menu & search

AL CAIOLA High Strung + Cleopatra And All That Jazz (2 Lp On 1 Cd)

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

1940-70年代USポピュラー音楽史に名を残すトップギタリスト名手AL CAIOLAの品格ギターの調べにスウィンギン且つジャジーに誘われる、スタンダード曲を中心としたアダルト・オリエンティッド・エキゾチック・イージーリスニング極上世界。1957年録音「High Strung」にはJohn Pizzarelli、1962年録音「Cleopatra And All That Jazz」にはDick Hyman、Clark Terry他名手達が完全サポート。

1940年代から70年代までアメリカNYで活躍したポピュラー音楽史になを残すトップ・ギタリスト名手AL CAIOLAの1957年録音「High Strung」と1962.3年録音「Cleopatra and All That Jazz」を2in1にカップリングした、24BITデジタルリマスタリング2016年復刻CD。偉大なるミュージシャンシップとアンサンブルとアレンジによる独創性と創造力の録音の賜物によるスウィンギン・ジャジーなイマジナリー・ムーディーなイージーリスニング最高峰。全24曲。夜のお供マイタイムにもぜひ。推薦盤とさせていただきます。sampleは2曲ずつお聞きできます。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

01. Sweet Georgia Brown (Bernie-Pinkard-Casey) 2:30
02. Dipsy Doodle (Larry Clinton) 2:39
03. It’s a Sin to Tell a Lie (Billy Mayhew) 1:51
04. Tumbling Tumbleweeds (Bob Nolan) 1:59
05. Strait Ahead (Al Caiola) 2:08
06. Cherry (Redman-Gilbert) 2:22
07. Hindustan (Wallace-Weeks) 2:04
08. Sandy (Al Caiola) 2:24
09. Idaho (Jesse Stone) 2:24
10. I Love You (Thompson-Archer) 2:15
11. Rosetta (Hines-Woods) 2:18
12. Undecided (Shavers-Robin) 2:08
13. Antony and Cleopatra Theme (Alex North) 2:50
14. Temptation (Freed-Brown) 2:56
15. Love for Sale (Cole Porter) 3:14
16. Mad About the Boy (Noel Coward) 2:21
17. Body and Soul (Green-Eyton-Sour-Heyman) 2:57
18. Cleo Baby (Al Caiola) 2:59
19. Caesar and Cleopatra Theme (Alex North) 2:40
20. Lover Man (Sherman-Davis-Ramírez) 2:38
21. I Can’t Give You Anything but Love Baby (McHugh-Fields) 3:24
22. Under a Blanket of Blue (Simmons-Marks) 3:05
23. All of Me (Simmons-Marks) 2:37
24. Be Mine Tonight (Lara-Skylar) 2:06
Sources:
Tracks #1-12, from the LP “High Strung” (RCA Victor LSP-2031)
Tracks #13-24, from the LP “Cleopatra and All That Jazz” (United Artists UAS 6299)
Personnel on "High Strung":
Al Caiola (solo guitar), George Barnes, Al Cassamenti, Don Arnone, John Pizzarelli, Billy Bauer (guitars), Sandy
Block (bass), Phil Kraus, Eddie Costa (vibes), Don Lamond (drums).
Recorded at RCA Victor Studio A, New York City, August 12, 20 & 22, 1957
Personnel on "Cleopatra and All That Jazz":
Al Caiola (guitar, lead, arrangements), Clark Terry (trumpet & flugelhorn), Tony Studd (bass trombone), Phil
Bodner (alto & baritone sax, flute), Dick Hyman (piano & harpsichord), Barry Galbraith (rhythm guitar), George
Duvivier (bass), Osie Johnson (drums).
Recorded at Mayfair Studios, New York City, 1962-1963
Original recordings produced by Herman Diaz, Jr. (#1-12) and Leroy Holmes (#13-24)
Compiled for CD release by Jordi Pujol

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×