menu 検索する ×閉じる

Event

奇奇怪怪

OCTAVE KYOTO
奇奇怪怪
2022. 07. 09 (sat)
at. OCTAVE KYOTO

Open / Start 22:00

Charge
2500yen+1drink
with flyer 2000yen+1drink
(画像提示OK: permission display flyer image by mobile)
under25 1500yen+1drink

LIVE:
AQATUKI
Marlyn Anasonic
スーパージェットキノコ

DJ S (UK):
(Social Infecsion)
DJ LOST (rhythm)
Yoshizo Kit (サンカーラ永源寺 / Ten-Qoo Tribe / AOZORA)
VINYLズ
CHARI (奇奇怪怪)
Red Sun Blues a.k.a MAMEZUKA (奇奇怪怪)

VJ:
HSMR (atractor)

Sound:
kamba

Shops:
稲穂食堂
カレー屋クスン
近江良品

More Info
シェアする



大阪、京都と交互開催の奇奇怪怪今回は約1年振りの京都開催!
今回は西日本のアンダーグラウンド祭シーンで引っ張りだこの尼崎発ロックでアシッドなインストバンドAQATUKIと大阪発ワッショイなダブでトライバルなサイケデリックバンド、スーパージェットキノコ、京都のアンダーグラウンドシーンの異端児Marlyn Anasonic。
DJには日本のテクノシーンの黎明期よりパーティーシーンを土台から支え、隆起させてきたレジェンドのひとり、KIHIRA NAOKI。
東近江より滋賀県の野外トランスシーンでは重要人物で近頃はプレイスタイルを幅広いサイケデリックの新たな境地を開拓しているYoshizo-kit、京都のローカル、アンダーグラウンドシーンで燻し銀の存在感を示し安定したグルーヴ感は催眠的にフロアをダンスさせるLOST、京都テクノ、ハウスシーンの黎明期にClub mushroomを立ち上げて元UnderworldのDarren Eerson、Detroit Technoの先駆者Derrick May、現在のminimal technoの不可欠な人物Richie Hawtin等書ききれない程の著名DJを初めて日本に紹介日本のクラブシーンの生き証人の1人で現在もフジロックフェスティバルの前夜祭の顔で唯一20年出演で奇奇怪怪共同オーガナイザーMAMEZUKAの奇奇怪怪のみの変名、Red Sun Bluesa.k.a.MAMEZUKA、奇奇怪怪の共同オーガナイザーで京都や大阪で野外ゲリラパーティーを勃発させ早くよりLeftfieldな変態的Dance musicをプレイ、予定調和という言葉の対極に位置するDJ CHARI、今回は謎の初期衝動サウンド安心安定は一切無しのDJユニット“ VINYLズ ” サウンドデザインはライブや生の音圧を申し分無く体感させながらも疲れの無い瑞瑞しい心の養分に変換しフロアに行き渡らせるPA kamba、VJは京都のクラブシーンの一番美味しいところを視てきて彼が映し出す映像はパーティーのバイブスを数段高みに上がる魔力を持つHSMR
とカオスなラインナップをお届け出来る奇奇怪怪をお見逃し無く!

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×