menu & search

FRIPP & ENO No Pussyfooting

  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

アンビエント前夜。名盤として歴史に残るBRIAN ENOとROBERT FRIPPの初めてのコラボレーションアルバムNo Pussyfooting。メディテーティブなイーノのシンセサイザーにフリップの伸びのあるギターが自由に動きながらも溶け合い浸透していく。200gヴァイナルでのリイシューとなります!

73年にリリースされた今作はA面B面に長編一曲ずつ収録された実験作。72年に録音されたA面「The Heavenly Music Corporation」は当時のKING CRIMSONのライブオープニングにも流されFRIPPのお気に入りでもあったよう。イーノのサウンドはアンビエントの先駆けである瞑想的な深いサウンドであり、それに乗るフリップのギターはロック的でありながらもオープンリールを2台使った特殊なテープループを使う録音方法を使っているようで変わった空間的エフェクトが印象的。それも丸くサステインの伸びがあるギターサウンドがシンセサイザーとの相性がバッチリで素晴らしい。B面のイーノはアバンギャルドなシンセサイザーですが、フリップのギターアルペジオと一緒に聴くことでラーガのような雰囲気になっているのも面白い。これが発売された同年はKING CRIMSON「太陽と戦慄」の発売、そしてENOがROXY MUSICを脱退する時期であり、LA MONTE YOUNGの「The Theatre Of Eternal Music」やTERRY RILEYの「Persian Surgery Dervishes」もリリースが近い年代であるという事の関係性のことなども考えてしまう。 (日野)

▼ Tracklisting

A. The Heavenly Music Corporation sample
B. Swastika Girls sample

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×