menu & search

CITY OF WOMEN City of Women II

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

1999年リリース当時、一部で絶大なる支持を集めた問題作であり、JIMI TENORもメンバーに含める自作楽器フリー・セッション・ユニットCITY OF WOMENのまさかの新作が20年ぶりにSAHKOよりリリースされた!!!事件です。

1998年当時に録音された2回のセッションによる全13曲のうち前半部6曲は1999年にリリースされた「City Of Women」に収められておりましたが、今作には未発表となっていたセッションの後半部である7曲を収録して20年の歳月を経て、まさかの新作!続編「City of Women II 」としてリリースされる事になった。フリースタイル・クロスオーバー、ディープハウス感覚まで使い手によって自在にプレイもできる可能性広がる暴れ馬・最狂エキゾチック・フリーミュージック・エレクトロニクス・ダビー・セッション集。サンプルからトラックリストからどうぞ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

A1. Dangerous Crossing (feat. Jimi Tenor, Edward Vesala, Iro Haarla, Jimi Sumen & Matti Knaapi) sample
A2. Tabulatuuri (feat. Jimi Tenor, Edward Vesala, Iro Haarla, Jimi Sumen & Matti Knaapi) sample
A3. Sergei (feat. Jimi Tenor, Edward Vesala, Iro Haarla, Jimi Sumen & Matti Knaapi) sample
B1. Auloharp (feat. Jimi Tenor, Edward Vesala, Iro Haarla, Jimi Sumen & Matti Knaapi)
B2. Ball Bearing (feat. Jimi Tenor, Edward Vesala, Iro Haarla, Jimi Sumen & Matti Knaapi) sample
B3. Dumpster Diving (feat. Jimi Tenor, Edward Vesala, Iro Haarla, Jimi Sumen & Matti Knaapi) sample
B4. Heat Birth (feat. Jimi Tenor, Edward Vesala, Iro Haarla, Jimi Sumen & Matti Knaapi) sample

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×