menu 検索する ×閉じる

ROLAND P. YOUNG Isophonic Boogie Woogie

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

夏の夜のチルアウトに最適?! な大名作!EM RECORDSベストセラーな一枚!

EM RECORDS名作ストックしました!ミニマルなカリンバをメインに繰り広げられる「 Crystal Motions」や電化クラリネットでのアブストラクトなソロワークや、エレクトリック・ド
ローンの上でサックス・ソロを繰り広げるスピリチュアルな「loveliness」。ひとつ降りた世界で繰り広げられるマジカルなサウンド。素晴らしいです。 (サイトウ)

『’70年代後半に自主制作された特異なスピリチュアル・アンビエント・ジャズ・アルバム。エレクトロ・ミニマル・ミュ?ジックとアフロ・ミュ?ジックが出会った、自己内宇宙・外宇宙との交信を図る比類なきディ?プ・メディテ?ション作品です。』
〜ロ?ランド・ヤングとは?〜

ロ?ランド P. ヤングは、"60年代から"70年代にバ?クレ?、サンフランシスコのアンダ?グラウンドFM局でDJ・番組プロデュ?サ?を勤め、ミュ?ジシャンの活動と併行し、音楽/思想/宗教/政治のメッセ?ジを発信し続けた人物であり、ブラックパンサ?党もその初期に支援している(後年は彼らの武力闘争に異義を唱え支持を止めた)。"70年代初期にはスピリチュアル・ジャズのインフィニ?ト・サウンドのリ?ダ?として活動しアルバムを発表。ところが、ラジオでの過激な言動が問題となり(しかし一部には絶大な支持も受けていた)FM局から解雇。それを期に音楽活動に専念し、1978年代から2年あまりの制作期間を経て1980年に自主制作で発表したのがこの1stソロ・アルバム『アイソフォニック・ブギ・ウギ』である。彼の言を借りれば、本作は彼がミュ?ジシャンとして目覚めて以来25年の、エレクトロニック/アコ?スティック、アンビエンス、ジャズとの道のり、室内楽、ミニマリズム、ワ?ルド・ミュ?ジック、それらの出会いの総合体であり、それがまさにひとつに鳴り響いているもの。自己内宇宙・外宇宙へのトリップを促す他に類のない冥想の作品であり、今も説得力を持って迫るものである。

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×