menu & search

PALI MEURSAULT STRIDULATIONS

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

虫、コウモリ、鳥などのコミュニケーションの記録、そしてそれらと機械との対話。STEPHEN O'MALLEYの音素材も使って制作された前作(ÉCHOS)も素晴らしかったですが、今作も大変素晴らしいです。SUGAI KENやKINK GONG、YANNICK DAUBYなどの重要作を数多くリリースしている重要レーベル〈DISCREPANT〉より。大推薦!!

フランスのサウンドアーティスト/作曲家でありPALI MEURSAULTは、10年もの間にフランスや日本、南アメリカなどで自然の中での動物や虫などのコミュニケーションにフォーカスしたフィールドレコーディングを採集。そして2014年から2017年にかけ、その鳴き声に重ね合わせながら行うパフォーマンスを通じて少しずつ出来上がった作品がこちらとなります。全編に渡って聴こえる虫の声が次第にシンセと溶け合い、虫の声として意識して聴かなくなっていく。フィールドレコーディングものとして聴くのもいいかもしれませんが、これはどちらかというとシンセサイザーミュージックと言った方がいいかも?BEN VIDAやJAN JELINEKを好きな人にも聴いてほしい。素晴らしいです。 (日野)

▼ Tracklisting

A. pour chaque solution il y a un problème
B. les apparitions ne font rien à part être

Pali Meursault is a sound artist, composer and sound designer. His electroacoustic and sound art research takes different shapes: compositions for records, radio works, installations or performances. Environmental sound recording is central in his work, which takes from Musique Concrète and the sonic exploration of soundscapes.

For stridulations, Meursault confronts recorded and performed sounds, composition and improvisation: field- recordings of animal communication (insects, birds and bats recorded in France, Japan and South America over almost ten years) mix and dialog with the 'sonification' of fluorescents tubes.

Both the environmental sound matter composition and the electromagnetic instrument have evolved with performances between 2014 and 2017. Little by little, new recordings were collected and new electrical and electronic supplies were added to the setup. The record is altogether the outcome of that process and a different take on the project, leaving the synesthetics of the flickering lights but embracing the deepness of 'blind' listening.



For Pali Meursault, the long research for stridulations has been a practice for deconstructing binary oppositions between nature and machine, bio- and anthropo-phony, and instead to explore the strange sonic affinities that exist between some animal voices and technological phenomena. The performances were a way of switching from a contemplative and ideologic relation to the soundscape to a praxis of noise, using animals and electromagnetic sounds as sonic qualities, possibilities, and intensities.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×