menu 検索する ×閉じる

PERNETT Caribbean Computer

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

コロンビアのクンビア・レイヴァー!当店でも人気のPERNETT新作!

レイヴの洗礼を受けたデジタル・クンビア勢につうじるコロンビアの奇才ペルネット新作!SHHHHHも推す一枚! (サイトウ)

●クンビア、チャンペータらコロンビアの伝統リズムとダブ、ブレイクビーツ、アンビエントらクラブ/ダンスミュージックのミクスチャーというコンセプトを携えデビューしたペルネット。ボンバ・エステレオやチョック・キブ・タウンらのコロンビア発のクラブ世代の世界的な活躍。そして、イギリスのクアンティックがコロンビアに移住し、世界へ向けて大傑作「Tradition in Transition」を発表。その後もつい先日、そのクアンティックがフルーコやアニバル・ベラスケスらコロンビアのサルサやバジェナートの伝説的な音楽家たちと組んだユニット、オンダ・トロピカもデビュ?。かの国では相変わらず新しい動きが起こってる模様です。

●ペルネットはコロンビアの港湾都市バランキージャ出身。カルナバルで有名なこの都市でコロンビアのルーツミュージックに触れて育ち、さらにシンセも手にしながら音楽制作を始めたといいます。その後、ボゴタへ移住しサイドステッパー(コロンビア発のダブ/ブレイクビーツユニット)に所属しボンバ・エステレオやチョック・キブ・タウンらのメンバーと活動。ここで機材をいじり、シンセを操りながらガイタ(縦笛)を吹くという今のライブのスタイルを確立。ユニークなボーカルスタイルとカリビアン・レイバーズと言われるだけあり、レイブカルチャー以降のキラキラしたシンセ使いでデビュー盤「アルボル」(BNSCD-756)、前作「エル・マーゴ」(BNSCD-788)とワールドファンを超えてクラブ世代まで届きました。

●今作もコロンビアの伝統リズムをふんだんにフィーチャしながら大胆にシンセを弾きまくり歌い上げるペルネット。
中でも5分を超えるアンビエント・チューンの大作は、確実に新しい領域まで到達してしまったな、と思わせてくれる出来映えですか。一方、今夏参加が決まっているワードル・ミュージック・フェスティヴァル『スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド』のスティール・ドラム・ハウス・バンド、"スキヤキ・スティール・オーケストラ"とコラボした楽曲では、マリンバ、スティールパンの響きと彼の持ち味であるポップなメロディーで楽しく歌い上げます。
●近年ではクアンティックとも活動を共にしている影響からか、クラブミュージック的なシーケンスに伝統リズムを乗っけるというアプローチを完全に確立し、ハウス・ミュージックサイドから聴いてもまったく遜色のないサウンドを創り上げています。これこそがペルネットのオリジナルの世界なのです。さらに進化&深化したペルネットの音楽世界をお楽しみください!
▼ Tracklisting

01. Cumbia Computer クンビア・コンピュータ   sample 
02. Primitivo プリミティーボ   
03. Lo que se Fue 行ってしまったもの   sample 
04. Circulos めぐる輪の中で   sample 
05. La Energia que estalla 爆発的エネルギー   sample 
06. El Camino de la Percepcion エル・カミーノ・デ・ラ・ペルセプシオン(知覚への道)   
07. El Monolito モノリス   sample 
08. El Retorno de los Mayas Galacticos 銀河系マヤ人の帰還   sample 
09. Al Caribe Volvere アル・カリベ・ボルベレ(カリブへ帰ろう)   sample 
10. Me deje Tragar 飲み込まれた   

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×