menu 検索する ×閉じる

1〜6件 / 全6件

< Back   Next >
  • 1

SYNTH SISTERS - Euphoria : LP

SYNTH SISTERS Euphoria

EM RECORDS (JPN)
LP // EM1175LP
2700 yen (税込)

Euphoria=多幸感。降り注ぐ8編の電子音。未来を切り開くシンセ・シスターズのNEWアルバム!!!

電子音楽の歴史に名高いアーティストは誰かと聞けば人はシュトックハウゼンだ、クラフトワークだと、男の名前ばかりが挙がるだろう。しかしそれもまたこの先変わっていくのだと最近思う。デリア・ダービシャー、ローリー・シュピーゲルやポーリン・オリヴェロス、ドーリス・ノートンにスザンヌ・チアーニと、電子音楽に関わって来た女性の歴史は本当は広く深い。加えて近年は、我らが日本のシンセ・シスターズ、ステラー・OM・ソースやマリア・ミネルヴァなど、シンセサイザーと女性の関係の深化は実に甚だしい。彼女たちはその歴史を確実に塗り替えていく。このアルバムを聴きながら思ったのは、きっとその先に広がる世界は差別と不平等の鎖から解き放たれた、今日よりも真実味のある世界に違いないということ。---カジワラトシオ(ヒト族レコード・Antibodies Collective)


もの凄い立体感の電子の粒に包まれる。上層のコズミックな粒の壮大な広がりと美しい流れ、心地よい音階とうねり、低いところから沸き起こる太くて力強い響きにもグッとくる。何層にも幾十にも重なって広がっていく未来の世界は、多幸感、多福感でいっぱいになっていく。この切り開かれ感はちょっと凄いかも。ず〜っと聴いていたいです。---YAMA (TUMULUS/PRHYTHM)

Crossbredでもおなじみ、クラブでもノイズでも隔てなく活動してしまう希有なデュオ、Rie LambdollとMAYUKoの電子音楽ユニット、シンセ・シスターズ待望の新作。自由度の高い電子音素描集といえる前作『Aube』(2014)から一転、この『Euphoria』は、特定のイメージ(=多幸感)を主題にシンセとヴォイスのみで造り出されたトータル・アルバムだ。と言っても、アンビエントでも癒しのニューエイジ音楽でもメディテーション音楽でもない。プログレでもなければヴェイパーウェイヴでもテクノでもない。これは2020年代を目前にした今、アンダーグラウンド発の、ニッポン・シンセミュージックの深化を証明し、未来を切り開くものだ。また、クラブ爆音再生、BGM、ホームリスニング等、再生音量の度合いでガラッと表情を変えてしまう作品でもあり、各状況に応対するこの品質の高さは、三のメンバーと言って過言でないエンジニアのKabamixの手腕だ。装丁:木村銀次。- EM RECORDS -

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

SYNTH SISTERS - Euphoria : CD

SYNTH SISTERS Euphoria

EM RECORDS (JPN)
CD // EM1175CD
2160 yen (税込)

Euphoria=多幸感。降り注ぐ8編の電子音。未来を切り開くシンセ・シスターズのNEWアルバム!!!

CROSSBREDのエイリアス、シンセ・シスターズの新作アルバムがEM RECORDSからリリースです。 (サイトウ)

電子音楽の歴史に名高いアーティストは誰かと聞けば人はシュトックハウゼンだ、クラフトワークだと、男の名前ばかりが挙がるだろう。しかしそれもまたこの先変わっていくのだと最近思う。デリア・ダービシャー、ローリー・シュピーゲルやポーリン・オリヴェロス、ドーリス・ノートンにスザンヌ・チアーニと、電子音楽に関わって来た女性の歴史は本当は広く深い。加えて近年は、我らが日本のシンセ・シスターズ、ステラー・OM・ソースやマリア・ミネルヴァなど、シンセサイザーと女性の関係の深化は実に甚だしい。彼女たちはその歴史を確実に塗り替えていく。このアルバムを聴きながら思ったのは、きっとその先に広がる世界は差別と不平等の鎖から解き放たれた、今日よりも真実味のある世界に違いないということ。---カジワラトシオ(ヒト族レコード・Antibodies Collective)


もの凄い立体感の電子の粒に包まれる。上層のコズミックな粒の壮大な広がりと美しい流れ、心地よい音階とうねり、低いところから沸き起こる太くて力強い響きにもグッとくる。何層にも幾十にも重なって広がっていく未来の世界は、多幸感、多福感でいっぱいになっていく。この切り開かれ感はちょっと凄いかも。ず〜っと聴いていたいです。---YAMA (TUMULUS/PRHYTHM)

Crossbredでもおなじみ、クラブでもノイズでも隔てなく活動してしまう希有なデュオ、Rie LambdollとMAYUKoの電子音楽ユニット、シンセ・シスターズ待望の新作。自由度の高い電子音素描集といえる前作『Aube』(2014)から一転、この『Euphoria』は、特定のイメージ(=多幸感)を主題にシンセとヴォイスのみで造り出されたトータル・アルバムだ。と言っても、アンビエントでも癒しのニューエイジ音楽でもメディテーション音楽でもない。プログレでもなければヴェイパーウェイヴでもテクノでもない。これは2020年代を目前にした今、アンダーグラウンド発の、ニッポン・シンセミュージックの深化を証明し、未来を切り開くものだ。また、クラブ爆音再生、BGM、ホームリスニング等、再生音量の度合いでガラッと表情を変えてしまう作品でもあり、各状況に応対するこの品質の高さは、第3のメンバーと言って過言でないエンジニアのKabamixの手腕だ。装丁:木村銀次。- EM RECORDS -

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

SYNTH SISTERS - aube : CD

SYNTH SISTERS aube

DOVAILIFE (JPN)
CD // DVL.007
---- yen (税込)

【ラストストック!!!】CROSSBREDの二人の変名SYNTH SISTERS。新たな境地。素晴らしいと思いますよ。是非!

SYNTH SISTERS。CDリリース。空想的、幻想的な音の世界が繰り広げられる。TOKIO AOYAMAの絵はそのワンシーンのようであり。ポジティヴなエネルギーに溢れてます。開かれる。音の鋭利さはKABAMIX仕立てならでは。素晴らしいと思います。 (サイトウ)

*ORGANIC MUSIC/DISCO SESSIONのCHEE清水氏主宰の17853 RECORDSからアナログ・リリースされることになる名作!最終ストックです。

▼△SYNTH SISTERS△▼

CROSSBRED (RIE LAMBDOLL & MAYUKo)の2人が2007年より密かに活動、CD-Rでのリリースをしている変名ユニット。
神秘的な旋律と反復するGROOVE、何処までも拡張する瞑想空間。CROSSBREDで見られる2人独特の世界観はそのままに、5台のシンセサイザーと声のみで構成された70’sシンセプログレを彷彿させるサイケデリカル・シンセ・ドローン。

2014年6月6日、自主レーベルdovailifeよりSYNTH SISTERSとしては初のアルバムになる「aube」をリリース。
2人にとって思い入れの深い大先輩でもある 故AUBE中嶋昭文氏に向けたオマージュ的作品となっている。
ジャケには画家のTOKIO AOYAMA氏による描き下ろし、hirokichillのデザインを起用。 レコーディング、マスタリングはお馴染みKABAMIX。


▽▲Comment△▼

「ブレードランナー」ラストシーンにて、ブレードランナー・デッカードが、レプリカント・レイチェルと、朝日に向かい走り去る中、ヴァンゲリスによるテーマが流れれば、このSynthsistersの作品は、そのラストシーンより始まる、新たなアンドロイドの夢物語の如し。2人の女性アンドロイドによる有機的機械音、白日夢のような手触りのパルス、体温の如く生温かき電子音のうねり、その電子音群の隙間より伺える息遣い。そして曲が進むごとに、アドロイドの紡ぎ出す夢が、脳内に迷宮に広がるのを、唯只無言にて手を差し伸べ誘(いざな)うばかり。
河端一(Acid Mothers Temple)

女性らしいフィーリングに美しく研ぎすまされた音像と静的で水中を漂うようなせめぎ合いが描かれています。彼女達の新たな記録。
DJ NOBU (FUTURE TERROR)

人間言葉はいらないんだな。ひとり1台シンセサイザーで通じ和えるんだ、と思いました。SYNTH SISTERSとは昔、深海で出会った気がしました。ありがとう。
YOSHIMIO (BOREDOMS/OOIOO)

夜明けに響くフェミニンなコスミッシェ・ムジーク、あるいはセクシーなクラウス・シュルツェ
Satoru Higashiseto(Forever Records)


湿度の高いニューエイジ・シンセサイザー世界にじんわりと包まれ漂いながら、鼓膜を通じてイマジナリーな脳内スペースへとコミュニュケーションを行き来させております。子宮内的宇宙な非常に女性的な体温と質感の音の感触が、お二人の個性として存分に伝わってきますね。
COMPUMA

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

SYNTH SISTERS - aube : LP

SYNTH SISTERS aube

17853 RECORDS (JPN)
LP //
---- yen (税込)

CROSSBREDの二人の別名義SYNTH SISTERSの「aube」が、ORGANIC MUSICのCHEE SHIMIZU主宰のレーベル〈17853 RECORDS〉からアナログ・リリース!

大阪を拠点にノイズ・シーンとクラブ・シーンをまたにかけ活躍するフィメイル・デュオ、CROSSBREDのRIE LAMBDOLLとMAYUKoによる変名ユニットSYNTH SISTERSが、2014年に自主レーベルdovailifeよりCDリリースした1stアルバム『aube』を、同作品のサウンド・エンジニアKABAMIXの手によるマッドなリマスタリングが施されたニュー・ヴァージョンで再構成しアナログ化。Chee Shimizu(ORGANIC MUSIC)主宰レーベル〈17853 RECORDS〉から、約1年越しとなる第2作目として今初夏にドロップ。

神秘的な旋律と反復するGROOVE、何処までも拡張する瞑想空間。CROSSBREDで見られるふたり独特の世界観はそのままに、5台のシンセサイザーと声のみで構成された70’sシンセプログレを彷彿させるサイケデリカル・シンセ・ドローン。ふたりにとって思い入れの深い、ノイズ界の大先輩でもある故AUBE中嶋昭文氏に向けたオマージュ的作品となっている。アートワークには世界で活躍する画家のTOKIO AOYAMA氏による描き下ろし、hirokichillデザイン。レコーディング/マスタリングはふたりが尊敬してやまないエンジニアのKABAMIXが手掛けている。▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

SYNTH SISTERS - Milky Way : CD-R

SYNTH SISTERS Milky Way

DOVAILIFE (JPN)
CD-R // dvl.006
---- yen (税込)

SYNTH SISTERS !DOVAILIFEプライヴェート・リリース入荷です! 「CROSSBRED からのバレンタインプレゼント! 」

味園ユニバースでの復活ライヴも素晴らしかったCROSSBREDの二人の変名!未発表の新曲2曲と京都BATTERING RAMでのライブ音源。SOFTやaMadoo等々で活動中の京都のKNDがマスタリング。空間をかけ抜けるシンセサイザーのうねり。トランス・ミニマリズム。コズミックトリップ。 (サイトウ)


2人のSynthesizerがいざなうポリリズムの空間
深くきくものを独自の世界に気がつけばそこは
やさしさと驚喜 きもちい
APOLLO(eleven)

素晴らしくコズミックでサイケデリックなシンセ・ドローン。
音の粒子が飛び交うミステリアスな空間をしなやかなうねりと共に進むと、まだ見た事のない壮大な世界が広がって行く、ギャラクシー・ロング・ジャーニー。
光と闇の高次元はディープだけれどとてもロマンチック!!!
Ya△ma(FLOWER OF LIFE / PRHYTHM)

遠い遠い昔のお話
2人のSISTERSは深い深い宇宙と海の電子合成を。
甘美で憂いなサウンドストーリーは気絶するほど悩ましい。
KABAMIX(LMD/POWWOW)

RECOMMENDED再入荷

SYNTH SISTERS - Go To Spain With Kabamix : CD-R

SYNTH SISTERS Go To Spain With Kabamix

DOVALIFE (JPN)
CD-R // DVL-002
---- yen (税込)

CROSSBRED変名''SYNTH SISTERS''。2007年発売の幻の1st Recording作品が再発!

「2人のSPACE SYNTHESIZERが放つ、漆黒の中で不思議と覚醒を促すミニマルに反復する波動と生を感じるドラマチックな展開。あなたが一番リラックスできる環境で身も心も委ねましょう。 2nd Recording作「MILKY WAY」の世界観にも通じる、タイトル曲ともなった14分を超えるコズミックで壮大な大作「GO TO SPAIN WITH KABAMIX」はファンならずとも必聴!」

RECOMMENDED再入荷

1〜6件 / 全6件

< Back   Next >
  • 1

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×