menu & search

ANNEA LOCKWOOD Early Works 1971-82

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

新入荷

女性実験音楽作家、アニア・ロックウッドのキレ味鋭い初期重要作のコレクション。ガラス楽器のコンチェルト『グラス・ワールド』、伝説の米ソース誌で発表のテープ作品「タイガーバーム」を収録し、ピアノを用いたシリーズ・パフォーマンス「ピアノ移植」を単独ブックレットで紙上に再現! 日本語/英語両解説付き。

< ▼ Tracklisting

1. Micro Glass Shaken
2. Glass Rod Vibrating
3. Turning Gong
4. Mini Mobile
5. Wine Glass
6. Water Gong
7. Two Ribbed Discs
8. Rod Across Edge of Pane
9. Glass Bulb
10. Glissandi
11. Spinning Discs
12. Dialogue: Bottles & Jars
13. Vibrating Pane
14. Bubbling
15. Breathing Machine
16. Water Jars
17. Rod Roll
18. Micro Glass on Goblet
19. Micro Glass Along Pane
20. Cullet: Two Glass Rocks
21. Medium Mobile
22. Bottle Tree Showered with Fragments
23. Deep Water Gong
24. Tiger Balm

■アニア・ロックウッド略歴■

1939年ニュージーランドのクリストチャーチ生まれ。1961年から1971年にロンドンとケルン在住。英国王立音楽大学で学び、ダルムシュタットの夏期講習に参加、数少ないフリーランスの女性作曲家/パフォーマーとして活動を始める。この時代に後の代表作となるステージ作品「グラス・コンサート(録音版は「グラス・ワークス」と改題)」、ピアノを用いた過激なシリーズ・パフォーマンスの「ピアノ移植」、呪術的テープ作品「タイガー・バーム」を制作し、これらを60年代実験音楽の集大成となった米の<ソース・マガジン>で発表。同誌で2号にわたって大きく紹介されたことで現在も続く高い評価が定まった。
 その後、1973年よりニューヨークに活動の場を移し、1981年から2001年は全米屈指の名門私立女子大学、ヴァッサー大学で教鞭をとる。この時代は自然環境が発する音を題材にした録音/インスタレーション作品を多数発表。ロックウッドの作品は北米、イギリス、フランス、ドイツ、オーストリア、オランダ、北欧諸国、イタリア、ベルギー、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランドと広く公演されている。

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×