menu & search

DUB SYNDICATE The Pounding System

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

ヒリッと乾いたドラムの音色も沁み入る先鋭的ON-Uリズム&ダブ真髄。Creation RebelやAfrican Head ChargeのメンバーがAdrian Sherwoodの元に集結し結成されたDub Syndicate1982年の記念すべきデビューアルバム。衝撃の幕開け! サブタイトルはAmbience in Dub!Bonjo-Iのパーカッションもアフリカン・トロピカル・サイケデリックに揺れるA3「“African Head Charge” Don’t Care About Space Invader Machines」(sample3)もナイス。(レゲエ便り2017.12.14)

Style Scottが関わる前の1982年作のDub Syndicateのデビュー作。シンプルながら力強いリズムと過激で攻撃的なダブエフェクトが際立つキレッキレのポストパンク・ダブ黎明期名作のひとつでもある。探究的でユニークなイギリス人ならではのアプローチでフィルタリングしたAdrian Sherwoodのレゲエへの愛情が漲る1枚。ベルリン・ダブプレート&マスタリングのよるリマスタリング・アナログ・リイシュー。Steve Barker (On The Wire)によるスリーヴノート+DLコード(ボーナストラック付き)入手困難となっていた彼らの1982-1985年までの初期4作品と未発表音源集の全5タイトル同時リイシュー。全9曲。トラックリストからもどうぞ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

SIDE ONE
01. Pounding Systems sample
02. Hi-Fi Gets A Pounding (Pts. 1 & 2) sample
03. “African Head Charge” Don’t Care About Space Invader Machines (Pts. 1 & 2) sample
04. Fringe On Top Dub sample
SIDE TWO
05. Humourless Journalist Works To Rules sample
06. 10k at 0VU - 60 Hz - Mind Boggles! sample
07. Crucial Tony Tries To Resuce The Space Invaders (With Only 10p)
08. Hi-Fi Gets A Pounding Pt.3 sample
09. Return To Stage One sample
BONUS TRACK WITH DOWNLOAD CARD
10. Gather At The River

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×