menu & search

PAUL PANHUYSEN Pendulum Change Ringing

  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

サウンドアートや現代音楽の良質レーベルEdition Telemarkより12個の金属の振り子を使った瞑想的ミニマル音楽!

サウンドアート界隈ではよく知られているオランダ出身アーティストPaul Panhuysenによる約30年ぶりにリリースされた新作LP。この作品は2012年にベルギーで行われたインスタレーション「Pendulum Change Ringing」の録音となり、12個の金属の振り子が金属製のオブジェにぶつかっていく音がひたすら続いていくもの。その振り子達はそれぞれ違った長さの為、ぶつかっていくスピードがバラバラで、それが飽きさせない複雑なリズムを生み出しています。振り子のぶつかる音はそれぞれ違った音階で、不穏な不協和音のレイヤーが重なりつつも宗教的な雰囲気がありずっと聴いていたくなるトリップ感も有り。このレーベルEdition Telemarkは基本的に2-300枚の少数リリースで、こちらも300枚限定。他リリースも面白いものばかりで今後も要チェックです! (日野)

▼ Tracklisting

A.Pendulum Change Ringing (Pt. 1)
B.Pendulum Change Ringing (Pt. 2)

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×