menu & search

ANDREW PEKLER Sounds From Phantom Islands

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

アンドリュー・ペクラーの新作がヤン・イェリネック〈FAITICHE〉から届きました。アーリー電子音楽や、ミュージック・コンクレート、エキゾチカの影響をアウトプットした前作「Tristes Tropiques」を推し進めたような空想的な電子音楽の世界。

エレクトロニカ全盛期に〈~SCAPE〉からリリースし、近年は盟友JAN JELINEKとのプロジェクトや彼のレーベルFAITICHEからもリリースしてきたANDREW PEKLERが2016年の「Tristes Tropiques」に続くアルバムをリリース。ポストコロニアル理論の文化人類学者Stefanie Kiwi Menrathとの共同作業によって産まれた音の地図上の「幻の島」のための音楽。心地よい周波数、ゆったりとイマジナリーなサウンドスケープ。この人の音はスローでも、ビートレスでもダンスな感覚があるなと。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

A1. Approximate Bermeja sample
A2. Hy Brasil sample
A3. Sunshower At Sandy Island sample
A4. Saxenburgh / Pepya / Aurora sample
A5. Les Jardines sample
B1. Taprobana sample
B2. Description Of Rain (Over Frisland) sample
B3. Fonseca Winds (Lament) sample
B4. Onaseuse / Crespo / Rica De Oro sample
B5. Tuanahe sample

Phantom islands are islands that appeared on historical maps but never actually existed. The status of these artefacts of European colonial expansion from the 15th to the 19th century oscillates between cartographic fact and maritime fiction. Sounds From Phantom Islands interprets and presents these imaginations as a quasi-ethnographic catalog of music and synthetic field recordings. The pieces on this album are based on recordings made for Phantom Islands - A Sonic Atlas, an online interactive map developed with cultural anthropologist Stefanie Kiwi Menrath.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×