menu & search

LARAAJI Vision Songs - Vol.I

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

LARAAJI異色の名作。〈NUMERO GROUP〉から再発された1984年のカセット音源。アーサー・ラッセルの諸作やロニー・ホーリーにも通じるようなパーソナルな魅力を放つ名盤です。ストックしました!

ワシントン・スクエア公園で演奏していたところをブライアン・イーノに発見され、1980年に〈Editions EG〉から「Ambient」シリーズの第3弾としてリリースされ、アンビエント史に名を刻むことになったLARAAJIの「Ambient 3 (Day Of Radiance)」以降のアルバムながら、カセットオンリーのリリースで、自主で一度CDRで再発されるもほとんど知られることのなかったアルバム、自身のヴォーカルを大幅にフィーチャリングした作品「Vision Songs - Vol. I」をNUMERO GROUPが再発。東洋の思想と音楽に影響を受け、60年代/70年代のアメリカのカウンターカルチャーに影響を与えたヨガの名だたる指導者たちとともに学だ、笑いの仙人。LARAAJIが演奏する主要民族弦楽器 チター(ツィター)と、ベル、カシオトーンのシンセ、テープ録音のDIYな雰囲気、ゴスペルやマントラ的でもあるパーソナルな歌の魅力。歌/声の力は大きい。若き日のフレッシュな魅力、完全に開いてしまっている映像が微笑ましい。そして凄い。再評価されてきた70s/80sニューエイジ・サウンドに残された隠れた名盤。3面の見開きのインサートシート封入。 (サイトウ)



▼ Tracklisting

01. Hare Jaya Jaya Rama I
02. Is This Clear?
03. Interlude I
04. Om Namah Shivaya
05. Today Is This Magic Quality
06. Great Bells in the Morning
07. Interlude II
08. Hare Jaya Jaya Rama II
09. All Of A Sudden
10. Om Tryumbacom
11. I Can Only Bliss Out (F’Days)
12. We Shall Be Lifted

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×