menu & search

1〜5件 / 全5件

< Back   Next >
  • 1

PHILL NIBLOCK - Niblock For Celli / Celli Plays Niblock : LP

USレーベル〈SUPERIOR VIADUCT〉が巨匠PHILL NIBLOCKの初期作品をリイシュー!こちらは管楽器奏者JOSEPH CELLIを迎えて84年にリリースされた2枚目となるアルバムです。

PHILL NIBLOCKは1968年から作曲を始めましたが、録音作品をリリースし始めたのは80年代初期から。これは同じく〈SUPERIOR VIADUCT〉から再発されたPHILLの1stアルバムとなる「Nothin To Look At Just A Record」(82)に続いて2作目となります。この作品はJOHN CAGEやPAULINE OLIVEROS、ORNETTE COLEMANなどともコラボレートしている管楽器奏者JOSEPH CELLIの循環呼吸を使った演奏をオーバーダブして作られていて、この時から既にNIBLOCKサウンドが確立されている事がよく分かります。A面の「Second Two Octaves And A Fifth」は80年に8チャンネルテープレコーダーでハイトーンのオーボエを多重録音したもので、B面の「First Performance」は75年にイングリッシュホルンを使っていて中音域のドローンの上に高音のパルスがゆっくりとした周期で波打つようにして作曲された曲となっています。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

PHILL NIBLOCK - Nothin To Look At Just A Record : LP

USレーベル〈SUPERIOR VIADUCT〉が巨匠PHILL NIBLOCKの初期作品をリイシュー!こちらはトロンボーンを使って制作された記念すべき1stアルバムです!2013年に〈SUPERIOR VIADUCT〉が再発しましたが、再度リプレスされました。

PHILL NIBLOCKのデビュー作であり傑作と言われる「Nothin To Look At Just A Record」。オリジナルはPHAROAH SANDERSなどをリリースするジャズレーベル〈INDIA NAVIGATION〉により1982年に発売されました。A面、B面共にトロンボーンを使って多重録音された長尺トラック2曲のみで、この時から現在まで約40年続くキャリアの中でこのフォーマットはほぼ変わらないまま。リズムもメロディも無く、しかし音階は長いスパンで揺れ動きながら時間が留まっているような感覚に。A面では単音だけのオクターブ移動、もしくは半音階をぶつける不協和音を鳴らし、B面では和音がメインとなっていますが、トロンボーンでしか出ないようなブルルルと震える低音を中心に聴かせているようにも聴こえます。歴史的に見ても革新的なPHILL NIBLOCKの初めてのレコードです。続く2ndアルバム「Niblock For Celli / Celli Plays Niblock」と併せて是非。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

PHILL NIBLOCK - Six Films (1966-1969) : DVD

巨匠PHILL NIBLOCKによる60年代後半に作られた6つの映像作品をまとめたDVDです!

ドローンの巨匠としても知られるPHILL NIBLOCKの60年代に作られた貴重な映像作品集。Morning(1966-69), The Magic Sun(1966-68), Dog Track(1969), Annie(1968), Max(1966-69), Raoul(1968-69)を収録。中でもThe Magic SunではSun Ra Archestraによるもの!他にもMaxではジョンケージやシュトックハウゼンなどとコラボレーションしているサウンドアーティスト/パーカッショニストのMAX NEUHAUSについてのものだったりと要チェックです!! (日野)

RECOMMENDED新入荷

PHILL NIBLOCK - Touch Five : 2CD

PHILL NIBLOCK Touch Five

TOUCH (UK)
2CD // TO 091CD
---- yen (税込)

80歳を迎えたミニマリズム界の異端児でありカリスマ爺、大ベテランのNYのサウンド・アーチスト鬼才PHILL NIBLOCKの2013年新作2枚組。from TOUCH。

CD1は、チェロ、そしてエレクトリック・ハープそれぞれによる多層的なレイヤーの重なりによるミニマル・ドローンによる美学が広がる30分前後の2トラック。CD2は4台のギターのカルテットによる20分前後のミニマル・ドローン叙事詩3トラックが収められている。静謐で何もおこらないようでいながらも、エモーショナルな躍動感が存分に伝わるフィル・ニブロック爺ならではのミニマル・ドローンの圧倒的に美しい世界が壮大に広がっている。説得力。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting


RECOMMENDED

PHILL NIBLOCK - Touch Food : 2CD

PHILL NIBLOCK Touch Food

TOUCH (UK)
2CD // TO059CD
---- yen (税込)

今年で80歳を迎えられるミニマリズム界の異端児でありカリスマ爺、大ベテランのNYのサウンド・アーチスト鬼才PHILL NIBLOCKの2003年のTouchレーベルを代表する大傑作の2枚組CD「Touch Food」が嬉しい2013年レプレス。

Ulrich Kreigerのバリトン・サックスのいくつもの重なりによるミニマリズムの微細な変化と揺れによる24分20秒の「Sea Jelly Yellow」そしてCarl Robinsonのふたつのクラリネットとバスケット・ホーンによる25分18秒「Sweet Potato」さらには、Kasper T.Toeplitzの24分11秒のエレクトリック・ベースの静寂のドローン「Yam Almost May」の3トラックのDisc-1、Disc-2はReinhold Friedlのピアノによる5部構成の1時間強の壮大なドローン叙事詩「Pan Field 70」を収録。20Pにもおよぶ秀逸なブックレットと共に存分にお楽しみください。 (コンピューマ)

RECOMMENDED再入荷

1〜5件 / 全5件

< Back   Next >
  • 1

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×