menu & search

AARON PALMQUIST ECohesion EP

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

90年代カナダのアンダーグラウンド主力であったAARON PALMQUISTが97年に発表したブレイクビート・テクノ/ハウスの再発!NATHAN MICAYがオーナーを務める〈SCHVITZ〉再発ライン”ETERNAL SCHVITZ”カタログ2番。レイヴ感のあるブレイクビートと声ネタを用いながらも、空間を生み出すシンセワークでカナダ独特の浮遊感と軽さ。

TB303シンセを二台、TR909および808ドラムマシンといったアナログ機器を操り、EXODUS/CHEMISTRY/PLEASURE FORCEなどのトロントのレジェンダリーパーティでライヴを披露してきたAARON PALMQUIST aka CHAMELEONの人気盤復刻。パーカッシブなドラムマシンにハウシーなリフの導入部から後半にかけて力強い4/4キックが前に出て来る「Beautiful」(sample1)。カッティングエッジなブレイクビートにヴォイスチョップ、愛らしいシンセリフがチラチラ入って来る「House People」(sample3)が個人的にたまらない一曲。勢いを増し続けるカナディアン・アンビエントハウス/テクノシーンの源流を感じる作品。 (Akie)

▼ Tracklisting

a1.Aaron Palmquist  - Beautifulsample
a2.Aaron Palmquist  - Dreamtimesample
b1.Aaron Palmquist  - House People (Chameleon Remix)sample
b2.Aaron Palmquist  - Dreamtime 2019sample

Nathan Micay is pleased to present the next re-issue on Eternal Schvitz: Aaron Palmquist - Cohesion EP. As a mainstay of the Canadian underground rave scene during the 90’s, Aaron (aka Chameleon) performed live at legendary Toronto parties such as Exodus, Chemistry and Pleasure Force. Using an assortment of gear including two TB303’s, a TR909 and 808 drum machine, he was able to road test a number of originals, eventually leading to an EP in 1997 on Solo Recoridings. As always, Schvitz gives back. To fight the evil no-ID-DJ forces currently at work, every Eternal Schvitz release will be providing 60% of the cut to the artists and ensuring their credits are front and centre. The remaining 40% of profits will go to aequa, a Berlin-based collective with a focus on empowerment of women, trans and non- binary folks through gatherings for interpersonal exchange. Schvitz is Love. Schvitz is Communal.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×