menu & search

1〜3件 / 全3件

< Back   Next >
  • 1

CORNELIUS CARDEW - We Sing For The Future & Thälmann Variations : LP

CORNELIUS CARDEWが遺した名曲We Sing For The Future、Thälmann Variationsを収録。それもアメリカのピアニストFREDERIC RZEWSKIによって2002年に演奏されたものです。実験的な試みを試してきたCARDEWの中の美しいピアノの一面が素晴らしい。180gヴァイナル。

インプロヴィゼーショングループAMMや、SCRATCH ORCHESTRAなどで知られるCORNELIUS CARDEWによるピアノ曲。それも昨年に〈BLACK SWEAT〉から再発された「Attica / Coming Together / Les Moutons De Panurge」が素晴らしかった作曲家/ピアニストでありMEVにも参加しているFREDERIC RZEWSKIによる演奏です。ドイツの政治家であるERNST THÄLMANNの30周忌として作られた「Thälmann Variations(1974)」、帝国主義の世界で若い人たちの闘いを伝えることを意図したソロのピアノ曲「We Sing For The Future(1981)」の2曲を収録。ダイナミクス溢れる演奏と無駄のないシンプルな曲がエモーショナルに伝わってくる感動的作品です…。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

CORNELIUS CARDEW - Treatise : LP

CORNELIUS CARDEW Treatise

PLANAM (ITALY)
LP // CCCPLANAM
---- yen (税込)

2009年にKEITH ROWEとOREN AMBARCHIの二人によって演奏されたCORNELIUS CARDEWの追悼イベントのライブ録音となります。

193ページ(!)のグラフィックスコアで書かれたCORNELIUS CARDEWの作品Treatise。その中から4ページを選び、CORNELIUS CARDEWも参加していた即興グループAMMのメンバーであり創設者の一人であるKEITH ROWE、そしてOREN AMBARCHIが2009年にアムステルダムのBimhuisという場所で演奏した作品となります。およそギターデュオとは思えないような細切れのオシレーターのようなサウンドやドローン、特にふくよかなベースサウンドには驚きを隠せません。素晴らしいです。限定300枚。 (日野)

RECOMMENDED

1〜3件 / 全3件

< Back   Next >
  • 1

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×