menu & search

TERESA WINTER What The Night is For

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

【デュッセルドルフのクラブSalon Des Amateursで長らくレジデントDJを務める信頼のレコードディガー/DJのVLADIMIR IVKOVICがBOOMKATの2018年ベストランキングで1位に選出!他にもJAY GLASS DUBSやHELMもベストの一枚に挙げています!】TERESA WINTERが〈THE DEATH OF RAVE〉から2枚目となるLPをリリース。ひんやりとしたトゲトゲしさを持つ実験的サウンドをさらに突き進めていく。

〈THE DEATH OF RAVE〉からの2作目となるLP「What The Night is For」。詩的なエレクトロニックで、アンビエンスを聴かせながらもたまに突然音のピントが合うときにハッとさせられる。無音の中にポツポツと入れられる耳を澄ませて聴く緊張感のあるシンセサイザーや、真逆にたっぷりのリバーブで埋め尽くされた音像のはっきりしない抽象的なサウンドだったりと音量や解像度のダイナミクスがあるサウンドが特殊であり面白い。 (日野)

▼ Tracklisting

1. Canticles Of Ecstasy. 07:14
2. Heathen's Gate. 09:07
3. Vulgaire. 01:59
4. For Murder. 04:04
5. Apostrophising The Cunt. 02:21
6. Mother Of Death. 04:03
7. From So High That i Might Die. 04:35

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×