menu & search

U TIN Music Of Burma - Burmese Guitar

  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

文字も音楽も近隣のアジア地域と比べてもだいぶ変なミャンマーの現地録音シリーズ。

ミャンマー・スライドギターの生き証人、ウー・ティンさんの作品。 乾いた音色とミニマル感と、不思議な不思議な旋律。 いろんなレーベルでミャンマーものってたまにでますが、パッケージとマスタリングの丁寧さで究極盤といえるのでは。 (Shhhhh)

謎多き、摩訶不思議なミャンマー伝統音楽
現代にその伝統を伝える演奏家に迫る、珠玉の現地録音シリーズ
唯一無二のミャンマー・スライドギターの生き証人、ウー・ティン


●国の政治情勢も相まってか、ミャンマーの伝統音楽はこれまであまり広く紹介される機会に恵まれてきませんでした。
●その源流を辿るとタイやインドなど国境を面した隣国との繋がりを見つけることができますが、その演奏形態や旋律は独特で、周辺諸国の伝統音楽と比べても独特の輝きを放っています。一定のルールはあるようですが自由度が高く、フリージャズと比較されることも多々あります。
●ミャンマーの音楽家達は西洋の楽器を上手く取り込む才にも長けていました。本作で紹介するスライドギターも西洋から伝えられた楽器の一つです。元を辿るとハワイのスライドギターに行き着くようですが、見事に他に類を見ないオリジナルなミャンマーギターに変身させています。
●ミャンマーの伝統音楽というと、竪琴やサインワイン楽団がまず取り上げられますが、ギターが取り上げられることは極めて稀な事で、演奏家の数も少なく、既に絶滅危惧種と言って良いでしょう。
●本作で演奏を披露しているウー・ティンは、1930年生まれの87歳(2017年現在)。唯一無二のミャンマースライドギターの生き証人です。
●今回2日間のレコーディングで、年齢を感じさせない真髄を記録することができ、後世にミャンマーギターとは何たるか記す、歴史的な重要作品であることは間違いありません。
●本作は、クラフト紙の風合いを活かした正方形の封筒状紙袋に、CDとカードを封入しています。解説は付いていません。

▼ Tracklisting

1. Improvisation ~ Shwe Oh Si
2. Improvisation
3. Nan Kya Nyo Kyut
4. Pan Tha La May Pyo
5. Pan Hey Won
6. Lu Ma Naw
7. Nyo Nyo Sai Sai
8. Aung Min Ga La
9. Improvisation ~ Gan Da Taw Che
10. Hmone Ma Pye
11. Nga Pu Din

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×