menu & search

1〜8件 / 全8件

< Back   Next >
  • 1

YOSHI WADA - Off The Wall : CD

YOSHI WADA Off The Wall

EM RECORDS (JPN)
CD // EM1078CD
---- yen (税込)

大推薦!バグパイプ・サイケデリック・ドローン傑作!

NYCの60年代アヴァンギャルド/現代音楽の最深部、ラ・モンテ・ヤングの永久音楽劇場やフルクサスにも参加したYOSHI WADAのEM + OMERGA POINT共同企画による再発第3弾!85年のバグパイプのドローン。ドローン?サイケデリック・ミュジック・ファンマストの脅威のアルバム!テクノやサイケデリックを通過した耳なら、絶対はまるはずの素晴しいドローン/ミニマル・ミュージック。傑作。 (サイトウ)


About This Album;

RECOMMENDED再入荷

YOSHI WADA - The Appointed Cloud : CD

YOSHI WADA The Appointed Cloud

EM RECORDS (JPN)
CD // EM1076CD / OP-0005
2484 yen (税込)

エム・レコード&オメガポイント<ヨシ・ワダ再発見の旅>第二弾は、20年来封印されていた代表作、超絶ドラッギーな『ジ・アポインテッド・クラウド』の初リリース!!!!

NYCに渡りラモンテ・ヤングらと共に活動していたヨシ・ワダのヴォイスドローンの傑作「Lament For Rise And Fall Of The Elephantine Crocodile」'81年に続いて87年に録音されていた60分に渡るパフォーマンスがCD化! (サイトウ)


■本作について■(from EM RECORDS)

RECOMMENDED再入荷

YOSHI WADA - Lament For Rise And Fall Of The Elephantine Crocodile : CD

ラモンテ・ヤング、デヴィッド・ローゼンブームと並ぶサイケデリック・ドローン三種の神器!遂にCD化!!

エム・レコードとオメガポイントの共同リリースによるドローン名作伝説の一枚再発! (サイトウ)

『ヨシ・ワダ。この伝説のアーティストの作品に接したことがある人ならば、名前を聞いただけで総髪逆立つ快感に襲われるにちがいない。
 1943年京都生まれで、60年代末にニューヨークに渡り、ラモンテ・ヤングの永久音楽劇場に参加。フルクサスの作家としても知られている。現在もインスタレーションや実験的舞台のための音楽等、多彩な活動をしている。
 実は彼のフルアルバムはLP2種類のみで、いまや万単位で取り引きされるレア名盤となってしまっている。そのヨシ・ワダの最高傑作として名高い『ラメント・フォー・ザ・ライズ・アンド・フォール・オブ・ジ・エレファンタイン・クロコダイル』がついに復刻された。オリジナルマスターテープからの、彼の初のフルCDなのである。
 1000mの地底からの呼び声のような、倍音に満ちたディープ・ヴォイス作(ラモンテの師匠パンディット・プラン・ナートから学んだ発声法による)と、バグパイプを組み込んだ自作楽器とヴォイスによるサイケデリック麻薬ドローン。高音質マスタリングでドラッグ度も最高、更にエディット無しの完全版を収録!これらラモンテの影響も明らかな音楽は、一度聴けば即刻天国に連れていかれ、そのまま戻ってこられないほどの最強アイテムである!!』

RECOMMENDED再入荷

YOSHI WADA - Off The Wall : LP

YOSHI WADA Off The Wall

SALTERN (US)
LP // SLT 003LP
---- yen (税込)

大推薦!バグパイプ・サイケデリック・ドローン傑作!

NYCの60年代アヴァンギャルド/現代音楽の最深部、ラ・モンテ・ヤングの永久音楽劇場やフルクサスにも参加したYOSHI WADAのEM + OMERGA POINT共同企画による再発第3弾!85年のバグパイプのドローン。ドローン?サイケデリック・ミュジック・ファンマストの脅威のアルバム!テクノやサイケデリックを通過した耳なら、絶対はまるはずの素晴しいドローン/ミニマル・ミュージック。傑作。 (サイトウ)


About This Album;

RECOMMENDED再入荷

YOSHI WADA - Singing In Unison : CD

YOSHI WADA Singing In Unison

Em Records (JPN)
CD // EM1109CD
2484 yen (税込)

精神に作用する音楽。EM RECORDSとOMEGA POINTの共同リリース。YOSHI WADAの1978年の未発表音源。

《o o oo eo eo eoeoeeoo oo ei eio o o i e a a e ooo ie ie ie ae ue oo o》 「『シンギング・イン・ユニゾン』 この作品は、ニューエイジあるいはアヴァンギャルドといったものに関係なく、言葉がなくても通じ合えるということに関係すべきものです」とヨシ・ワダはいいます。 ラモンテ・ヤング達と共に現代音楽やフリージャズ・シーンにも多大な影響を与えたパンディット・プラン・ナートに師事し、インド古典声楽を学んだYOSHI WADAのヴォイス・ドローン4 作品の再発に続いて、未発表だった1978年のパフォーマンスがリリースされました。マケドニアの女性達の歌唱にヒントを得て、グループ歌唱でのパフォーマンス。インド古典声楽の独特の発声が共鳴しあって生み出す音の宇宙です。思考から開放され精神に作用する音楽。CDは、二日目に渡る全録音を収録したLPから抜粋してした短縮版。試聴音源は、アナログから流用しています (サイトウ)

RECOMMENDED再入荷

YOSHI WADA - Singing In Unison : 3LP

YOSHI WADA Singing In Unison

Em Records (JPN)
3LP // EM1109LP
---- yen (税込)

精神に作用する音楽。EM RECORDSとOMEGA POINTの共同リリース。YOSHI WADAの1978年の未発表音源。

 ラ・モンテ・ヤング達と共に現代音楽やフリージャズ・シーンにも多大な影響を与えたパンディット・プラン・ナートに師事し、インド古典声楽を学んだYOSHI WADA。ヴォイス・ドローン4 作品の再発に続いて、未発表だった1978年のパフォーマンスがリリースされました。マケドニアの女性達の歌唱にヒントを得て、グループ歌唱でのパフォーマンス。インド古典声楽の独特の発声が共鳴しあって生み出す音の宇宙です。3時間に渡る、思考から開放され精神に作用するマントラ的音楽。アナログは二日間にわたるパフォーマンスをLP3枚にわけて収録したフル・ヴァージョン。《o o oo eo eo eoeoeeoo oo ei eio o o i e a a e ooo ie ie ie ae ue oo o》 シンギング・イン・ユニゾン。「 この作品は、ニューエイジあるいはアヴァンギャルドといったものに関係なく、言葉がなくても通じ合えるということに関係すべきものです」とヨシ・ワダはいいます。 (サイトウ)

RECOMMENDED

YOSHI WADA - Earth Horns With Electronic Drone : 3LP

限定アナログ盤。リプレスされました!2時間40分越えのフル・ヴァージョン!

天知る地知る、人ぞ知る、これこそ冥界から人類救済のためにもたらされた福音の音楽である!ヨシ・ワダ探索の最後を飾る最終兵器『アース・ホルン』。アルプスホルン風(というにはジャンクな印象だが)の3?10mの特殊な自作管楽器4本と電子音ドローンによる、展開もほとんどなく一定の長さの持続音をそれぞれの奏者が奏でるこの驚愕の内容は、まさにラモンテ・ヤングの70年代初頭までの演奏風景の延長にあるものだ。例えばラモンテの63年の作品「高圧線トランスの第2の夢」の84年の改作のCD(Grammavision R2-79467)を聴いてみればあまりに自明。しかも、CD版ではダイジェストになっているが、実際は全体で3時間近くもかかるのだ!本作は1972年のコンポジションであるから、まさしくラモンテの共同体にいた時期であり、その影響をマトモに受けたことがうかがえる。
 アルプスホルンという楽器での演奏というのも絶妙だ。その姿はすでに作品の本質を示している。まだ後年の「ラメント・フォー・ザ・ライズ・アンド・フォール・・・」のディープ・ヴォイスのような空間への眼差しは見られないが、バグパイプに移る前段階であることは間違いない。むしろ楽器として完成されたバグパイプに対して、本作の挑発的とさえ言える珍奇な楽器群とその演奏風景にはシアター的要素も感じられ、このあたりもラモンテの影があるのかもしれない。
 このあまりにも極北な作品は、中途半端なつきあい方を拒絶するであろう。その素晴らしさに涙し、抱いて寝るしかない!35年の時を経て抱かれる日がやってきたヨシ・ワダは、本当に幸せ者である。
 さて、最終兵器という言葉は、ただ最後のリリースという意味なのか・・・?エム・レコードとOMEGA POINTの連立政権がコトを穏便に済ますはずはなく、およそ3時間の演奏すべてを収録したLP3枚組も併せて制作する。本作を頭から終いまで全部聴くことの価値はいうまでもなく、当時の記録写真はその大判サイズでこそ鑑賞に値する。(井部 治/オメガポイント)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

YOSHI WADA - Earth Horns with Electronic Drone : CD

77 分のオリジナル・ヴァージョン!

天知る地知る、人ぞ知る、これこそ冥界から人類救済のためにもたらされた福音の音楽である!ヨシ・ワダ探索の最後を飾る最終兵器『アース・ホルン』。アルプスホルン風(というにはジャンクな印象だが)の3?10mの特殊な自作管楽器4本と電子音ドローンによる、展開もほとんどなく一定の長さの持続音をそれぞれの奏者が奏でるこの驚愕の内容は、まさにラモンテ・ヤングの70年代初頭までの演奏風景の延長にあるものだ。例えばラモンテの63年の作品「高圧線トランスの第2の夢」の84年の改作のCD(Grammavision R2-79467)を聴いてみればあまりに自明。しかも、CD版ではダイジェストになっているが、実際は全体で3時間近くもかかるのだ!本作は1972年のコンポジションであるから、まさしくラモンテの共同体にいた時期であり、その影響をマトモに受けたことがうかがえる。
 アルプスホルンという楽器での演奏というのも絶妙だ。その姿はすでに作品の本質を示している。まだ後年の「ラメント・フォー・ザ・ライズ・アンド・フォール・・・」のディープ・ヴォイスのような空間への眼差しは見られないが、バグパイプに移る前段階であることは間違いない。むしろ楽器として完成されたバグパイプに対して、本作の挑発的とさえ言える珍奇な楽器群とその演奏風景にはシアター的要素も感じられ、このあたりもラモンテの影があるのかもしれない。
 このあまりにも極北な作品は、中途半端なつきあい方を拒絶するであろう。その素晴らしさに涙し、抱いて寝るしかない!35年の時を経て抱かれる日がやってきたヨシ・ワダは、本当に幸せ者である。
 さて、最終兵器という言葉は、ただ最後のリリースという意味なのか・・・?エム・レコードとOMEGA POINTの連立政権がコトを穏便に済ますはずはなく、およそ3時間の演奏すべてを収録したLP3枚組も併せて制作する。本作を頭から終いまで全部聴くことの価値はいうまでもなく、当時の記録写真はその大判サイズでこそ鑑賞に値する。(井部 治/オメガポイント)

RECOMMENDED

1〜8件 / 全8件

< Back   Next >
  • 1

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×