menu & search

JAXX MADICINE & CRO-MAGNON Lights On Shibuya

  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

<JAZZY SPORT>と<RED BULL MUSIC>が仕掛けるリミテッド・ヴァイナルシリーズの第1弾、CRO-MAGNONと<LOCAL TALK>ミラノのクロスオーヴァー〜フュージョン・トリオ・JAXX MADICINEによるスタジオセッション!incl. SAUCE 81 Remix !!!

昨年6thアルバム『CRO-MAGNON CITY』も完成させたばかり、田我流やRITTOらとのコラヴォレーションや、MASANORI IKEDAと鍵盤奏者・金子巧とのチルアウト・プロジェクト・のリリース等、クラブ・シーンを中心に熱狂的な支持を集める3ピース・バンド・CRO-MAGNONと、<LOCAL TALK>からのリリースが素晴しかったイタリアの3人組、TURBOJAZZと、レーベル界隈で活動してきたPARKER MADICINE、マルチ鍵盤奏者・FABIO VISOCCHIの3人からなるトライアングル・フォース・JAZZ MADICINEのコラヴォレーションが実現!「RED BULL MUSIC STUDIOS TOKYO」でのレコーディング、カップリングには、<EGLO>や<WONDERFUL NOISE>からのリリースで人気を集めるビートメイカー・SAUCE 81によるリミックスをカップリングです!PVも必見、お見逃しなく。

Jazzy Sport x Red Bullが送るLTDヴァイナル・リリース第1弾は、今年6thアルバム『cro-magnon city』をリリースしたJazzy Sportが誇るスリーピース・エンジン(猿人)cro-magnonと、Veez_o (Irma, Ct-Hi)、Parker Madicine (Heist, Bastard Jazz)、Turbojazz (Local Talk, GAMM)というレーベル名を見ただけでも垂涎のミラノのスリーピース・プロジェクト Jaxx Madicineによるコラボレーション12inch『Lights On Shibuya』!!


躍動的なパーカッションに導かれた刻むハットも際立つディスコ・ビートに、グルーヴィーなベース、鮮やかなピアノがジャズファンク・フィーリングを色づけ、そこに柔らかなフェンダーローズのコードワークとグルーヴィーなムーグ・プレイが更なる高揚を描いていく「Lights On Shibuya」は、Azymuthを思い起こさせる最幸のフロア・ナンバー。

C/Wには、SHING02とのコラボレーションも話題を集めたSauce 81によるRMX「Lights On Shibuya (Booty Bruk Remix)」では、原曲の鮮やかなジャズファンク・ディスコ・ヴァイブを全編に巡らせがら、バウンシーなベース・グルーヴとスリリングなビート・サイエンスを躍動感を増幅させる、ブロークン・フュージョン的サウンドが展開。

濃密な音楽性と演奏のスリルが注入されたクロスオーヴァー・サウンドの担い手であるcro-magnonとJaxx Madicineが、Red Bull Music Studios Tokyoにてレコーディングを行い生まれた珠玉のサウンド・コラボレーションがここに!

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×