menu & search

犬猿 alreadydry

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

京都SOFTのメンバーでもあるギタリスト清水氏と、パーカションの猿吉氏による犬猿の2nd Album. ベースレス、ベースミュージック。

都SOFTのメンバーとその周辺のミュージシャンやアーティスト達は、それぞれ別のバンド活動も盛んで、数々のバンド/ユニットが結成されています。そんな音楽愛の熱い大人達がガンガン遊んでいて、そこにDJもペインターも絡んだ京都独特感のあるパーティの形は本当に面白いシーンが出来上がっている。その中心的なメンバーの一人であるギタリスト清水氏、DJも堪能な猿吉氏はパーカッション/ドラム担当の、この二人によるベースレスなベースミュージックのユニットが犬猿。Psychedelic DUB。カッコイイです!!! (ヤマ).

Mastering by : KND
Calligrahy by : 書道家 万美
Artworks & Design by : KONIROW , 中LA
Icon by : OT29 , ATTACK THA MOON

犬猿(King Doggyman & God Monkey)
ベースレス・ベースミュージックを標榜する、PsycheとRastaを軸とした異系交配型ユニット。
King Doggyman(Gt)
God Monkey(Dr,Per)
ともに京都地下音楽シーンの柱石であり、この土地の「これまで」と「これから」を体現する者である。
「犬」が発するは献身の心。
飽くなき探究心は、一切の妥協を排し。三昧の境地に至る様は、まさに忠実なる音の僕。辿り着く果てはPsycheなる無限の世界。その純粋なる音像は、聴く者の脳裏にいつまでも共鳴し続ける。 「猿」が発するは慈愛の心。
漂泊の楽人として、第三世界を渡り歩き。包括的な視点で捉えた知見は、彼をRastaへと導いた。喜怒哀楽、すべてを呑み込んだグルーヴは、聴く者の誰もを置き去りにせず、いつまでも傍らにあり続ける。
表裏一体、かつ、一心同体。
彼らが表現する雄々しくも儚い、無常世界の投影のような音像は、相対的なものが絶対的であり得る、一つの証明である。そして、一隅を照らし続けるその生き様は、後進の者達への確かな灯。彼らの一挙手一投足、すべてに目が離せない。今後の奇行が楽しみな稀有なユニットである。
Text by Wataru(W)
▼ Tracklisting

1.Side Slow sample
2.Salt & Pepper sample
3.draQue sample
4.Animal Bite(犬と猿と君と僕) sample
5.Skabakka sample
6.Fill Up sample
7.Mait sample
8.xxx sample
9.Power Version sample

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×