menu & search
  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

BASIC CHANNELのハウスサイドとしてスタートしたMAIN STREETシリーズの第3弾。TIKIMANをフィーチャリングした96年のEP。ROUND THREE.

BASIC CHANNELの9作をを終了後に、ANDY CAINEをヴォーカリストに、リミックスにRON TRENT & CHEZ DAMIERを迎え、デトロイト、シカゴのハウスにインスパイアされたROUND ONE, ROUND TWOをリリースしたMARK ERNESTUS, MORITZ VON OSWALDが、ドミニカ出身のラスタマンTIKIMANをヴォーカルに迎えた96年のROUND THREE。「Acting Crazy」。正確な資料に当たりませんでしたが同年にスタートする〈BURIAL MIX〉のRHYTHM & SOUNDに先駆けるリリースだったのでは?、そうだとしたら歴史的とても重要な意味をもつ一枚だと思います。BASIC CHANNELやMシリーズの数作で顕著になってきたレゲエ/ダブからの影響をストレートに反映した傑作。VOCALテイクから、ダブパーツへと展開するREGGAE DISCO MIXスタイル的A-SIDEと、インスト、エディットヴァージョン。同名の使用権をめぐる裁判の末TIKIMANの名義から、PAUL ST.HILAIRE名義に変わっていますがROUND THREE FEAT. TIKIMAN 96年の色褪せることのない名曲。 (サイトウ)

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×