。パーカッシブなダンスビートの始まりから徐々にドープにねじ込んで行く、かっこいいビートものの選曲は流石だなと感じます。静岡のHISA氏によるアートワークもナイス! (ヤマ)

LIVING DEAD ( U.G.R.R.) ストリートアート集団Under Ground RaILL Roadのトラックメイカー。バウンシーなヒップホップベースの楽曲制作を最も得意としつつ、重低音ダブリミックスからメロウなアコースティックサウンドまで、振り幅広く音楽と音響を追求する生粋のミュージック・ラバーでもある。掬い上げた玉音をデジタルに落とし込み、様々な機器を駆使し、磨き抜かれた最高音響でダンスフロアのヘッズ達を音の涅槃へと導く。近年タイや台湾など海外でのプレイも積極的に行ない、トラックメイキングと共にDJとしての活動にも力を注いでいる。2013年1stアルバム"Private Anthem"をMONOADAPTERよりリリース。2015年ギタリストMarron a.k.a. dubmarronicsとのユニットDEAD MARRONICS名義でアルバム"SOMATERIAL"をSoftribeよりリリース。スケートボードシーンからの支持もありTIGHTBOOTH PRODUCTION、GRAPEVINE ASIA、SKATE ATOMへのサウンドトラック、NAGAN SERVER、BUPPON、焚巻、STINKY SCIZA(BongBros)などラッパーへの楽曲、MANTIS、BIJA、COLTECO、犬猿、Meisoが所属するユニットLIONZ OF ZION、インドネシアの民族楽器奏者ヴキール・スヤディー(SENYAWA)のRemix、ワークウエアメーカー"senelier"や革工房"yes crafts inc"等の企業が作成したPVへ音源を提供、写真家やペインターの個展用にMIX CDを製作する等、多岐にわたって活躍している。

https://youtu.be/hF0agaO1Qys

RECOMMENDED新入荷

BRUNO PERNADAS - How Can We Be Joyful In A World Full Of Knowledge : CD

(極)地で話題を読んでいるポルトガルのストレンジ・サイケ・ポップ。BRUNO PERNADASの3作品。ストックしました。超いいです。BEACH BOYSや60s ポップから脈々と流れるUSロック/ポップ・サイケデリアの血を脈々とうけつづDIYなサウンド。 STONE THROWの今の感じにも通じる。

ポルトガルのスフィアン・スティーブンス! ジャズ、ヒップホップ、フォーク、インディーロックを通過したギタリスト/キーボーディスト/作曲家、ブルーノ・ペルナーダスの3作品を一挙に取扱。 多彩な音楽からの影響と、ジャズの素養による高度な演奏/作編曲能力を駆使した才能が、ヨーロッパの最西端でも花開いています。

2014年にリリースされた本作はブルーノにとってのデビュー・アルバムにあたる作品。2008年から2013年の5年間をかけて彼のホームスタジオでプリ・レコーディングされていた音源をひとつのアルバムにあらためてまとめたものである。ジャズやフォーク、サイケデリック・ロック、ヒップホップ、スペース・エイジ・ポップといった音楽が溶け合ったシネマティックな世界観はすでに完成の域に達している。João Correia, Afonso Cabral, Francisca Cortesão, Margarida Campeloといったポルトガルの一流ミュージシャン達も参加。

これまで日本ではあまり知られていなかったものの、2016年に同時リリースされた2作品をきっかけに本格的に紹介されるに至った。SNSを中心に早耳のリスナーたちや音楽評論家の間ではすでに話題となっている。

soundcloud
RECOMMENDED再入荷

THE RADIOPHONIC WORKSHOP - Burials In Several Earths : 2CD

UK電子音楽の真のパイオニアであり、UKのクラフトワークとも称され、GEORGE MARTIN や BRIAN JONES にも一目置かれ、エイフェックス・ツインやハーバートをも虜にする、イギリス放送局BBCの伝説的音響チームであり、作曲家と技術者による専門家集団、レディオフォニック・ワークショップが2017年、まさかの最新作アルバム『Burials In Several Earths』をリリースした!!!CDは2枚組。全4トラック。もちろん大推薦とさせていただきます。

1958年にイギリスの放送局英国放送協会 (BBC) の中に電子音楽の研究所として、ダフネ・オラムとデズモンド・ブリスコーによって創設され、JOHN BAKER など後の実験音楽ファンにもお馴染みの専属コンポーザー、ディレクターを抱えた英国におけるミュージックコンクレート、ノイズ、アンビエント、オシレイションの草分けで、イギリスの伝統的なテレビ番組『Doctor Who』や『TheHitchhiker's Guide to the Galaxy』のサウンドトラックを担当してきたBBCの伝説的音響チーム、レディオフォニック・ワークショップがアルバム『Burials In Several Earths』を、彼ら自身が新たに設立したレーベル "Room 13" からリリースした。本作は、フランシス・ベーコンによる1627年未完の作品『NewAtlantis』にインスパイアされており、アナログ〜最新のデジタル機材までを駆使したアトモスフェリックかつイマジナリーなエレクトロニック・アコースティックな独自のオリジナリティの音世界を完璧に展開している。また、ヒューマン・リーグやヘヴン17でお馴染みのマーティン・ウェア、そしてケミカル・ブラザーズやアンクル、ニュー・オーダー諸作でその意匠を凝らしてきたグラミー賞受賞エンジニアのスティーヴ・ダブ・ジョーンズがゲスト参加しているのも見逃せない。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

SHOGUN NAOJI - NAOJI RULED. : CD-R

SHOGUN NAOJI NAOJI RULED.

SHOGUN TAPES (JPN)
CD-R /
---- yen (税込)

心の平穏、巷のモノマネ、そして、狂気ハードコア。シャットダウン!人生とは?SHOGUN TAPES 鬼才ショーグン・ナオジによる青春群像ナンセンス・スポークンドラマ名シリーズ「NAOJI KILLS」「NAOJI KILLED」「NAOJI RETURNS」ときて、まさかの第4弾「NAOJI RULED.」が届けられた!!!

いきなりの東京某ワールドミュージック専門店○ルスールレコード店主の衝(笑)撃の物まねで始まる、そして、ブンブンさんへと。、、 話芸カットアップMIXによる衝撃の大問題作「NAOJI KILLES」「NAOJI KILLED」「NAOJI RETURNS」のネクスト!のネクスト地平!再起動!第四弾。全32トラック38分収録。newtoneにも入荷いたしました。デザイン/選曲:2yang (コンピューマ)

RECOMMENDED再入荷

MERZBOW - eureka moment : CD

MERZBOW eureka moment

BLACK SMOKER (JPN)
CD / BSMX-073
---- yen (税込)

ヴィーガン・ストレイト・エッジ・ノイズ

日本が世界に誇る異能、Merzbow。多作で知られる彼が自身の未発表音源で制作したMIXCDをBLACKSMOKERよりリリース!

「これは謀らずもかなり正当な意味でのMERZBOW=秋田昌美のセルフミックス音源になってい るのではないか。ここまでブルータル且つキャッチーな形で様々な意匠に訴えかけてもらえる経 験などそうない。もはやミクスチャーである。しかも全く2017年に相応しい音だ。」 那倉太一( ENDON)
●MERZBOW 秋田昌美によるヴィーガン・ストレイト・エッジ・ノイズ・プロジェク ト。80年代初頭のノイズ・インダストリアル・シーンに参加し海外の レーベルを中心にリリースを始める。90年代にはグラインドコアの影 響を受けデスメタルのレーベルRelapseからアルバムをリリース。 2000年代にはmegoの「punkなcomputer music」に共鳴、ラップト ップによるライブ手法を採用した。2003年頃から「動物の権利」(ア ニマルライツ)の観点からヴィーガン(完全菜食主義)を実践している 。「捕鯨反対」「イルカ漁反対」「毛皮反対」等をテーマに作品を制作 している。近年はアナログ機材を主体にした音作りを行っている。

RECOMMENDED新入荷

COMPUMA - Lateral Thinking feat. KILLER-BONG : CD

…もしクラブで、レコ屋でかかったら、誰もが「これなんすか?」と訊ねるであろう、エレクトロニック・フリー・コズミック・ジャズ。COMPUMAが90年代からずっと推していたサン・ラーの境地を見つめながら、彼はまた新しいところに向かっているようだ。

『2016年はアンダーグラウンドの重要性を見失った年だった。部屋に積まれたCDを見るとビヨンセ、フランク・オーシャン、ソランジュ、で、えーとほかは……もちろんあるよ、だけどなんなんだ、昔は、たとえばいま現在フランク・オーシャンの(配信ではなく)フィジカルをゲットするための努力をひとはアンダーグラウンド・ミュージックに向けていたものだった。それは物欲から来るものではない。いや、物欲もあろう、しかし、フェティッシュな感性から来るものでもない。とにかく、音楽への愛がまずあった。ぼくがいまフランク・オーシャンのCDをゲットしてニヤつくとき、「やったぜ」という快感はある。が、同時になにかにコントロールされている気もうっすらと感じているのだ。買い方までも。

 COMPUMAは、日本のアンダーグラウンド・ミュージック・シーンの王様のひとりである。DJであり、そして偉大なバイヤーでもある。90年代半ばの日本において、彼が仕入れた音楽(初期電子音楽、現代音楽、実験音楽、モンド、カルトなサントラそしてUSエレクトロなど)は、日本のポップ・シーンからストリートまで影響を与えてきたが、彼のセレクションはつねに、ジャンルの壁を切り崩し、そして音楽を更新するための志に基づかれていた。いまもそうだ。

 この度、ブラックスモーカーからリリースされる彼にとっての最新ミックスCDからも、アンダーグラウンド・ミュージックの現在そして未来への連なりが見える。ディープ・ハウスの懐古ではなく、その現在進行形、いま生きているもの、それはすなわちいまも輝けるアンダーグラウンド・ミュージックを伝えているのだ。たった10人のために、しかしそれがやがては100人にも10000万にも膨らむであろう起点……もちろん未来がどうなるかなんてわからない。ボーカロイドが総理大臣になることはないだろうが、好むと好まざるとにかかわらず音楽のおおよそ大半は、デジタル・ワールドにある。クラブの数は増えたがそのほとんどが音楽のためではなくビジネスのため。アンダーグラウンド・ミュージックは、基本的には昔から愛で動いている。それはCOMPUMAのミックスの根底にあるもので、彼はいまもたった10人、いや、たった5人、いや、わずかの1人のためであろうが、音楽を繋ぐ者である。

 本作のパート1は、2016年の夏、フォレストリミットにおけるライヴDJ音源。これは、UKのネットラジオNTSのFTDレーベルの番組で放送されている。パート2は、90年代の日本のエレクトロ・シーンにその栄光を刻んだADS時代の彼のシンセ演奏をミックスした音源にKILLER-BONGが音を加えたもの。言うなればCOMPUMA meets KILLER-BONG。これらの音源は、ADS~スマーフ男組でともに活動をした村松誉啓氏が2017年1月に永眠する前に録音されている。運命的というか、なんとも妙な時期の重なり方をしてしまったわけだが、なんにせよ、パート2で演奏されるアナログ・シンセサイザーの音響は、それ自体が生きているようにうねっている。もしクラブで、レコ屋でかかったら、誰もが「これなんすか?」と訊ねるであろう、エレクトロニック・フリー・コズミック・ジャズ。COMPUMAが90年代からずっと推していたサン・ラーの境地を見つめながら、彼はまた新しいところに向かっているようだ。』
(野田努)

RECOMMENDED再入荷

TOSSY - Message Of The Prayer : CD

TOSSY Message Of The Prayer

CHILLMOUNTAIN (JPN)
CD / massagesystem22
1944 yen (税込)

関西を拠点に数多くのパーティーを支えてきたDJで、DIYなエンジニア、音楽家、クジラウオ / ChillmountainのTOSSYの「Message Of The Prayer」。整体屋ソウジとCHILLMOUNTAINがCDリリース!Message is massage.

CHILLMOUNTAIN/クジラウオを拠点に活動するDJ TOSSYがフルアルバム・リリース!5章からなる40分弱の「Message Of The Prayer」と「NuambiAge (SAION)」。ゲストに、音響スペース・ギタリストKETA RAやWA-NO、タブラのYUJIさん。空間にマジックを起こす声の出演は、ありひるあ。KABAMIXのマスタリングで仕上げられた桃源郷的空間音楽。いいですよ。 (サイトウ)

辺境音楽、伝統音楽、民謡、音頭など織り交ぜて、 ORIGINAL な World Style とアナログ精神で改進する dj tossy (ChillMountain)が "AMBIENT" として提示する新感覚超越アンビエントMUSIC。

ハイブリッド・ニュー・アンビエイジ / ドローン / スペイシー / アーシー/ サイケデリック / ネイチャー、そんなキーワードを連想させる。鳥や虫のフィールドレコーディングや、レコードなどで自然の音をコラージュで彩り、guitar や poetry reading、ボーナストラックでは、インド楽器のタブラまで混ざり合い溶けあうゆらぎ。デジタルとアナログが融合する「空間音楽」。

soundcloud
RECOMMENDED新入荷

ゆうき - あたえられたもの : CD

ゆうき あたえられたもの

OKIMI (JPN)
CD / OKIMI-016
2484 yen (税込)

OORUTAICHI(オールタイチ)とYTAMO(ウタモ)による新しいプロジェクト"ゆうき"の1STアルバム。昨年リリースされ大きな反響を呼んだアルバムが再プレスのタイミングでニュートーンにもやってきました!

OORUTAICHI(オールタイチ)とYTAMO(ウタモ)が、「歌」に焦点を当てたユニット"ゆうき"の、昨年末にリリースされた1ST アルバム「あたえられたもの」。ニュートーンでも取り扱い開始しました。元SAKEROCKの伊藤大地と田中馨、波多野敦子、シャンソンシゲル、濱本大輔(MaNHATTAN)達をゲストに迎え録音、ミックス&マスタリングは西川文章。アナログな質感の歌、ギター、鍵盤&エレクトロニクス。詩の世界。二人とバンドのアンサンブルが、特別なものを産んでいる。何十年か後に聴いても響くようなエヴァーグリーンな音楽だと思います。まだ手に取られていない方は是非! (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

KAMATAN - Water Song : MIX CD

KAMATAN Water Song

RIDE GROOVE (JPN)
MIX CD / RG-M04
---- yen (税込)

仙台を拠点に活動するKAMATANのミックスCDがRIDE GROOVEからリリース!

年季入ったサーフェイスノイズまじりのジョニ・ミッチェルで幕開け、妖精が、妖精のうたう水の歌をプレイする。仙台に生息するカマタンと共にゆったりと巡るサウンドトリップ。是非!*試聴は前半部分を15秒程度ずつ抜粋しております。 (サイトウ)

RIDE GROOVE MIXシリーズ第4弾は、嗅覚鋭い音楽好きの間では既にキーパーソンとして知られる仙台PangaeaのKAMATANによる作品『WATER SONG』。
アナログ・ノイズと共にJoni Mitchellによるアコースティッック・ソングで幕開け、Carlos Nino & Miguel Atwood-FergusonによるDillaトリビュート・ソング、サイケデリック・メローなダウンテンポ、アコースティック・アンビエント、アフリ カや南米のリズム、メロー・バレアリックなAOR、ビターなSSW 、ジャズの響き、エキゾチック、ダブの響き、ヒップホップのビート感等、心地よい音の風景が、タイトル『『WATER SONG』』の通り、水の如くスーっと染み渡る様な選曲とMIXで描かれていく。 ジャケットアートワークには、同じく仙台に活動拠点を置く話題のアーティスト"朱乃べん"が力を添えます!

RECOMMENDED再入荷

DAVID TUDOR - Microphone : CD

DAVID TUDOR Microphone

CRAMPS (ITA)
CD / CRA 154562CD
1750 yen (税込)

1973年イタリア名門Cramps内の実験音楽シリーズnova musicha n.16としてリリースされた、JOHN CAGEの盟友にしてアバンギャルド・ピアノ奏者、US電子音楽巨匠DAVID TUDORの代表作、マイクとスピーカーによるエレクトロニクス・フィードバックの雄叫び、咆哮の間合いが、音と空間の侘び寂びと共に、電子機器の悲哀やロマンまでをも感じさせてくれる歴史的傑作「Microphone」の2004年リマスタリングCD化された名品のラストストックを発見入手いたしました。(電子音楽通信2017.

1970年のEXPO70大阪万博来日時に委嘱され制作された作品をあらたに発展させた初演「MIX A」と「MIX B」を収録。泣けてくる電子音楽。スコアとイタリア語ライナー12ページブックレット付き・デジパック。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

BEPPE LODA - Elettronica Meccanica 8/85 - Recorded live at the Italy, 1985 : CD

AFRO COSMIC STYLE ! Ltd.500『Beppe Loda - BL 8/85 Elettronica Meccanica』. "Recorded live at the Typhoon club Italy, 1985"

現在のオルタナティヴなディスコ感覚のルーツといえる、イタリアのディスコ・シーンから生まれたバルデリのCOSMICと並んで重要なレジェンダリーDJ BEPPE LODAの85年の本拠地 Typhoon clubでのライブ録音! (サイトウ)

*試聴は前半部分を15秒程度ずつ抜粋しております。

RECOMMENDED新入荷

61〜80件 / 全171件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×