menu & search

岩田茉莉江 / 柳沢英輔 うみなりとなり Uminari Tonari Soundscape of Minamidaito Island

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

沖縄、南大東島の音。〈SUBLIME FREQUENCIES〉からの、ヴェトナムの中部高原の少数民族のフィールド・レコーディングの名作「Music Of The Bahnar People From The Central Highlands Of Vietnam」を製作した柳沢英輔さんと、音風景研究家、おとたまり主宰の 岩田茉莉江さんによる、島の様々な音の録音と、音絵冊子の素晴らしい作品。ストックしました。

自然が奏でる音にまさるモノはない。というと、レコード屋としては身も蓋もないけれど、音、音楽を捉えられることの喜び。自然、生活、生命の素晴らしさが音として封入されている。 (サイトウ)

南大東島。
沖縄本島から東へ360km離れた絶海の孤島。4800万年かけて海底2,000mから珊瑚礁が隆起を繰り返して海面に現れた。ずっと無人島だったところを西暦1900年、八丈島の人々が開拓した。よって文化は八丈と沖縄のちゃんぷるー。江戸相撲、大東太鼓、三線、エイサー、大東寿司など・・・八丈と沖縄の文化が混ざり合い​大東独自の文化形成が進む​。開拓当時から基幹産業はサトウキビの作糖。島一面に広がるサトウキビ畑の下には未だ手つかずの鍾乳洞や地底湖が広がる。そしてダイトウオオコウモリ、ダイトウコノハズク、ダイトウビロウなど・・・世界でたった一つの自然が息づいている。

南大東島の風景
そんな島で2016年、私達はフィールドワークを始めた。
そこで触れたのは島人の生き様や情熱。
自然に畏敬の念を抱きつつ、先人が切り拓いてきた歴史や文化に誇りをもちそれを守り継いでいこうとする島人の姿に強く心を揺さぶられた。
そして今、開拓後の島の様相や人々の思いを知る世代が少なくなってきているという。私達は古くより受け継ぎつつ、今、独自の深化をしている島の姿を記録したいと考えた。

ーあなたにとって島の大切な音は何ですか?

「台風前になったら波の音は内陸でもゴーーーーってきこえる​」
「ポッポロ ポッポロって夜、お家に居て外から聞こえるコノハズクの声」
「ざわわわわわ・・・・さとうきびが伸びてきた頃の風の音」
「トタン屋根を打つ雨音 子守り歌のようでね」
「シュッシュッシュッシュッ ポってならして 50m向こうにレールがひかれて 汽車の音」

しばらく考えてから口にする、島人にとっての音。中には消えた音もあるが、それぞれに心に響く音がある。天気を予兆する音、季節の移ろいを感じさせる音、生業にまつわる音・・・一人一人が島の音をしっかりと聴いている。沖縄でも大和でもない南大東独特な音風景。
「音」を通して南大東島を伝えたい。

それまで国内各地で五感をつかい、耳を澄ますワークショップや音を模様にする『音絵』を描いてきた岩田茉莉江。
アジア各地で人間の耳には聞こえないような微細な音も含め、場所の持つ特徴的な響きを録音という形で捉えてきた柳沢英輔。
異なる音のアプローチをする2人が、独自の生態系と開拓後100数年の人々の歴史へと耳をすます。そこで聴き捉えたものとは・・・

『島の音の録音CD』『音絵冊子』で表現する。


▼ Tracklisting

1. サトウキビが風に揺れる音 (3:37) sample
2. 種切りとハーベスター (7:37)
3. 見えない声 (4:03) sample
4. 海鳴り (5:12) sample
5. 大東太鼓 (2:59)
6. ヤギ、草を食む (1:36)
7. 石をうつ、水はねる (3:52) sample
8. みずのなかに (5:39)
9. 神宮に夜がきて (3:11) sample
10. おみこし (2:41) sample
11. 甚句を唄い相撲をとる (6:34)
12. トタン屋根の雨音 (7:52) sample
13. 船がくる (6:13)
14. 真夜中の生き物 (3:12)

********************************
ひとが表現することというのは、時に厄介で煩わしいものです。
そうしたものから離れて、ただ見通しの良い音の連なりに耳を傾けてみたい。そんな人にお勧めしたいのがこのCDです。

このCDには、南大東島で収録された環境の音や人々の生活の音が収録されています。
パンフレットには、うつくしい絵や地図とともにレコーディング時の状況や島の文化の一言紹介が載っていて、それをきっかけに南大東島に関心を持ってもらえるような作りになっています。

南大東島でのフィールドワークは、何回も、また長期に及んだことでしょう。
クレジットを読むと、苦労してやっと収録できた音も入っています。収録された島の人の話し声や生活の風物からは、八丈島からの移民がもたらした文化の混淆がほの見え、海の上で交わされた島文化の往来が感じられます。
島の人々がどのように音を聞き感じているか聞き書した記事も興味深いものです。

もちろんそうした民俗学的な側面もあるのですが、音によって島を辿っていく観光案内としてもたのしいものです。
ぼく自身は、音を名付けてカタログ的に切り取りマッピングするやり方には批判的なのですが、それでも、このCDは音自体のおおらかさが深い魅力を湛えており、マイク(聴取者)と音の関係はスタティックなままでは在りません。
タイトルや解説を見ずにただ音に耳を傾ける時、わたしたちの感覚は耳を離れてスピーカーの向こうまで彷徨い出し、名付けようのない風の匂いや季節の気配を察知し、聴くことだけが開示してみせる世界の相貌への、わくわくする想像を膨らませてくれるのです。

hofli/津田貴司(サウンドアーティスト)

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×